<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 外科学講座 呼吸器外科(大森)
 Division of Chest Surgery, Department of Surgery (Omori)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















伊豫田 明   教授
 1 3 1 5          1
 8
(3)
 
 
 1
 
東 陽子   講師
  3 1 6          3
(1)
 5
(3)
 
 
 
 
大塚 創   助教
  1 1 3          
 3
(2)
 
 
 
 
肥塚 智   助教
 1 1  4          1
 4
(2)
 
 
 
 
坂井 貴志   助教
  3 3 3          1
(1)
 5
(2)
 
 
 
 
 2 6  0 0  0  6
(2)
 0
(0)
 1
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














伊豫田 明   教授
 1 1       1
 
 1
東 陽子   講師
  1       3
(1)
 
 
大塚 創   助教
  1       
 
 
肥塚 智   助教
 1        1
 
 
坂井 貴志   助教
  3       1
(1)
 
 
 2 6  0 0  0  6
(2)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 佐野 厚, 坂井 貴志, 東 陽子, 肥塚 智, 大塚 創, 伊豫田 明:  COVID-19時代の呼吸器外科診療.  日本気管食道科学会会報  73 (2) :73 -74 , 2022
2. 伊豫田 明, 楯谷 一郎:  シンポジウム4「低侵襲時代の新技術」司会者のまとめ.  日本気管食道科学会会報  73 (2) :96 , 2022
3. Haruhisa Matsuguma, Mingyon Mun, Atsushi Sano, Ichiro Yoshino, Hiroshi Hashimoto, Yasushi Shintani, Tomohiko Iida, Satoshi Shiono, Masayuki Chida, Hiroaki Kuroda, Mitsuo Nakayama, Yuji Shiraishi, Kazuhito Funai, Masafumi Kawamura:  Time to Incurable Recurrence for Patients Treated With Pulmonary Metastasectomy for Colorectal Cancer.  Annals of Surgical Oncology  : , 2022
4. Navchaa Gombodorj, Yoko Azuma, Takehiko Yokobori, Bilguun Erkhem-Ochir, Takayuki Kosaka, Yoichi Ohtaki, Seshiru Nakazawa, Akira Mogi, Toshiki Yajima, Hiroyuki Kuwano, Hiroshi Saeki, Ken Shirabe:  RAB11A Expression is Associated with Cancer Aggressiveness Through Regulation of FGFR-Signaling in Lung Squamous Cell Carcinoma.  Annals of Surgical Oncology  : , 2022
5. Akira Iyoda, Yoko Azuma, Takashi Sakai, Satoshi Koezuka, Hajime Otsuka, Atsushi Sano:  Necessity of multi-step surgical treatment for patients with interstitial lung disease and a pneumothorax.  Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery  : , 2022
6. Shuhei Ishii, Manabu Takamatsu, Hironori Ninomiya, Kentaro Inamura, Takeshi Horai, Akira Iyoda, Naoko Honma, Rira Hoshi, Yuko Sugiyama, Noriko Yanagitani, Mingyon Mun, Hitoshi Abe, Tetuo Mikami, Kengo Takeuchi:  Machine learning-
based gene alteration prediction model for primary lung cancer using cytologic images.  Cancer Cytopathology  : , 2022
7. Yoko Azuma, Susumu Sakamoto, Sakae Homma, Atsushi Sano, Takashi Sakai, Satoshi Koezuka, Hajime Otsuka, Naobumi Tochigi, Kazuma Kishi, Akira Iyoda:  Impact of accurate diagnosis of interstitial lung diseases on postoperative outcomes in lung cancer.  General Thoracic and Cardiovascular Surgery (2022)  : , 2022
8. Hajime Otsuka, Atsushi Sano, Yoko Azuma, Takashi Sakai, Satoshi Koezuka, Keishi Sugino, Susumu Sakamoto, Naobumi Tochigi, Sakae Homma, Akira Iyoda:  Surgical lung biopsy for interstitial lung diseases-a single center study of 129 patients.  Journal of Thoracic Disease  14 (6) :1972 -1979 , 2022
