<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 形成外科学講座(大森・大橋・佐倉)
 Department of Plastic and Reconstructive Surgery (Omori,Ohashi,Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















荻野 晶弘   教授
              
 1
(1)
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














荻野 晶弘   教授
         
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎牛込充則, 船橋公彦, 山辺史人, 中島耕一, 谷口智子, 長島克, 小宮山慎一, 金子奉暁, 鏡哲, 長嶋康雄, 三浦康之, 吉野優, 池田裕一, 荻野晶弘, 島田英昭: 骨盤内腫瘍に対する複数診療科連携手術(ワークショップ).  第46回日本外科系連合学会学術集会,  WEB 開催(東京),  2021/06
2. ◎花田隼登、平田晶子、武田慶、高山桃子、荻野晶弘、大熊新之介、藤井毅郎: 人工血管の感染を伴う縦隔炎に対する洗浄型陰圧閉鎖療法の治療戦略.  第64回日本形成外科学会総会・学術集会,  東京、東京,  2021/04
3. ◎平田晶子、武田慶、高山桃子、花田隼登、荻野晶弘: 皮弁採取部縫合創に対するMepirex Border Post-Opの使用経験.  第64回日本形成外科学会総会・学術集会,  東京、日本,  2021/04
4. ◎Akiko Hirata, Akiteru Hayashi, Kei Takeda, Hayato Hanada, Akihiro Ogino: Modified lengthening temporalis myoplasty using an extended lazy-S incision to avoid facial scar formation.  第64回2本形成外科学会総会・学術集会,  東京、日本,  2021/04
5. ◎Akiko Hirata, Akiteru Hayashi, Kei Takeda, Hayato Hanada, Akihiro Ogino: Brain plasticity in patients woth facial nerve paralysis after smile reconstruction using lengthening temporalis myoplasty.  第64回日本形成外科学会総会・学術集会,  東京、日本,  2021/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者