東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大森)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  本間 栄
准教授:
  坂本 晋
  高井 雄二郎
講師:
  磯部 和順
  杉野 圭史
■ 概要
1.特発性間質性肺炎に関する研究
1)特発性肺線維症に対するN-アセチルシステイン療法と酸化ストレスに関する研究
2)特発性間質性肺炎に合併する肺癌の発生機序に関する研究
3)特発性間質性肺炎の周術期管理に関する研究
4)マウスブレオマイシン肺臓炎モデルにおけるNアセルシステインおよびピルフェニドンの併用効果とレドックス制御
5)IPFにおけるピルフェニドン(PFD)およびPFD+N-アセチルシステイン(NAC)併用療法の効果とレドックス制御
6)気腫合併特発性肺線維症における肺癌発生メカニズムの病理学的検討
2.閉塞性細気管支炎に関する研究
1)閉塞性細気管支炎の病理学的再構築に関する研究
2)閉塞性細気管支炎の発症機序に関する研究
3.呼吸器感染症の病態と治療に関する研究
1)院内肺炎の疫学と原因菌に関する研究
2)慢性気道感染症に対するマクロライド療法に関する研究
3)肺炎球菌性肺炎における尿中抗原の診断的意義に関する研究
4.呼吸不全の病態と治療に関する研究
1)睡眠時呼吸異常に関する研究
2)COPDのリハビリテーションに関する研究
3)慢性呼吸不全患者に対するNIPPVに関する研究
4)インフルエンザ(H5N1)の死因となる急性肺障害の病態解析
5.難治性血管炎に関する研究
1)難治性血管炎に合併する肺病変の画像的特徴
■ Keywords
院内感染, 耐性菌, 迅速診断, 無呼吸, 呼吸筋訓練, 人工呼吸, 急性増悪, 閉塞性細気管支炎, びまん性肺疾患, 間質性肺炎, 難治性血管炎, 肺癌
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  医療研究開発推進事業費補助金 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
 研究課題:高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する研究班  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:500000円  (分担)
2.  厚生労働科学研究費補助金
 研究課題:びまん性肺疾患に関する調査研究(稲瀬直彦)  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:300000円  (分担)
3.  厚生労働科学研究費補助金
 研究課題:難治性血管炎に関する調査研究(針谷正祥)  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:60000円  (分担)
4.  日本医療研究開発機構(AMED)研究費(難治性疾患実用化研究事業)
 研究課題:特発性間質性肺炎の診断精度向上とエビデンス創出のためのクラウド型統合データベースとインタラクティブ診断システムの開発に関する研究班  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:250000円  (分担)
その他
1.  私立大学研究ブランディング事業計画書
 研究課題:上皮バリア機構の不全により生じる疾患の克服を目指したブランディング事業  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:1000000円  (分担)
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第39回東邦大学呼吸器セミナー    2018/06
2.  第40回東邦大学呼吸器セミナー    2018/10
3.  第41回東邦大学呼吸器セミナー    2019/02
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  本間 栄 :1)日本呼吸器学会(専門医、指導医、代議員、理事、びまん性肺疾患学術部会プログラム委員、びまん性肺疾患学術部会会長2011-2012、第52回・53回学術講演会プログラム委員会委員、将来計画委員会委員、肺移植検討委員会委員、ガイドライン施行管理委員会副委員長、2017第38回生涯教育講演会会長) 2)日本内科学会(認定内科医、評議員) 3)日本感染症学会(ICD: Infection Control Doctor)     4)日本結核病学会(評議員、監事) 5)日本肺癌学会(評議員) 6) 日本呼吸器内視鏡学会(評議員, 選挙管理委員) 7) 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会(評議員、副理事長) 8) 呼吸ケア・リハビリテーション学会(評議員) 9) 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「びまん性肺疾患に関する調査研究」班代表研究者2014-2016年度 10)日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「びまん性肺疾患に対するエビデンスを構築する新規戦略的研究」班代表研究者2014-2016年度 11) 厚生労働科学研究「難治性血管炎に関する研究班」班分担研究者 12) 厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業「インフルエンザ(H5N1)の死因となる劇症型ARDSの病態解析と治療法の開発に関する研究」班分担研究者 13) The ATS/ERS/JRS/ALAT IPF Guideline Committee Member 14) 特発性肺線維症の治療ガイドライン2017作成委員会委員長 15) 難治性びまん性肺疾患診療の手引き作成委員会委員長
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















本間 栄   教授
 3 10 1 15  5 2       1
(1)
 42
(34)
 2
(1)
 6
(5)
 12
(12)
 12
(12)
坂本 晋   准教授
 4 2  7  1 2       2
(2)
 22
(18)
 
 2
(1)
 1
(1)
 2
(2)
高井 雄二郎   准教授
 2 1  4          
 18
(17)
 
 2
(1)
 
 
磯部 和順   講師
   2 2          2
(2)
 22
(20)
 
