ナカムラ ヒロアキ   Nakamura Hiroaki
  中村 浩章
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   助教
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 β2刺激薬(Procaterol)ネブライザー吸入後の肺機能と血中濃度の推移についての検討
掲載誌名 正式名:アレルギー
掲載区分国内
巻・号・頁 56(11),1372-1377頁
著者・共著者 岸田, 中園宏紀, 黒岩玲, 道海秀則, 中里純子, 中村浩章, 鈴木五男, 四宮範明
発行年月 2007/11
概要 【背景・目的】吸入によるβ2刺激薬の血中濃度の推移や気管支拡張作用の発現との関係については不明である.そこで,塩酸プロカテロールをネブライザー吸入した際の血中濃度の推移と肺機能の改善との関係について検討した.【方法・対象】気管支喘息児(平均年齢9.8歳)6例に対し,0.01%プロカテロール吸入液0.3mlをネブライザー吸入した.吸入前および吸入後に肺機能,酸素飽和度および血漿中プロカテロール濃度を測定した.【結果】吸入後血中濃度は,個体差が大きいものの速やかに上昇し,2~15分でピークを形成した.その後30分までプラトーとなり,徐々に低下した.測定最大血中濃度は2分値で87.8±45.1pg/mlであった.FEV1.0は,吸入後2分で明らかに上昇し,60分まで持続した.60分後には血中濃度は低下を始めるもFEV1.0の改善は持続した.その他の肺機能パラメータに関しても同様に改善を認めた.心拍数には有意な変動はなかったが,血清カリウム値は,吸入後60分に全例で低下を認めた.【結語】プロカテロールの血中濃度は,速やかに上昇し,2分後にピークを形成し,30分後には低下した.肺機能も速やかに改善しはじめ,60分後にピークとなった.