東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 小児科学講座(大森)
 Department of Pediatrics (Omori)

教授:
  小原 明
  松裏 裕行
准教授:
  佐藤 真理
  髙橋 浩之
講師:
  高月 晋一
  中山 智孝
  渡邊 美砂
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小原 明   教授
  3 1 5          
 18
(1)
 
 5
(1)
 
 
松裏 裕行   教授
 1 1    1        
 7
(1)
 1
(1)
 3
 2
(1)
 
佐藤 真理   准教授
  1    2        
 4
 
 
 
 
髙橋 浩之   准教授
   1 1          
 1
 
 
 
 
高月 晋一   講師
              1
 4
 1
 2
 
 
中山 智孝   講師
 2             1
 3
 1
 2
 
 
渡邊 美砂   講師
    1          1
 8
 
 
 
 
麻生 敬子   助教
  2            2
 1
 
 
 
 
澤 友歌   助教
  1            
 
 
 
 
 
早乙女 壮彦   助教
  1  1          1
 8
 
 
 
 
羽賀 洋一   助教
 1             
 3
 
 3
 
 
長谷川 慶   助教
 1 4            1
(1)
 9
(9)
 
 
 
 
松岡 正樹   助教
              
 1
 
 
 
 
 5 2  3 0  0  7
(1)
 3
(1)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 長谷川慶,中川知亮,本山治:  急性巣状細菌性腎炎の腎瘢痕化に関連したリスク因子の検討.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :101 -105 , 2018
2. 本山 治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村 毅, 相川 厚, 長谷川慶:  常染色体劣性多発性嚢胞腎の小児の成長・発達.  日本小児腎不全学会誌  38 :84 -87 , 2018
3. 本山治, 長谷川慶:  成人後まで経過観察し得たネフローゼ症候群を呈したIgA腎症の小児6例の状況.  日本小児腎不全学会誌  38 :88 -92 , 2018
4. Toki T, Yoshida K, Wang R, Nakamura S, Maekawa T, Goi K, Katoh MC, Mizuno S,
Sugiyama F, Kanezaki R, Uechi T, Nakajima Y, Sato Y, Okuno Y, Sato-Otsubo A,
Shiozawa Y, Kataoka K, Shiraishi Y, Sanada M, Chiba K, Tanaka H, Terui K, Sato T,
Kamio T, Sakaguchi H, Ohga S, Kuramitsu M, Hamaguchi I, Ohara A, Kanno H, Miyano S, Kojima S, Ishiguro A, Sugita K, Kenmochi N, Takahashi S, Eto K, Ogawa S, Ito
E.:  De Novo Mutations Activating Germline TP53 in an Inherited Bone-Marrow-Failure
Syndrome.  Am J Hum Genet.  103 (3) :440 -447 , 2018
5. Hiejima E, Shibata H, Yasumi T, Shimodera S, Hori M, Izawa K, Kawai T,
Matsuoka M, Kojima Y, Ohara A, Nishikomori R, Ohara O, Heike T.:  Characterization
of a large UNC13D gene duplication in a patient with familial hemophagocytic
lymphohistiocytosis type 3.  Clin Immunol.  191 :63 -66 , 2018
6. Ohki K, Kiyokawa N, Saito Y, Hirabayashi S, Nakabayashi K, Ichikawa H,
Momozawa Y, Okamura K, Yoshimi A, Ogata-Kawata H, Sakamoto H, Kato M, Fukushima
K, Hasegawa D, Fukushima H, Imai M, Kajiwara R, Koike T, Komori I, Matsui A, Mori
M, Moriwaki K, Noguchi Y, Park MJ, Ueda T, Yamamoto S, Matsuda K, Yoshida T,
Matsumoto K, Hata K, Kubo M, Matsubara Y, Takahashi H, Fukushima T, Hayashi Y,
Koh K, Manabe A, Ohara A.:  Clinical and molecular characteristics of MEF2D
fusion-positive precursor B-cell acute lymphoblastic leukemia in childhood,
including a novel translocation resulting in MEF2D-HNRNPH1 gene fusion.  Haematologica  E-pub (ahead) :of -print , 2018
7. Ohara A, Furui T, Shimizu C, Ozono S, Yamamoto K, Kawai A, Tatara R, Higuchi
A, Horibe K.:  Current situation of cancer among adolescents and young adults in
Japan.  Int J Clin Oncol.  E-pub (ahead) :of -print , 2018