 3
(2)
 
 3
(3)
杉野 圭史   講師
  1 1 7          1
(1)
 5
(4)
 1
(1)
 
 1
(1)
 1
(1)
一色 琢磨   助教
   1 1  1        1
 15
(14)
 
 3
(2)
 
 4
(4)
伊藤 貴文   助教
              
 9
(8)
 
 1
(1)
 
 1
(1)
卜部 尚久   助教
   1           1
(1)
 14
(13)
 
 2
(2)
 
 1
(1)
太田 宏樹   助教
    1          1
(1)
 
 
 
 
 
鏑木 教平   助教
    2          3
(3)
 14
(13)
 
 1
(1)
 
 
菊池 直   助教
              
 
 
 
 
 
草野 英美子   助教
              
 
 
 
 
 
後町 杏子   助教
 1   1          
 1
(1)
 
 
 
 
佐藤 敬太   助教
              
 
 
 
 
 
佐藤 大輔   助教
 1             
 1
(1)
 
 
 1
(1)
 
佐野 剛   助教
  1  3          1
(1)
 15
(14)
 
 1
(1)
 
 
澤田 哲郎   助教
              1
(1)
 12
(11)
 1
(1)
 1
(1)
 
 1
(1)
 11 6  7 0  0  14
(13)
 4
(3)
 15
(15)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 髙井雄二郎, 落合亮一:  在院日数とクリニカルパス使用の関連性についての横断的検討.  東邦医学会雑誌  65 (3) :136 -140 , 2018
2. 後町杏子、 砂川 泉子, 杉野 圭史, 根本 哲夫2, 本間 栄:  著明な拘束性換気障害に至った難治性良性石綿胸水の1例.  肺癌  58 (7) :1001 -1006 , 2018
3. Kazuya Koyama, Hisatsugu Goto, Shun Morizumi, Kozo Kagawa, Haruka Nishimura, Seidai Sato, Hiroshi Kawano, Yuko Toyoda, Hirohisa Ogawa, Sakae Homma, Yasuhiko Nishioka:  The Tyrosine Kinase Inhibitor TAS-115 Attenuates Bleomycin-Induced Lung Fibrosis in Mice.  Am J Respir Cell Mol Biol.  - (-) :- -- , 2018
4. Keishi Sugino, Takayuki Kabuki, Kazutoshi Shibuya, Sakae Homma:  Systemic scleroderma-related interstitial pneumonia associated with borderline pulmonary hypertension.  BML Case Rep  - (-) :bcr-2017 -221755 , 2018
5. Isshiki T, Isobe K, Tochigi N, Sunakawa M, Nakamura Y, Shibuya K, Sakamoto S, Takai Y, Homma S.:  Successful Use of Pembrolizumab to Treat Refractory Thymic Carcinoma with High PD-L1 Expression.  Case Rep Oncol  11 (3) :688 -692 , 2018
6. Kunihiro Yamagata, Joichi Usui, Michio Nagata, Hitoshi Sugiyama, Ken‐ei Sada, Eri Muso, Masayoshi Harigai, Koichi Amano, Tatsuya Atsumi, Shouichi Fujimoto, Yukio Yuzawa, Masaki Kobayashi, Takao Saito, Takafumi Ito, Nobuhito Hirawa, Sakae Homma, Hiroaki Dobashi, Naotaka Tsuboi, Akihiro Ishizu, Yoshihiro Arimura, Hirofumi Makino, Seiichi Matsuo, For the Research Committee of Intractable Renal Disease and the Research Committee of Intractable Vasculitis Syndrome of the Ministry of Health, Labour, and Welfare of Japan:  Histopathological classification of anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis in a nationwide Japanese prospective 2-year follow-up cohort study.  Clinical and Experimental Nephrology  - (-) :- -- , 2018
7. Kurosawa T, Miyoshi S, Yamazaki S, Nishina T, Mikami T, Oikawa A, Homma S, Nakano H.:  A murine model of acute lung injury identifies growth factors to promote tissue
repair and their biomarkers.  Genes to Cells  24 :112 -125 , 2019
8. Hisayo Matsuyama , Shion Miyoshi , Keishi Sugino, Hiroki Ota, Yukitoshi Toyoda ,Yasuhiro Nihonyanagi , Kazutoshi Shibuya and Sakae Homma:  Fatal Invasive Pulmonary Aspergillosis Associated with Nonspecific Interstitial Pneumonia: An Autopsy Case Report.  Intern Med  (57) :3619 -3624 , 2018
9. Urabe N, Sakamoto S, Sano G, Ito A, Homma S,:  Characteristics of patients with bronchoscopy-diagnosed pulmonary Mycobacterium avium complex infection.  Journal of Infection and Chemotherapy  24 (10) :822 -827 , 2018
10. Kazutoshi Isobe, Kyohei Kaburaki, Hiroshi Kobayashi, Go Sano, Susumu Sakamoto, Yujiro Takai, Naobumi Tochigi, Akira Iyoda, Sakae Homma:  New risk scoring system for predicting acute exacerbation of interstitial pneumonia after chemotherapy for lung cancer associated with interstitial pneumonia.  Lung Cancer  (125) :253 -257 , 2018
11. Takashi Makino, Hajime Otsuka, Yoshinobu Hata, Satoshi Koezuka, Yoko Azuma, Kazutoshi Isobe, Keishi Sugino, Satoru Ebihara, Sakae Honma, Akira Iyoda:  Long-acting muscarinic antagonist and long-acting β2-agonist therapy to optimaize chronic obstructive pulmonary disease prior to lung cancer surgery.  MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY  8 :647 -652 , 2018
