東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 心身医学講座(大森)
 Department of Psychosomatic Medicine (Omori)

教授:
  中野 弘一
  端詰 勝敬
准教授:
  竹内 武昭
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















端詰 勝敬   教授
    1          
 2
(2)
 
 2
(2)
 
 
竹内 武昭   准教授
    1          
 2
(2)
 
 2
(2)
 
 
中村 祐三   助教
              
 2
(2)
 
 1
(1)
 
 
都田 淳   助教
              
 1
(1)
 
 1
(1)
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takeaki Takeuchi, Kazuaki Hashimoto, Masahiro Hashizume:  Near-Infrared Spectroscopy In atypical Depression: A Diagnositic Possibility.  Biomedical Journal of Scientific & Technical Research  19 (3) :14337 -14344 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 中村祐三、都田淳、竹内武昭、端詰勝敬: 共感的なコミュニケーション能力向上に繋がる要因とは?.  第51回日本医学教育学会大会,  京都,  2019/07
2. 小野陽子、竹内武昭、対馬ルリ子、柊未聖、中村祐三、端詰勝敬: 更年期障害女性における身体感覚増幅尺度の関係について.  第48回日本女性心身医学会学術集会,  東京,  2019/06
国際学会
1. Takayuki Ueno, Yuzo Nakamura, Hideyuki Imamura, Jun Miyakoda, Takeaki Takeuchi, Masahiro Hashizume: An investigation of behavioral factors influencing elderly anorexia nervosa.  25th world congress of the international college of psychosomatic medicine,  Firenze, Italy,  2019/09
2. Takeaki Takeuchi, Kazuaki Hashimoto, Kazushige Ihara, Shuichi Obuchi, Hirohiko Hirano, Yoshinori Fujiwara, Hisashi Kawai, Motonaga Kojima, Masahiro Hashizume: Characteristics of eating behavior among people with typical and atypical depression.  25th world congress of the international college of psychosomatic medicine,  Firenze, Italy,  2019/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者