8. Takahashi H, Kajiwara R, Kato M, Hasegawa D, Tomizawa D, Noguchi Y, Koike K, Toyama D, Yabe H, Kajiwara M, Fujimura J, Sotomatsu M, Ota S, Maeda M, Goto H, Kato Y, Mori T, Inukai T, Shimada H, Fukushima K, Ogawa C, Makimoto A, Fukushima T, Ohki K, Koh K, Kiyokawa N, Manabe A, Ohara A:  Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia: the Tokyo Children's Cancer Study Group (TCCSG) Study L04-16.  Int J Hematol  108 (1) :98 -108 , 2018
9. Kamae C, Imai K, Kato T, Okano T, Honma K, Nakagawa N, Yeh TW, Noguchi E,
Ohara A, Shigemura T, Takahashi H, Takakura S, Hayashi M, Honma A, Watanabe S,
Shigemori T, Ohara O, Sasaki H, Kubota T, Morio T, Kanegane H, Nonoyama S.:  Clinical and Immunological Characterization of ICF Syndrome in Japan.  J Clin Immunol  E-pub (ahead) :of -print , 2018
10. ◎Yumiko Komine, Misa Watanabe, Takehiko Soutome, Takako Uchino, Mamiko Dobashi, Gaku Harata, Kenji Miyazawa, Fang He,Samuli Rautava, Seppo Salminen:  Maternal Consumption of Lactobacillus GG During Pregnancy Prevents Infant Eczema at 1 Year of Age.  Journal of Allergy & Therapy  9 (2) :277 , 2018
総説及び解説
1. 羽賀洋一,三原田賢一,小原明:  造血再構築における新規標的分子としての胆汁酸.  肝胆膵  77 (1) :117 -123 , 2018
2. 松裏裕行:  診療ガイドラインの読み方.  小児科診療  81 (7) :831 -834 , 2018
3. 中山 智孝:  小児の治療指針
6.循環器 特発性肺動脈性肺高血圧症.  小児科診療  81 (増刊号) :393 -398 , 2018
4. 中山 智孝:  私の処方2018
3.肺動脈性肺高血圧症.  小児科臨床  71 (5) :696 -702 , 2018
症例報告
1. 植田有紀子, 麻生敬子, 早乙女壮彦, 池原聡, 酒井正人, 黒岩実, 佐藤真理, 小原明:  詳細な病歴聴取により早期に診断された鈍的外傷後十二指腸壁内血腫の1例.  小児科臨床  71 (4) :444 -449 , 2018
2. 判治由律香、澤友歌、麻生敬子、直井和之、小原明、松裏裕行:  人形に付属するおしゃぶり型玩具の誤嚥から心肺停止に陥った一例.  日本小児救急医学会雑誌  17 (3) :473 -476 , 2018
3. 本山治, 高橋雄介, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 長谷川慶:  先天性腎尿路障害を伴う10q26欠失症候群の2例.  日本小児腎不全学会誌  38 :140 -143 , 2018
■ 著書
1. 佐藤真理:  1. 骨年齢について.  日本人小児TW2骨年齢ー骨成熟評価マニュアルとアトラスー  7-10.  メディカルレビュー社,  東京、日本, 2018
2. 佐藤真理:  第3章 主要徴候、病態からの鑑別診断 26 思春期の徴候と発来時期.  内分泌代謝科専門医研修ガイドブック  135.  診断と治療,  東京都、日本, 2018
3. 松裏裕行:  各種ガイドライン、関連学会・団体リスト.  学校心臓検診 実践マニュアルQ and A  156-157.  診断と治療社,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎有働 みどり, 羽賀 洋一, 豊田 理奈, 日根 幸太郎, 松岡 正樹, 高橋 浩之, 栃木 直文, 白神 伸之, 澁谷 和俊, 黒岩 実, 与田 仁志, 小原 明: 胎児期より増大傾向を示した新生児後腹膜奇形腫.  第60回日本小児血液がん学会学術集会,  京都、日本,  2018/11
2. ◎小峰由美子, 渡邊美砂, 宮下 弘, 藤巻有希, 正田八州穂, 早乙女壮彦, 宮澤賢司, 原田 岳, 何 方, 小原明: プロバイオティクスを摂取した母から生まれた児の生後1か月時の腸内細菌叢と湿疹の関係.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
3. ◎正田八州穂,渡邊美砂,宮下弘, 藤巻有希,早乙女壮彦,小峰由美子,小原明: 卵黄負荷試験が陽性になった鶏卵アレルギー児の背景因子.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
4. ◎渡邊美砂,宮下弘, 藤巻有希,正田八州穂,早乙女壮彦,小峰由美子,小原明: 極端な偏食がある食物アレルギー児の問題点.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
5. ◎藤巻 有希, 渡邊 美砂, 宮下 弘,正田 八州穂,早乙女 壮彦, 小峰 由美子, 小原 明: 新生児・乳児消化管アレルギーを発症した3組の一卵性双生児.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
6. ◎早乙女壮彦,,渡邊美砂,宮下弘.藤巻有希正田八州穂,小峰由美子,小原明: MostGraphによる呼吸抵抗R5と他の呼吸機能検査の変化率の相関性.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
7. ◎小梛地洋, 長島俊介, 山崎信人, 渡邊峻, 田中章大, 河合玲子, 島田脩平, 密田亜希, 酒井正人, 渋谷和俊, 黒岩実: 出生前診断された後腹膜へ広がるS状結腸間膜リンパ管腫の1例.  第53回日本小児外科学会関東甲信越地方会,  東京都,  2018/10