12. Kenji Nagasaka, Masayoshi Harigai, Noboru Hagino, Akinori Hara, Tetsuya Horita, Taichi Hayashi, Mitsuyo Itabashi, Satoshi Ito, Yasuhiro Katsumata, Soko Kawashima,Taio Naniwa, Ken-ei Sada, Eishu Nango, Takeo Nakayama, Michi Tsutsumino, Kunihiro Yamagata, Sakae Homma, Yoshihiro Arimura:  Systematic review and meta-analysis for 2017 clinical practice guidelines of the Japan research committee of the ministry of health, labour, and welfare for intractable vasculitis for the management of ANCA-associated vasculitis.  Mod Rheumatol.  29 (1) :119 -129 , 2019
13. Kazutoshi Isobe, Atsushi Kakimoto, Tetuo Mikami, Kyohei Kaburaki, Hiroshi Kobayashi, Takahiro Yoshizawa, Takashi Makino, Hajime Otsuka, Go Sano, Keishi Sugino, Susumu Sakamoto, Yujiro Takai, Naobumi Tochigi, Iyoda Akira, Sakae Homma:  PD-L1 mRNA Expression in EGFR-mutant Lung Adenocarcinoma.  Oncology Reports  40 :331 -338 , 2018
14. Hiroshige Shimizu, Susumu Sakamoto, Takuma Isshiki, Kenta Furuya, Atsuko Kurosaki, Sakae Homma:  Association of serum high-mobility group box protein 1 level with outcomes of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis and fibrosing nonspecific interstitial pneumonia.  PLoS ONE  13 (5) :e0196558 -- , 2018
15. Sakae Homma, Masashi Bando, Arata Azuma, Susumu Sakamoto, Keishi Sugino, Yoshiki Ishii, Shinyu Izumi, Naohiko Inase,
Yoshikazu Inoue, Masahito Ebina, Takashi Ogura, Kazuma Kishi, Tomoo Kishaba, Takashi Kido, Akihiko Gemma, Yoshihito Goto, Shinichi Sasaki, Takeshi Johkoh, Takafumi Suda, Kazuhisa Takahashi, Hiroki Takahashi, Yoshio Taguchi, Hiroshi Date, Hiroyuki Taniguchi, Takeo Nakayama, Yasuhiko Nishioka, Yoshinori Hasegawa, Noboru Hattori, Junya Fukuoka, Atsushi Miyamoto, Hiroshi Mukae, Akihito Yokoyama, Ichiro Yoshino, Kentaro Watanabe, on behalf of the Ministry of Health, Labour and Welfare, the Study Group on Diffuse Pulmonary Disorders, Scientific Research/Research on Intractable Diseases, and Japanese Respiratory Society:  Japanese guideline for the treatment of idiopathic pulmonary fibrosis.  Respiratory investigation  - (56) :268 -291 , 2018
総説及び解説
1. 岩田基秀,佐野 剛,臼井優介、松本洋祐、伊藤貴文、坂本 晋、本間 栄:  中心微小管欠損を呈した原発性線毛機能不全症候群の1例.  Terapeutic Research  39 (6) :523 -524 , 2018
2. 坂本 晋、本間 栄:  好酸球性多発血管炎性肉芽種症.  アレルギーの臨床  (38) :741 -744 , 2018
3. 坂本 晋、本間 栄:  膠原病の血管病変とそのマネージメント-全身性血管炎における肺病変-.  リウマチ科  (59) :487 -494 , 2018
4. 坂本 晋,本間 栄:  閉塞性細気管支炎.  呼吸器内科  (33) :361 -366 , 2018
5. 本間 栄、坂本 晋:  慢性安定期の治療6)CQ6 IPF患者にピルフェニドンとNAC吸入の併用を行うべきか?.  呼吸器内科  (33) :478 -485 , 2018
6. 坂本 晋、本間 栄:  主な治療薬の使い方14)抗線維化薬.  呼吸器内科  (34) :247 -253 , 2018
7. 佐藤大輔、高井雄二郎、松本洋祐、小林美奈穂、本間 栄:  大田区の睡眠時無呼吸症候群診療の状況と地域連携について.  大田区医学会誌  (10) :23 -- , 2018
8. 高井 雄二郎:  わが国における不眠症の現状と治療について.  東京内科医会会誌  33 (3) :264 -268 , 2018
9. 有村義宏、針谷正祥、丸山彰一、本間 栄:  ANCA関連血管炎診療ガイドライン2017.  日内会誌  (107) :741 -745 , 2018
10. 本間 栄:  論評-合地ら“ステロイド単独治療開始後に血管炎症状を発症した気道病変合併好酸球性多発血管炎性肉芽種症の1例—.  日本呼吸器内視鏡学会雑誌  (40) :289 -290 , 2018
11. 本間 栄:  MPO-ANCA陽性間質性肺炎 疫学・概念・病態.  日本臨床(増)血管炎(第2版)  :278 -281 , 2018
12. 坂本 晋、鈴木亜衣香、本間 栄:  ANCA関連血管炎における肺病変.  日本臨床(増)血管炎(第2版)  :320 -325 , 2018
13. 植草利公、古谷賢太、畑中一仁、本間 栄:  膠原病の臓器病変と鑑別疾患 肺病変.  病理と臨床  (36) :543 -554 , 2018
14. Ai Igarashi, Yuji Iwanami, Keishi Sugino, Kyoko Gocho, Sakae Honma, Satoru Ebihara:  Using 6-Min Walk Distance Expressed as a Percentage of Refrence to Evaluate the Effect of Pulmonary Rehabilitation in Elderly Patients With Interstitial Lung Disease.  Jounal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention  2018 (38) :342 -347 , 2018
15. Masayoshi Harigai,Kenji Nagasaka,Koichi Amano,Masashi Bando,Hiroaki Dobashi,Tamihiro Kawakami,Kan Kishibe,Yohko Murakawa,Joichi Usui,Takashi Wada
,Eiichi Tanaka,Eishu Nango,Takeo Nakayama,Michi Tsutsumino,Kunihiro Yamagata,Sakae Homma,Yoshihiro Arimua