9. Takashi Sakai, Atsushi Sano, Hiroshige Shimizu, Yoko Azuma, Naohisa Urabe, Kazutoshi Isobe, Susumu Sakamoto, Yujiro Takai, Yoshitaka Murakami, Kazuma Kishi, Akira Iyoda:  Multifocal locules including the anterior mediastinum side as a surgical indicator in pleural infection.  Journal of Thoracic Disease  :14(6) -1990-1999 , 2022
10. Takashi Sakai, Yoko Azuma, Satoshi Koezuka, Hajime Otsuka, Atsushi Sano, Naobumi Tochigi, Akira Iyoda:  Adenocarcinoma in situ detected on a thin-walled lung cavity: a case report.  Surg Case Rep  :8(1): -60 , 2022
11. Takashi Sakai, Keiju Aokage, Tomohiro Miyoshi, Kenta Tane, Genichiro Ishii, Koichi Goto, Masahiro Tsuboi:  Tumor size exceeding 5 cm as a valid prognostic factor in all stages of thymic epithelial tumors.  Surgery Today  : , 2022
総説及び解説
1. Hiroyuki Kuwano, Takehiko Yokobori, Tatsuya Miyazaki, Makoto Sohda, Tomonori Yoshida, Yoko Azuma, Hironori Tatsuki, Yasunari Ubukata, Nobuhiro Nakazawa, Kengo Kuriyama, Akihiko Sano, Makoto Sakai, Hiroomi Ogawa, Hiroshi Saeki, Ken Shirabe:  Field Carcinogenesis and Biological Significance of Bystander Effects’ Potential -Carcinogenesis, Therapeutic Response, and Tissue Regeneration.  Surgery Today  : , 2022
症例報告
1. 肥塚 智, 東 陽子, 坂井 貴志, 佐藤 史朋, 栃木 直文, 伊豫田 明:  在宅酸素療法導入を要する重症度分類IV度の間質性肺炎を合併した肺癌の1切除例.  日本呼吸器外科学会雑誌  36 (5) :567 -574 , 2022
2. 溝口 敬基, 坂井 貴志, 東 陽子, 佐藤 史朋, 栃木 直文, 伊豫田 明:  二期的に胸腔鏡下摘出術を施行した同時性多発胸腺腫の一例.  日本呼吸器外科学会雑誌  36 (6) :700 -705 , 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎肥塚 智, 坂井 貴志, 東 陽子, 草野 萌, 清水 宏繁, 坂本 晋, 栃木 直文, 岸 一馬, 澁谷 和俊, 伊豫田 明: 夏型過敏性肺炎に合併した気胸に対し胸腔鏡下肺嚢胞切除術を施行した 1 例.  第26回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会,  東京都,  2022/09
2. ◎伊豫田 明: 間質性肺炎合併肺癌に対する手術~至る所にある落とし穴にどう備えるか~.  第16回東北呼吸器外科手術手技研究会,  宮城県,  2022/07
3. ◎坂井 貴志: 人参養栄湯の臨床応用-呼吸器外科患者のフレイルに対する介入-.  呼吸器×漢方ミーティング~がん患者に活かす漢方~,  東京,  2022/07
4. ◎草野 萌: 気道インターベンションにより肺癌治療が可能と
なった気道閉塞を伴う多形癌の 1 例.  第181回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  京王プラザホテル,  2022/06
5. ◎古山ゆりあ, 坂井貴志, 肥塚 智, 東 陽子, 黒瀬泰子, 長瀬大, 佐野 厚, 栃木直文, 伊豫田明: 原発性マクログロブリン血症を合併した肺癌の 1 手術例.  第189回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  The Okura Tokyo,  2022/06
6. ◎石井脩平,高松 学,二宮浩範,宝来 威,伊豫田明,本間尚子,阿部 仁,杉山裕子,三上哲夫,竹内賢吾: S1-4 細胞診画像を対象としたAIによる遺伝子変異予測.  第63回日本臨床細胞学会総会(春季大会),  東京都,  2022/06
7. ◎東 陽子, 坂井貴志, 肥塚 智, 大塚 創, 伊豫田明: 気道ステント抜去症例の検討.  第45回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  岐阜,  2022/05
8. ◎東 陽子, 坂井 貴志, 肥塚 智, 大塚 創, 伊豫田 明: PD2 パネルディスカッション2
間質性肺炎合併肺癌の周術期マネジメント
ILD合併肺癌に対するmulti-disciplinary discussion(MDD)の重要性.  第39回日本呼吸器外科学会学術集会,  東京/WEB開催,  2022/05
9. ◎東 陽子, 伊豫田 明: RQ1 呼吸器外科要望演題1
女性外科医のキャリア形成
女性呼吸器外科医が輝き続ける新時代へ.  第39回日本呼吸器外科学会学術集会,  東京/WEB開催,  2022/05
10. ◎坂井 貴志佐野 厚清水 宏繁卜部 尚久肥塚 智大塚 創東 陽子岸 一馬伊豫田 明: 急性膿胸における手術適応の指標 -当院における15年間の治療成績の解析.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本,  2022/04
11. ◎東 陽子伊豫田 明: 特別企画3 男女を問わず外科医が輝き続けるために
「東邦大学ダイバーシティ推進センターの活動」.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本,  2022/04
その他
1. ◎伊豫田 明: 難治性肺がん治療への挑戦.  第10回 秋田Lung Cancer Workshop,  秋田,  2022/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者