8. ◎糸永知代、樋口真司、志村和浩、長崎啓祐、佐藤真理、田久保憲行、高橋郁子、澤田浩武、長谷川行洋: 先天性原発性甲状腺機能低下症の治療継続性は1歳時のレボチロキシン投与量で予測可能である.  第52回日本小児内分泌学会学術集会,  東京、日本,  2018/10
9. ◎麻生敬子, 佐藤真理, 吉澤和子, 高月晋一, 松裏裕行, 長谷川行洋, 小原明: 急性期川崎病におけるACTH非依存性の高コルチゾール血症に高サイトカイン血症が関与している可能性がある.  第52回日本小児内分泌学会学術集会,  東京,  2018/10
10. ◎吉澤和子、麻生敬子、佐藤真理、小原 明: 小児期発症Basedow病において、抗甲状腺薬中止時のTRAb陰性持続は長期的な寛解率を改善させない.  第52回日本小児内分泌学会学術集会,  東京、日本,  2018/10
11. ◎麻生敬子,判治由律香,植田有紀子,佐藤真理,小原明: 先天性下垂体機能低下症における胆汁うっ滞の経過.  第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京、中野,  2018/09
12. ◎中山智孝、高月晋一、矢内俊、池原聡、松裏裕行: 肺高血圧症治療ガイドライン(2017年改訂版) 小児特発性/遺伝性肺動脈性肺高血圧症.  第54回日本小児循環器学会総会・学術集会,  横浜,  2018/07
13. ◎早乙女 壮彦, 渡邊 美砂, 藤巻 有希, 正田 八州穂,小峰 由美子, 小原 明: 呼気中一酸化窒素(FeNO)と%V50で分類した喘息児の特徴と呼吸機能の変化.  第67回日本アレルギー学会学術大会,  幕張メッセ,  2018/06
14. ◎小峰由美子, 渡邊美砂, 宮下弘, 藤巻有希, 正田八州穂, 早乙女壮彦, 宮澤賢司, 原田岳, 依田一豊, 久保田晃, 何方, 小原明: 妊婦へのプロバイオティクス投与による児の胎便細菌叢と3歳時の湿疹.  第667回日本アレルギー学会学術大会,  幕張メッセ,  2018/06
15. ◎藤巻 有希, 渡邊 美砂, 宮下 弘,正田 八州穂,早乙女 壮彦, 小峰 由美子, 小原 明: 耐性獲得できた小麦アナフィラキシー患者の特徴.  第67回日本アレルギー学会学術大会,  幕張メッセ,  2018/06
16. ◎橋本 卓史、羽賀 洋一、早乙女 壮彦、中村 道子、舩渡川 智之、飯野 久美、近藤 亜紀子、黒岩 実、水野 雅文、小原 明: 精神疾患を有する母親の影響により幼児期から多彩な身体症状を呈し、アタッチメント不全をきたした1例.  第65回小児保健学会,  米子、日本,  2018/06
17. ◎長谷川慶,中川知亮,本山治,松裏裕行,小原明: 難治性小児IgA腎症における扁桃摘出パルス療法の効果.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡(博多),  2018/04
18. ◎藤巻有希, 渡邊美砂, 植田有紀子, 早乙女壮彦, 松裏裕行, 小原 明: 体質性黄疸の併発が疑われた家族性地中海熱の1例.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡,  2018/04
19. 本山治, 高橋雄介, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 長谷川慶, 喜瀬智郎: 先天性腎尿路異常を伴う10q26欠失症候群の2例.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
20. ◎池原 聡、中山 智孝、矢内 俊、高月 晋一、片山 雄三、小澤 司、松裏 裕行、小原 明: 剖検で血管型Ehlers-Danlos症候群が疑われた1例.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡市,  2018/04
21. ◎高月 晋一, 池原 聡, 中山 智孝, 矢内 俊, 松裏 裕行, 清水 教一, 舘野 昭彦, 小原 明: 肺動脈性肺高血圧におけるLaser Doppler Flometryによる末梢循環血流測定の臨床応用.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡市,  2018/04
22. ◎矢内 俊、池原 聡、羽賀 洋一、高月 晋一、中山 智孝、松裏 裕行、與田 仁志、小原 明: デクスメデトミジン離脱症候群予防をめざした漸減中止法の有効性の検討.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡市,  2018/04
23. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶: 免疫抑制薬併用中のネフローゼ症候群の男児におけるヘルペスウイルス感染症.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡, 日本,  2018/04
24. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶: 小児期発症ステロイド反応性ネフローゼ症候群の女性6例の8回の妊娠・出産の経験.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
25. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶, 酒井謙, 大橋靖: 小児期発症ステロイド反応性ネフローゼ症候群の成人後再発に関連する要因.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
26. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶, 塚口裕康: ステロイド反応性ネフローゼ症候群の家族内発症を認めた2家族の長期経過.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
27. 本山治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村毅, 相川厚, 長谷川慶: 常染色体劣性多発性嚢胞腎の小児の成長・発達.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡, 日本,  2018/04
28. 本山治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 相川厚, 長谷川慶, 長谷川昭: シクロスポリンを使用した小児25例の一次生体腎移植後20~30年の移植腎の生着状況.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