...:  2017 Clinical practice guidelines of the Japan Research Committee of the Ministry of Health, Labour, and Welfare for Intractable Vasculitis for the management of ANCA-associated vasculitis.  Modern Rheumatology  29 (1) :20 -30 , 2019
その他
1. Shion Miyoshi, Kazutoshi Isobe, Hiroshige Shimizu, Motoko Sunakawa, Aika Suzuki, Keishi Sugino, Nobuyuki Shiraga, Susumu Sakamoto, Yujiro Takai, Akira Iyoda, Sakae Homma:  The Utility of Virtual Bronchoscopy Using
a Computed Tomography Workstation for Conducting Conventional Bronchoscopy:
A Retrospective Analysis of Clinical Practice.  Respiration  :10.1159 -000492074 , 2018
■ 著書
1. 坂本 晋、本間 栄:  気管支喘息治療薬.  歯科における薬の使い方(金子昭寛、青木洋介、他 編)  210-213.  (株)デンタルダイヤモンド社,  東京, 2018
2. 本間 栄(分担):  薬剤性肺障害の診断.  治療の手引き(日本呼吸器学会 薬剤性肺障害の診断・治療の手引き第2版作成委員会編)  ---.  メデイカルレビュー社,  東京, 2018
3. 本間 栄:  Editorial.  症例から考える難治性びまん性肺疾患—病態と最新治療戦略—呼吸器ジャーナル(本間 栄 企画)  196-197.  医学書院,  東京, 2018
4. 本間 栄:  肺線維症の概念と今後の展望.  症例から考える難治性びまん性肺疾患—病態と最新治療戦略—呼吸器ジャーナル(本間 栄 企画)  198-205.  医学書院,  東京, 2018
5. 一色琢磨、坂本 晋、本間 栄:  特発性肺線維症の急性増悪にリコンビナントトロンボモジュリンは有効か?.  症例から考える難治性びまん性肺疾患—病態と最新治療戦略—呼吸器ジャーナル(本間 栄 企画)  274-280.  医学書院,  東京, 2018
6. 本間 栄(分担):  間質性肺炎の急性増悪.  今日の治療指針2019(福井次矢,高木 誠、小室一成 編)  316-317.  医学書院,  東京, 2019
7. 本間 栄、坂本 晋:  血管炎に伴う間質性肺炎.  間質性肺炎・肺線維症と類縁疾患(三嶋理晃、吾妻安良太 編)  281-288.  中山書店,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎関口 亮、伊藤貴文、鏑木教平、小林 紘、仲村泰彦、古谷賢太、松本洋祐、臼井優介、磯部和順、栃木直文、渋谷和俊、定本聡太、深澤由里、本間 栄: 急速に進行したROS-1融合遺伝子陽性肺腺癌にCrizotinibが著効した一例.  第184回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2019/03
2. ◎関口 亮、卜部尚久、坂本 晋、佐野 剛、佐々木雅一、本間 栄: 気管支拡張病変を有する関節リウマチに合併したExophiala dermatitidisによ肺黒色真菌症の1例.  第233回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2019/02
3. ◎関谷宗之、佐野 剛、黒澤武介、卜部尚久、一色琢磨、伊藤貴文、鏑木教平、澤田哲郎、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、本間 栄: 難治性気道疾患を伴った閉塞性細気管支炎の1例.  第45回難治性気道疾患研究会,  東京,  2019/01
4. ◎清水宏繁、一色琢磨、砂川泉子、仲村泰彦、佐野 剛、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、渋谷和俊、本間 栄: PD-L1高発現を呈した胸腺癌にpembrolizumabが著効した1例.  第183回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2018/12
5. ◎牧野 崇、大塚 創、肥塚 智、東 陽子、秦 美暢、栃木 直文、磯部 和順、本間 栄、澁谷 和俊、伊豫田 明: 病理病期I 期COPD 合併肺癌における肺葉切除の治療成績.  第59回 日本肺癌学会学術集会,  東京都新宿区,  2018/11
6. ◎磯部和順、鏑木教平、小林 紘、中野雄太、佐野 剛、坂本 晋、柿本篤志、栃木直文、本間 栄: EGFR 遺伝子変異陽性肺腺癌における血漿遊離DNA 中のBIMmRNA 発現の検討.  第59回日本肺癌学会学術集会,  東京,  2018/11
7. ◎小林 紘、磯部和順、鏑木教平、卜部尚久、堀 亜衣香、一色琢磨、伊藤貴文、澤田哲郎、佐野 剛、坂本 晋、本間 栄: 免疫治療の前治療が免疫療法の効果に及ぼす影響の検討..  第59回日本肺癌学会学術集会,  東京,  2018/11
8. ◎中野雄太、磯部和順、柿本篤志、小林 紘、鏑木教平、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、三上哲生、伊豫田明、本間 栄: 肺腺癌における長鎖非コードRNA 発現の検討..  第59回日本肺癌学会学術集会,  東京,  2018/11
9. ◎鏑木教平、磯部和順、小林 紘、栃木直文、本間 栄: PD-L1陰性例と弱陽性例の臨床的特徴の比較検討..  第59回日本肺癌学会学術集会,  東京,  2018/11
