東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大森)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  本間 栄
准教授:
  坂本 晋
  高井 雄二郎
講師:
  磯部 和順
  杉野 圭史
■ 概要
1.特発性間質性肺炎に関する研究
1)特発性肺線維症に対するN-アセチルシステイン療法と酸化ストレスに関する研究
2)特発性間質性肺炎に合併する肺癌の発生機序に関する研究
3)特発性間質性肺炎の周術期管理に関する研究
4)マウスブレオマイシン肺臓炎モデルにおけるNアセルシステインおよびピルフェニドンの併用効果とレドックス制御
5)IPFにおけるピルフェニドン(PFD)およびPFD+N-アセチルシステイン(NAC)併用療法の効果とレドックス制御
6)気腫合併特発性肺線維症における肺癌発生メカニズムの病理学的検討
2.閉塞性細気管支炎に関する研究
1)閉塞性細気管支炎の病理学的再構築に関する研究
2)閉塞性細気管支炎の発症機序に関する研究
3.呼吸器感染症の病態と治療に関する研究
1)院内肺炎の疫学と原因菌に関する研究
2)慢性気道感染症に対するマクロライド療法に関する研究
3)肺炎球菌性肺炎における尿中抗原の診断的意義に関する研究
4.呼吸不全の病態と治療に関する研究
1)睡眠時呼吸異常に関する研究
2)COPDのリハビリテーションに関する研究
3)慢性呼吸不全患者に対するNIPPVに関する研究
4)インフルエンザ(H5N1)の死因となる急性肺障害の病態解析
5.難治性血管炎に関する研究
1)難治性血管炎に合併する肺病変の画像的特徴
■ Keywords
院内感染, 耐性菌, 迅速診断, 無呼吸, 呼吸筋訓練, 人工呼吸, 急性増悪, 閉塞性細気管支炎, びまん性肺疾患, 間質性肺炎, 難治性血管炎, 肺癌
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















本間 栄   教授
    2          
 6
(4)
 
 
 
 
高井 雄二郎   准教授
 1             
 
 
 
 
 
杉野 圭史   講師
    3          
 2
(1)
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 髙井雄二郎, 落合亮一:  在院日数とクリニカルパス使用の関連性についての横断的検討.  東邦医学会雑誌  65 (3) :136 -140 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 岩波 裕治, 海老原  賢人,山口 凌, 山崎 馨子, 仲村 泰彦, 臼井 優介, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 間質性肺炎患者の重症度と身体機能および健康関連QOLの関連性.  第28回呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉県,  2018/11
2. ◎東陽子、佐野厚、大塚創、牧野崇、肥塚智、栃木直文、本間栄、伊豫田明: 肺大細胞神経内分泌癌手術例の臨床的特徴と治療成績.  第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会,  京都市左京区,  2018/09
3. ◎肥塚智、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、卜部尚久、栃木直文、本間栄、渋谷和俊、伊豫田明: 胸骨正中切開+前側方開胸下に切除した原発不明縦隔リンパ節転移腺癌の1例.  第177回日本胸部外科学会,  東京都大田区,  2018/06
4. ◎東陽子、大塚創、牧野崇、肥塚智、秦美暢、本間栄、伊豫田明: 間質性肺炎合併肺癌の予後改善を目指して.  日本呼吸器外科学会,  千葉県幕張,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者