29. 本山治, 星野廣樹, 舘野昭彦, 稲岡努, 寺田一志, 中川知亮, 長谷川慶, 臼井信男: アトピー性皮膚炎の6歳女児に生じた黄色ブドウ球菌による腎膿瘍.  第121回日本小児科学会学術集第121回日本小児科学会学術集会会,  福岡、日本,  2018/04
国際学会
1. ◎Kimura S, Seki M, Yoshida K, Ueno H, Nannya Y, Ohki K, Kato M, Koh K, Kobayashi R, Deguchi T, Hashii Y, Imamura T, Sato A, Kiyokawa N, Manabe A, Horibe K, Ohara A, Sanada M, Hiwatari M, Kobayashi M, Oka A, Miyano S, Ogawa S, Takita J: Distribution and Clinical Features of NOTCH1 Signaling Activating Alterations in Pediatric T-Cell Acute Lymphoblastic Leukemia (T-ALL).  60th American Society of Hematology Annual Meeting,  San Diego, USA,  2018/12
2. ◎Watanabe K, Kanegane H, Hamabata T, Kozuki K, Umeda K, Ueno H, Yoshida K, Hama A, Okuno Y, Muramatsu H, Takahashi Y, Hasegawa D, Manabe A, Ohara A, Ito M, Ogawa S, Kojima S, Ito E: Clinical and Genetic Characteristics of Patients with Shwachman-Diamond Syndrome in JapanClinically Relevant Abstract.  60th American Society of Hematology Annual Meeting,  San Diego, USA,  2018/12
3. Valgardur Sigurdsson , Youichi Haga , Mitsuyoshi Suzuki ,Visnja Radulovic , Hajime Takei ,Chizuko Okamatsu-Haga , Mark Van Der Garde , Els Mansell , Shuhei Koide ,Mats Gafvels, Hiroshi Nittono , Akira Ohara , ◎Kenichi Miharada: Blood-circulating bile acids support hematopoietic rocovery after chemotherapy.  XXV International Bile Acid Meeting: Bile Acids in Health and Disease 2018,  Dublin, Ireland,  2018/07
4. ◎Valgardur Sigurdsson , Youichi Haga , Visnja Radulovic , Hajime Takei , Mitsuyoshi Suzuki , Chizuko Okamatsu-Haga , Mark Van Der Garde , Els Mansell , Shuhei Koide , Hiroshi Nittono , Akira Ohara , Kenichi Miharada: BLOOD-CIRCULATING BILE ACIDS SUPPORT EXPANDING HEMATOPOIETIC STEM AND PROGENITOR CELLS AND IMPROVE RECOVERY FROM MYELOSUPPRESSIVE CHEMOTHERAPY.  23rd European Haematology Association Congress,  Stockholm, Sweden,  2018/06
5. ◎Hiroyuki Mastuura: A distinguished Japanese pediatrician devoted himself to patients care, scientific research, and education.  12th International Kawasaki Symposium,  Yokohama, Japan,  2018/06
6. ◎Nakayama T, Takatsuki S, Yanai S, Ikehara S, Matsuura H: Preserved Right Ventricular Function Despite Relatively High Pulmonary Arterial Pressure in Children and Adolescents with Pulmonary Arterial Hypertension.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
7. ◎Takatsuki S, Nakayama T, Yanai S, Ikehara S, Matsuura H: Clinical application of laser doppler flowmetry in children and young adults with pulmonary arterial hypertension.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
8. ◎Yanai S, Ikehara S, Haga Y, Takatsuki S, Nakayama T, Muto R, Yoda H, Ohara A, Matsuura H: Safety and efficacy of weaning in preventing dexmedetomidine withdrawal syndrome – an interim report.  Pediatric Academic Societies Meeting 2018,  Toronto, Canada,  2018/05
その他
1. ◎松裏裕行: 先天性心疾患の病態と治療.  東邦大学松裏先生社外講師勉強会,  東京,  2018/07
2. ◎松裏裕行: 若年発症肺高血症の臨床的研究.  ファイザー株式会社 社内勉強会,  東京,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者