10. ◎岩波 裕治, 海老原  賢人,山口 凌, 山崎 馨子, 仲村 泰彦, 臼井 優介, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 間質性肺炎患者の重症度と身体機能および健康関連QOLの関連性.  第28回呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  千葉県,  2018/11
11. 一色琢磨, 松山尚世, 山口哲生, 坂本晋, 本間栄: サルコイドーシスにおけるMatrix Metalloproteinase 7 (MMP-7)のバイオマーカーとしての有用性. , 東京, 2018, 11.  第38回日本サルコイドーシス/肉芽種性疾患学会総会,  東京、日本,  2018/11
12. ◎鹿子木拓海、一色琢磨、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、本間尚子、三上哲生、渋谷和俊、江石義信、本間 栄: エタネルセプト皮下注を契機として発症したと考えられるサルコイドーシスの1例.  第38回日本サルコイドーシス/肉芽種性疾患学会総会,  東京,  2018/11
13. ◎本間 栄: 顕微鏡的多発血管炎における間質性肺炎.  第38回日本サルコイドーシス/肉芽種性疾患学会総会,  東京,  2018/11
14. ◎東陽子、佐野厚、大塚創、牧野崇、肥塚智、栃木直文、本間栄、伊豫田明: 肺大細胞神経内分泌癌手術例の臨床的特徴と治療成績.  第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会,  京都市,  2018/09
15. ◎古河まりえ、岩田基秀、臼井優介、卜部尚久、鈴木亜衣香、一色琢磨、伊藤貴文、鏑木教平、澤田哲郎、佐野 剛、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、牧野 崇,伊豫田 明、本間 栄: 気腫合併肺線維症の難治性気胸に対し手術を含めた集学的治療が有効だった一例.  第166回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2018/09
16. ◎太田弘樹、杉野圭史、松山尚代、澤田哲郎、佐野 剛、磯部和順、高井雄二郎、岡 崇、久武真二、根本哲生、岡 輝明、本間 栄: 肺高血圧を合併したErdheim-Chester病の1例.  第231回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2018/09
17. ◎島貫結衣、鏑木教平、臼井優介、小林 紘、磯部和順、栃木直文、本間 栄: EGFR exon18G719X+exon 20 S768I遺伝子変異を診断したIVb期肺腺癌の1例.  第182回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2018/07
18. ◎大久保直人、澤田哲郎、坂本 晋、松山尚代、卜部尚久、一色琢磨、鏑木教平、磯部和順、高井雄二郎、三上哲夫、本間 栄: 肺癌転移巣に対し放射線治療後、ニボルマブ投与中に呼吸不全が進行し死亡した1剖検例.  第230回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2018/07
19. ◎杉山 邦男, 東谷 剛志, 小林 真由美, 桝谷 直司, 原田 昌彦, 奈良 和彦, 千葉 浩輝, 田中 耕一郎, 佐藤 大輔, 高井 雄二郎,: 男性更年期障害でPSGを行った1症例.  第43回日本睡眠学会定期学術総会,  札幌,  2018/07
20. ◎肥塚智、大塚創、牧野崇、東陽子、秦美暢、卜部尚久、栃木直文、本間栄、渋谷和俊、伊豫田明: 胸骨正中切開+前側方開胸下に切除した原発不明縦隔リンパ節転移腺癌の1例.  第177回日本胸部外科学会,  東京都大田区,  2018/06
21. ◎佐野 剛、西木慎太朗、卜部尚久、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、高森恵美、富田 学、塚田真弓、宮崎泰斗、館田一博、本間 栄: 当院における肺結核接触者健診の現状とIGRA陽性例のリスク因子の解析..  第93回日本結核病学会総会,  大阪,  2018/06
22. ◎卜部尚久、佐野 剛、坂本 晋、伊藤 愛、本間 栄: 肺Mycobacterum avium complex症の診断における気管支鏡検査の有用性と限界..  第93回日本結核病学会総会,  大阪,  2018/06
23. ◎東陽子、大塚創、牧野崇、肥塚智、秦美暢、本間栄、伊豫田明: 間質性肺炎合併肺癌の予後改善を目指して.  第35回日本呼吸器外科学会総会,  千葉県幕張,  2018/05
24. ◎鏑木教平、坂本 晋、卜部尚久、佐野 剛、本間 栄: 急性好酸球性肺炎(AEP)様のCT画像を呈し、急速に呼吸不全が進行したマイコプラズマ気管支炎の1例.  第229回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2018/05
25. ◎海老原賢人、岩波裕治、山口 凌、山崎馨子、臼井優介、仲村泰彦、後町杏子、杉野圭史、本間 栄、海老原 覚: 気腫合併型肺線維症患者に対する外来呼吸リハビリテーションの効果.  第5回日本呼吸ケア•リハビリテーション学会関東支部学術集会,  浦安,  2018/05
26. ◎伊藤貴文, 臼井優介, 鈴木亜衣香, 本間栄: 肺限局型顕微鏡的多発血管炎(Pulmonary Limited Vasculitis : PLV)の臨床的特徴.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京, 日本,  2018/04
27. 一色琢磨, 澤田哲郎, 坂本晋, 本間栄: 間質性肺炎症例におけるニンテダニブの忍容性の検討. , 大阪, 2018, 4.  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪、日本,  2018/04
