<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 形成外科学講座(大森・大橋・佐倉)
 Department of Plastic and Reconstructive Surgery (Omori,Ohashi,Sakura)

■ 概要
概要
QOLを重視する形成外科の取り扱う分野は多岐にわたり、研究対象も年々拡大している。Journal Citation Reportsの Impact Factor による刊行論文業績評価を、当該年度の教室自己点検、自己評価および今後の教室発展の指針のひとつとしている。
皮弁移植
新しい皮弁の開発や新たな応用を常に追求している。基礎的には、皮弁血管解剖、超音波ドプラ検査による血行動態の解析など、皮弁による修復法を血行概念別に整理してきた。臨床的には、四肢、体幹、頭頚部など部位別、応用別特殊性を加味した各種皮弁を開発・応用している。また低侵襲手術の概念を提唱し、主要血管を温存した皮弁や移植法の開発、必要構成成分のみの組織移動法の開発、Unit原理の皮弁外科への応用など、質の高い再建を行っている。
マイクロサージャリー
遊離皮弁移植による各種悪性腫瘍切除後再建、切断肢(指)再接着手術などを行うなかで、新しい再建法の開発、手技の工夫を行っている。超音波カラードプラを用いた皮弁栄養血管の評価、さらに内視鏡を導入した血行モニタリングや、2次元・3次元顕微鏡下でのマイクロサ-ジャリ-などの臨床応用への基礎的検討を重ねている。
頭蓋顎顔面ん外科
先天異常、悪性腫瘍切除後・外傷後変形、頭蓋底再建手術などに対し、ナビゲーションシステム導入による硬組織再建を行い、成績の向上をはかっている。自家骨犠牲を軽減すべく、血管柄付骨膜弁・人工骨を用いた新しい再建法を開発し、臨床応用もふまえた基礎的研究を重ねている。陳旧性顔面神経麻痺に対し、新たな開発により笑いの一期的再建を行い、治療成績の向上をはかり、神経再支配に関しても基礎的研究を行っている。眼瞼下垂症では、術後の肩こり等の身体症状改善に着目し、定量評価を行っている。顔面の再建では、機能・整容の両面を考慮したsubunit, miniunitを提唱、具現化している。解剖学的知見に加え、コンピュータ解析、3次元実体モデルなどを駆使して形態の再現やシミュレ-ション評価を行い、機能面のみならず整容面での改善にも取り組んでいる。
先天異常
唇顎口蓋裂、手足の異常をはじめとする各種先天異常に対し、関連各科との協力体制のもとにチーム医療にあたり、実績を伸ばしている。その病因論的研究はもとより、unit理論を応用した新しい手術法の開発と患者生涯にわたる総合的治療を目指している。
境界領域
漏斗胸、髄膜瘤、胸骨縦隔炎、各種悪性腫瘍切除後欠損等に対し、根治性と低侵襲のバランスを兼ね備えたより良い再建法を常に模索し、それらの長期フォローも多角的に行っている。また、関連学会等を通してチームアプローチの重要性に言及しその普及に努めている。近年、高齢化や生活習慣の変化により褥瘡、難治性潰瘍や下肢虚血症例が増加し、その治療が注目されている。当教室においても、フットケア外来の開設、チーム医療による下肢救済や、多血小板血漿療法の臨床応用および基礎的研究による集学的治療に取り組んでいる。
ケロイド、肥厚性瘢痕
ケロイド、肥厚性瘢痕の予防および治療はもとより、アポト-シス、マトリックス分解酵素発現性などにつき、免疫組織学的検討解析を介し、病態究明に関する研究を病院病理・病理学講座、医学研究科先端医科学研究センターと共同で行っている。分子レベルでの解明により、瘢痕組織の増殖拡大を人為的に制御する基礎的実験系の確立、さらにはその臨床応用が期待され、今後の発展が望まれる。
レーザー治療
Q-swアレキサンドライトレーザー、Q-swルビーレーザーなどによる皮膚良性色素性疾患(太田母斑、外傷性色素沈着、扁平母斑など),Vbeam色素レーザーによる血管病変(単純性血管種、苺状血管種、毛細血管拡張症など)の治療とその臨床検討を行っている。
再生医学
骨膜弁とハイドロキシアパタイトによるcustom-madeハイブリット型人工骨の開発・臨床応用・基礎的研究を行っている。今後長期的な組織学的検討、新生骨の三次元的解析、強度の評価、骨新生に関する免疫組織学的・分子生物学的検討、遺伝子レベルでの解明、蛍光抗体法や、抗STRO-1抗体を用いた骨膜由来骨細胞の検出、証明などについての検討も念頭に開発を進めていく予定である。
美容
顔面のanti-aging、しわ、しみ、たるみ、眼瞼下垂などに対する評価と美容外科形成術を行っている。高齢化社会を控え、QOLの向上を目指すレーザー治療や、ケミカルピーリング、軟膏等による形成手技的anti-agingのみでなく、ロングパルスアレキサンドライトレ-ザ-(GentleLASE)による医療用脱毛も、年々需要が高まっている。また、高度肥満に対しての治療も需要が高くなり、行っている。
■ Keywords
QOL (Quality of Life)、皮弁移植、マイクロサージャリー、Unit原理、低侵襲手術、Tissue expansion、顔面神経麻痺、anti-aging、、ケロイド・肥厚性瘢痕
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部省科学研究費
 研究課題:血管新生能を有する骨髄間葉系前駆細胞を用いた血管新生療法の開発  (研究代表者:荻野晶弘)
 研究補助金:1100000円  (代表)
2.  文部省科学研究費
 研究課題:増殖因子受容体を標的するmicroRNAを用いた皮膚瘢痕抑制機構の解明  (研究分担者:林 明照)
 研究補助金:100000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















