東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 生理学講座/細胞生理学
 Division of Cellular Physiology, Department of Physiology

教授:
  高松 研
准教授:
  浜之上 誠
講師:
  小林 正明
  田丸 輝也
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















高松 研   教授
    2          
 1
 
 
 
 
浜之上 誠   准教授
              
 1
 
 
 
 
小林 正明   講師
 2             2
 2
 
 1
 
 
田丸 輝也   講師
   1 1          
 1
 
 
 
 
 2 1  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 小林正明, 原 文彦, 中村陽一, 中田亜希子, 岸 太一, 岡田弥生, 土井範子, 並木 温, 佐藤二美, 廣井直樹:  新しい医学教育の潮流2017 ―第49回日本医学教育学会大会報告1― ~質保証に向けた医学教育の新展開~.  東邦医学会雑誌  65 (2) :98 -103 , 2018
2. 小林正明, 原 文彦, 中村陽一, 中田亜希子, 岸 太一, 岡田弥生, 土井範子, 並木 温, 佐藤二美, 廣井直樹:  新しい医学教育の潮流2017 ―第49回日本医学教育学会大会報告2― ~卒前卒後教育の質的変化~.  東邦医学会雑誌  65 (3) :141 -146 , 2018
3. Kawamura G, Hattori M, Takamatsu K, Tsukada T, Ninomiya Y, Benjamin I, Sassone-Corsi P, Ozawa T, Tamaru T:  Cooperative interaction among BMAL1, HSF1, and p53 protects mammalian cells from UV stress.  Communications Biology  1 (204) :DOI: 10.1038/s42003-018-0209-1 , 2018
総説及び解説
1. Tamaru T, Takamatsu K:  Circadian modification network of a core clock driver BMAL1 to harmonize physiology from brain to peripheral tissues.  Neurochemistry International  119 :11 -16 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小林正明, 岸 太一, 中村陽一, 中田亜希子, 土井範子, 佐藤二美, 廣井 直樹: ビデオ講義視聴 (Video Lecture Delivery: VLD) システムの利用状況に関する調査報告.  第72回東邦医学会総会,  東京,  2018/11
2. ◎中田亜希子, 小林正明, 宮城真樹, 岡田弥生, 吉原 彩, 並木 温, 廣井直樹: 模擬患者とシミュレータを導入した臨床推論PBLテュートリアルの一例.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
3. ◎小林正明, 岸 太一, 中村陽一, 中田亜希子, 土井範子, 浜之上 誠, 佐藤二美, 廣井直樹: ビデオ講義視聴(Video Lecture Delivery: VLD)システムの利用状況に関する調査報告.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
4. ◎中村陽一, 島田英昭, 土井範子, 中田亜希子, 原 文彦, 岸 太一, 小林正明, 廣井直樹, 並木 温, 佐藤二美: 卒前医学教育における看取りの態度と技能を学修するための演習の試み.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
5. ◎Kawamura G, Tamaru T, Takamatsu K, Ozawa T: BMAL1-dependent activation of stress responsive transcription factors regulate protective response to ultra-violet irradiation.  第25回日本時間生物学会学術大会,  長崎,  2018/10
国際学会
1. ◎Hiroi N, Nakada A, Yoshihara A, Kobayashi M, Kishi T, Nakamura Y: Implementation and evaluation of PBL tutorial introducing simulated patients in Japanese medical school.  The Association for Medical Education in Europe,  Basel, Swizerland,  2018/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者