28. ◎磯部和順、一色琢磨、鏑木教平、卜部尚久、伊藤貴文、澤田哲郎、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、本間 栄: 特発性肺線維症におけるBCL2L11遺伝子多型とレドックスの検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
29. ◎関谷宗之、坂本 晋、一色琢磨、伊藤貴文、鏑木教平、澤田哲郎、佐野 剛、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 当院における薬剤性肺障害の臨床的検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
30. ◎宮本 篤、岸 一馬、伊達洋至、高橋和久、木浦勝行、本間 栄: 特発性間質性肺炎合併進行肺癌に対する化学療法と間質性肺炎急性増悪の危険因子に関する検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
31. ◎橋本直純、長谷川好規、慶長直人、高瀬真人、竹内万彦、土方美奈子、本間 栄、稲瀬直彦: 原発性線毛機能不全(PCD)の全国アンケート調査..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
32. ◎砂川泉子、鏑木教平、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、伊豫田明、本間 栄: 既治療進行非小細胞肺癌に対するnivolumab使用例における増悪後化学療法効果の検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
33. ◎坂本 晋、松山尚代、仲村泰彦、一色琢磨、鈴木亜衣香、伊藤貴文、鏑木教平、澤田哲郎、佐野 剛、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 非典型的所見を有する特発性肺線維症に対する抗線維化薬の効果の検討.  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
34. ◎坂本 晋、清水宏繁、一色琢磨、卜部尚久、鈴木亜衣香、鏑木教平、澤田哲郎、佐野 剛、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 劇症型間質性肺炎急性増悪の発症予測因子の検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
35. ◎松本洋祐、高井雄二郎、小林美奈穂、福永俊二、杉山 邦、山城義宏、本間 栄: 睡眠時無呼吸症候群患者におけるCPAP療法の通院間隔とアドヒアランスの変化..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
36. ◎杉野圭史、仲村泰彦、一色琢磨、松本敬子、坪井永保、本間 栄: PPFE病変を有する特発性肺線維症の臨床的特徴と抗線維化薬の効果.,ミニシンポジウム,大阪, 2018.4.  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
37. ◎西木慎太朗、佐野 剛、卜部尚久、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、高森恵美、塚田真弓、館田一博、本間 栄: 当院における肺結核接触者検診の現状とIGRA陽性例のリスク因子の解析..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
38. ◎鏑木教平、磯部和順、小林 紘、卜部尚久、一色琢磨、伊藤貴文、澤田哲郎、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、伊豫田明、澁谷和俊、本間 栄: 悪性胸膜中皮腫における治療前血清可溶性メソテリン関連ペプチドと臨床的背景の検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
39. ◎澤田哲郎、卜部尚久、一色琢磨、鏑木教平、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、本間 栄: 高齢者特発性肺線維症における抗線維化薬の忍耐性と治療効果の検討..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
40. ◎太田弘樹、杉野圭史、太田智裕、一色琢磨、澤田哲郎、磯部和順、坂本 晋、本間 栄: 間質性肺炎合併肺癌に対するnintedanibの使用経験..  第58回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2018/04
41. ◎佐田 憲映、原 章規、和田 隆志、本間 栄、針谷 正祥: クラスタ-解析を用いたANCA関連血管炎の分類と重症度に関する検討..  第62回日本リウマチ学会総会学術集会,  東京,  2018/04
国際学会
1. ◎Naozumi Hashimoto, Yoshinori Hasegawa, Naoto Keicho, Kazuhiko Takeuchi, Makoto Takase, Minako Hijikata, Sakae Homma, Naohiko Inase: The nation-wide survey of primary ciliary dyskinesia in Japan.  ERS International Congress 2018,  Paris France,  2018/09