荻野 晶弘   教授
 2 1 1           
 4
 
 
 
 
林 明照   教授
 1 1            
 3
 
 
 
 
岡田 恵美   准教授
  2            
 3
 
 
 
 
 3 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














荻野 晶弘   教授
 2 1       
 
 
林 明照   教授
 1        
 
 
岡田 恵美   准教授
         
 
 
 3 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 荻野晶弘, 岡田恵美, 林 明照:  エステティック・マインドを備えた顔面皮膚軟部組織欠損の再建.  形成外科  63 (7) :836 -845 , 2020
2. 林 明照、王子富登、荻野晶弘、岡田恵美、大西 清:  陳旧性顔面神経麻痺における笑いの再建 ~ Unfavorable result から学ぶ.  日本頭蓋顎顔面外科学会誌  36 (1) :1 -9 , 2020
3. 荻野晶弘, 中道美保, 高山桃子, 今泉りさ, 大西 清:  鼻骨骨折整復後外固定におけるサーマルギプスの有用性.  日本頭蓋顎顔面外科学会誌  36 (2) :49 -54 , 2020
4. Akihiro Ogino, Miho Nakamichi, Kei Takeda, Kiyoshi Onishi:  Cranial Reconstruction Using Antibiotic-Impregnated Calcium Phosphate Bone Cement With a Titanium Mesh Sheet.  The Journal of Craniofacial Surgery  31 (5) :1452 -1455 , 2020
■ 学会発表
国内学会
1. 荻野晶弘、武田 慶、高山桃子、岡田恵美、林 明照: 感染創を制御するための洗浄型NPWTの有効活用.  第12回日本創傷外科学会総会・学術集会,  徳島,  2020/12
2. 荻野晶弘、武田 慶、高山桃子、岡田恵美、林 明照: マイクロサージャリ―における超音波断層検査の有用性.  第47回日本マイクロサージャリ―学会総会,  北九州市,  2020/11
3. 荻野晶弘、髙山桃子、武田 慶、岡田恵美: 陰圧閉鎖療法における間欠モードの使用経験.  第50回日本創傷治癒学会,  東京,  2020/11
4. 荻野晶弘、中道美保、武田 慶、高山桃子、花田隼登、岡田恵美、大西 清、林 明照: 顔面骨手術におけるナビゲーションシステムの有用性.  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/08
5. 荻野晶弘、中道美保、武田 慶、高山桃子、花田隼登、岡田恵美、大西 清、林 明照: 術中ICG蛍光造影と経皮血液ガスモニタを併用した有茎皮弁の血流評価.  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/08
6. 〇平田 晶子、林  明照 、矢吹華代 、石川里穂 、岡田恵美 、荻野 晶弘、大西 清: 両側顔面麻痺を伴う 顔面皮膚弛緩症に対する治療経験.  第63回日本形成外科学会総会学術集会,  名古屋、東京,  2020/08
7. ◎石川里穂、林 明照、矢吹華代、平田晶子、荻野晶弘、大西清: 先天性顔面神経不全麻痺に対する島状側頭筋移行術による再建.  第63回日本形成外科学会総会学術集会,  名古屋、東京,  2020/08
8. ◎矢吹華代、宇野 嘉良子、石川里穂、平田晶子、林 明照: 頬部小唾液腺に発生した多形腺腫由来唾液腺導管癌の鼻唇溝アプローチによる広範切除の経験.  第63回日本形成外科学会総会学術集会,  名古屋、東京,  2020/08
9. ◎髙山桃子、荻野晶弘、中道美保、武田 慶、花田隼登、岡田恵美、、大西 清: 間欠的陰圧閉鎖療法におけるAIモードとDPCモードの使用経験.  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/04
10. ◎武田慶、中道美保、荻野晶弘、髙山桃子、花田隼登、岡田恵美、: レーザー血流計を用いた遠隔皮弁切り離し時期の検討(第1報).  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/04
国際学会
1. Yoshikiyo Akasaka, Chie Fujisawa, Tetsuya Okaneya, Miho Nakamichi, Kiyoshi Onishi, Yuri Akishima-Fukasawa, Sachie Kanada, Naoko Honma, Tetuo Mikami: Induction of angiogenic fibrocytes by basic fibroblast growth factor in vitro.  2020 WHS Annual Meeting,  San Diego, California,  2020/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者