<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 形成外科学講座(大森・大橋・佐倉)
 Department of Plastic and Reconstructive Surgery (Omori,Ohashi,Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















荻野 晶弘   教授
  1            
 2
 
 
 
 
林 明照   教授
 1             
 
 
 
 
 
岡田 恵美   准教授
  1            
 2
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 林 明照、王子富登、荻野晶弘、岡田恵美、大西 清:  陳旧性顔面神経麻痺における笑いの再建 ~ Unfavorable result から学ぶ.  日本頭蓋顎顔面外科学会誌  36 (1) :1 -9 , 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎髙山桃子、荻野晶弘、中道美保、武田 慶、花田隼登、岡田恵美、、大西 清: 間欠的陰圧閉鎖療法におけるAIモードとDPCモードの使用経験.  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/04
2. ◎武田慶、中道美保、荻野晶弘、髙山桃子、花田隼登、岡田恵美、: レーザー血流計を用いた遠隔皮弁切り離し時期の検討(第1報).  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/04
国際学会
1. Yoshikiyo Akasaka, Chie Fujisawa, Tetsuya Okaneya, Miho Nakamichi, Kiyoshi Onishi, Yuri Akishima-Fukasawa, Sachie Kanada, Naoko Honma, Tetuo Mikami: Induction of angiogenic fibrocytes by basic fibroblast growth factor in vitro.  2020 WHS Annual Meeting,  San Diego, California,  2020/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者