2. ◎Sakae Homma, Yasuhiro Kondoh, Motoyasu Kato, Tomoaki Hoshino, Hiroshi Mukae, Masashi Bando, Takafumi Suda , Takashi Kido, Yoshinori Tanino, Tomoo Kishaba, Noboru Hattori, Yoshio Taguchi, Takefumi Saitoh, Yasuhiko Nishioka, Kazuyoshi Kuwano, Kazuma Kishi, Naohiko Inase, Shinichi Sasaki, Hajime Takizawa, Takeshi Johkoh, Fumikazu Sakai, Susumu Sakamoto, the Diffuse Lung Diseases Research Group from the Ministry of Health, Labour and Welfare, Japan:: Efficacy of combined therapy with pirfenidone and inhaled N-acetylcysteine for idiopathic pulmonary fibrosis: a randomized controlled phase 3 trial.  ERS International Congress 2018,  Paris France,  2018/09
3. ◎Sakae Homma: Japanese Protocol for PLV Cohort.  Pulmonary Limited Vasculitis (MPO-ANCA positive IP) Working Group Meeting,  Tokyo,  2018/08
4. ◎Hisayo Matsuyama, Susumu Sakamoto, Takuma Isshiki, Kazutoshi Isobe, Yujiro Takai, and Sakae Homma: Higher Body Mass Index Relates to Long-Term Pirfenidone Administeration in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
5. ◎Keishi Sugino,Yasuhiko Nakamura,Takuma Isshiki,Keiko Matsumoto,Masahiro Ando,Kiyoshi Mori, Eiyasu Tsuboi, and Sakae Homma: Clinical features and efficacy of anti-fibrotic agents in IPF associated with radiologic pleuroparenchymal fibroelastosis-like lesion.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
6. ◎Marie Furukawa,Hiroki Ota,Keishi Sugino,Yasuhiko Nakamura,Yasuhiro Nihonyanagi,Naobumi Tochigi,Sakae Homma: An Autopsied Case of Neurofibromatosis Type 1(von Recklinghausen's Disease) Associated Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumor Carcinomatous Pleurisy with Giant Intrathoracic Meningoceles.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
7. ◎Motoko Sunakawa, Susumu Sakamoto, Hiroshige Shimizu, Aika Suzuki, Naohisa Urabe,Takuma Isshiki, Kyohei Kaburaki, Tetsuro Sawata, Go Sano, Kazutoshi Isobe, Sakae Homma: Predictors in patients with fulminant acute exacerbation
of fibrosing interstitial pneumonia.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
8. ◎Tetsuro Sawata,Naohisa Urabe,Takuma Isshiki,Takafumi Ito,Kyouhei kaburaki, Kazutoshi Isobe, Yujiro Takai, Sakae Hommma: A Study of Tolerability and Therapeutic Effect of Antifibrotic Agents for Elderly Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
その他
1. ◎本間 栄: 急性上皮障害モデルマウスを用いた2型肺胞上皮細胞増殖因子の探索.  上皮バリア機構の不全により生じる疾患の克服を目指したブランデイング事業平成30年度研究プロジェクト報告会,  東京,  2019/02
2. ◎久永香織, 内野泰, 熊代尚記, 池原佳世子, 安藤恭代, 宮城匡彦, 芳野弘, 鴫山文華, 弘世貴久, 磯部和順, 本間栄: 免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連副作用の検討.  第56回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,  横浜,  2019/01
3. ◎坂東政司、本間 栄: 特発性間質性肺炎分科会 IIPs診断と治療の手引き・IPF治療ガイドライン部会.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成30年度第2回班会議,  東京,  2018/12
