ナカムラ ヒロアキ   Nakamura Hiroaki
  中村 浩章
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   助教
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 小児気管支喘息発作におけるβ2刺激薬の反復吸入の有効性についての検討
掲載誌名 正式名:日本小児アレルギー学会雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 23時(1),123-128頁
著者・共著者 岸田勝, 黒岩玲, 藤原順子, 中里純子, 小田優子, 中村浩章, 井上美沙子, 平井香, 鈴木五男, 二瓶浩一
発行年月 2009/03
概要 β2刺激薬の反復吸入についてのわが国での検討は少なく、吸入量や吸入間隔、吸入回数について必ずしも明確ではない。【方法】気管支喘息発作にて来院した25例を対象に、5%硫酸サルブタモール吸入液0.3mL(1.5mg)をネブライザー吸入した。SpO2<97%あるいは喘鳴スコアが2以上の症例について、最大3回まで同量、20分間隔で吸入した。【結果】吸入後全例でSpO2ならびに喘鳴スコアの十分な臨床的改善が認められ、心拍数には明らかな増減は認められず、振戦、動悸などの訴えもなかった。また、2回目吸入後あるいは3回目吸入後に速やかな改善を認める症例も経験された。【結語】β2刺激薬反復吸入は発作増悪に対して大変有効な治療法と考えられた。さらにβ2刺激薬の1回吸入量を従来量よりも増量することで、更なる効果が期待できると思われるが、1回吸入量を増量するよりも反復吸入を行うことで実際的増量を得る方法がより効果的で、かつ安全な方法と考えられる。