4. ◎針谷正祥、坂東政司、本間 栄: 特発性間質性肺炎分科会 ANCA陽性間質性肺炎部会.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成30年度第2回班会議,  東京,  2018/12
5. ◎本間 栄、吾妻安良太: 特発性間質性肺炎分科会 多施設治療研究支援部会.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成30年度第2回班会議,  東京,  2018/12
6. ◎本間 栄、針谷正祥、藤元昭一、坂東政司、栗原泰之、黒崎敦子: 国際協力分科会. Pulmonary Limited Vasculitis.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究」班平成30年度第2回班会議,  東京,  2018/12
7. ◎本間 栄、長坂憲治、要 伸也: 中小型血管炎臨床分科会. MPA/GPAワーキンググループ.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究」班平成30年度第2回班会議,  東京,  2018/12
8. ◎要 伸也、本間 栄、佐田憲映、和田隆志、伊藤 聡、土橋浩章、堀田哲也、駒形嘉紀、中山健夫、勝又康弘、天野宏一: 中・小型血管炎臨床分科会報告.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究」班平成30年度第2回班会議,  東京,  2018/12
9. ◎佐藤大輔,天野杏李,野口晃司,山本慶郎,豊田幸樹年,清水宏繁,坂本晋,本間栄: 当院ICUにおけるECMOの現状.  医療研究開発推進事業費補助金 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する研究」班平成30年度班会議,  東京,  2018/11
10. ◎牧野崇、大塚創、肥塚大学東陽子、秦美暢、栃木直文、磯部和順3、本間栄、渋谷和俊2、伊豫田明1: 病理病期I期COPD合併肺癌における肺葉切除の治療成績.  第59回日本肺癌学会学術集会,  東京,  2018/11
11. ◎本間 栄: Openig Remark.  IPF Academy 2018,  東京,  2018/09
12. ◎本間 栄: 厚労省の難病対策・大森病院間質性肺炎センターのとりくみ.  第2回間質性肺炎/肺線維症勉強会,  東京,  2018/09
13. ◎本間 栄: Openig & Closing Remark.  IPF Educational Seminar,  東京,  2018/08
14. ◎本間 栄: 特発性肺線維症の診断と最新治療戦略.  第13回医療連携学術セミナー,  東京,  2018/08
15. ◎本間 栄: Openig & Closing Remark.  IPF Basic Research Conference,  東京,  2018/07
16. ◎本間 栄、杉野圭史、磯部和順、一色琢磨: 特発性肺線維症における筋線維芽細胞の抗アポトーシス作用とミトコンドリア品質管理について喫煙が及ぼす影響-アポトーシス貪食機能と肺線維化の関連のマウスにおける検討—.  公益財団法人喫煙科学研究財団平成29年度助成研究発表会,  東京,  2018/07
17. ◎肥塚 智、大塚 創、牧野 崇、東 陽子、秦 美暢、卜部 尚久、栃木 直文、本間 栄、渋谷 和俊、伊豫田 明: 胸骨正中切開+前側方開胸下に切除した原発不明肺癌縦隔リンパ節転移の1例.  第177回 胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京,  2018/06
18. ◎坂東政司、本間 栄: 特発性間質性肺炎分科会 診療ガイドライン部会.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成30年度第1回班会議,  東京,  2018/06
19. ◎針谷正祥、坂東政司、本間 栄: 特発性間質性肺炎分科会 ANCA陽性間質性肺炎部会.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成30年度第1回班会議,  東京,  2018/06
20. ◎本間 栄、吾妻安良太: 特発性間質性肺炎分科会 多施設治療研究支援部会.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成30年度第1回班会議,  東京,  2018/06
21. ◎杉野圭史、小野紘貴、齋藤亮平、清水宏繁、仲村泰彦、一色琢磨、安藤真弘、森 清、本間 栄、坪井永保: 長期経過を追えた下葉に蜂巣肺を伴う特発性PPFEの1例—IPF vs 特発性PPFE/UIPの比較—.  第97回間質性肺疾患研究会,  東京,  2018/06
22. ◎仲村泰彦、古谷賢太、伊藤貴文、一色琢磨、澤田哲郎、坂本 晋、植草利公、本間 栄: 当初、特発性分類不能型間質性肺炎と考えられたPPFEの1例.  第97回間質性肺疾患研究会,  東京,  2018/06
23. ◎本間 栄: 特発性間質性肺炎概念の変遷.  IPF Scientific Exchange Meeting in 北海道,  札幌,  2018/05
24. ◎Susumu Sakamoto,Hiroshige Shimizu,Takuma Isshiki,Atsuko Kurosaki,and Sakae Homma: Pharmacological treatment for acute exacerbation of fibrosing interstitial pneumonia: a retrospective study of 95 patients.  American Thoracic Society (ATS) 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者