東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  モロイ マサオ   Moroi Masao
  諸井 雅男
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   教授
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  血管平滑筋収縮に対するエンドトキシンの内皮細胞依存性抑制作用 1990/06
2. 総説  PETが役立つ心疾患と注意すべきアーチファクト 2014/03
3. 原著  Endothelium-dependent relaxation by angiotensin converting enzyme inhibitors in canine femoral arteries 1994/07
4. 原著  Effect of Captopril on Acetylcholine-induced Relaxation in the Presence of Nitroglycerin Tolerance in Isolated Rabbit Aorta 1995/05
5. 総説  糖尿病患者における冠動脈CTの有用性と問題点 2009/11
6. 総説  循環器系で行われる検査とその読み方⑤心筋シンチグラフィ検査 2009/09
7. 症例報告  左冠動脈前下行枝の慢性完全閉塞および側副血行供給枝である右冠動脈の病変検出に冠動脈CTが有効であった1例 2009/07
8. 症例報告  64列マルチスライスCTによる冠動脈造影においてステント内狭窄の評価が可能であった2例 2009/09
9. 原著  Dynamic functional relay between insulin receptor substrate 1 and 2 in hepatic insulin signaling during fasting and feeding. 2008
10. 原著  Rimonabant ameriorates insulin resistance via both adiponectin-dependent and adiponectin-independent pathways. 2008/11
全件表示(124件)
■ 著書
1. 部分執筆  Chapter 12: Development of Therapeutic Strategy to Restore Coronary Microcirculation and VEGF Signaling Cascade in Diabetes: A Novel Approach to Prevent Cardiac Complication in Diabetes., Diabetes Mellitus and Human Health Care : A Holistic Approach to Diagnosis and Treatment 2014/01
2. 部分執筆  コモンディジーズブック 日常外来での鑑別と患者への説明のために 1.訴えとしてのコモンディジーズ(コモンシンプトム):動悸「コモンディジーズブック 日常外来での鑑別と患者への説明のために」 2013/04
3. 部分執筆  利尿薬(ループ・カリウム保持性)「循環器治療薬の選び方・使い方」 2009/03
4. 部分執筆  本態性高血圧症「循環器治療薬の選び方・使い方」 2009/03
5. 部分執筆  急性心膜炎「循環器治療薬の選び方・使い方」 2009/03
6. 全体執筆  慢性冠動脈疾患患者のアウトカム改善に向けた心筋血流SPECTのエビデンスの構築「心臓血管画像MOOK5」 2012/03
7. 部分執筆  ステント内狭窄の評価は64列MDCTによる冠動脈造影で十分か?「循環器検査のグノーティ・セアウトン」 2009
8. 部分執筆  虚血性心疾患 安定狭心症「メディカルノート 循環器疾患がわかる」 2009
9. その他  X線CT検査, 循環器内科研修チェックノート(並木 温編)p145 2007/04
10. その他  ホルター心電図, 循環器内科研修チェックノート(並木 温編)p134 2007/04
全件表示(27件)
■ 学会発表
1. どのような糖尿病患者に冠動脈CTを施行すべきか。糖尿病患者の一次予防・二次予防を考える (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2009/06
2. 画像診断・機能診断を予後予測に生かす:Vulnerability評価と長期予後予測 負荷心筋血流SPECTによる虚血心筋量の評価:治療法選択と患者の予後改善をめざして (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2010/01
3. Evaluation of washout rate of Tc-99m sestamibi in addition to its % uptake can more accurate predictor for left ventricular wall motion recovery in patients with one-vessel acute myocardial infarction (ポスター,一般) 2009/05
4. The difference of chest symptoms is closely associated with the risk of coronary artery disease in diabetic patients (ポスター,一般) 2009/05
5. Epicardial adipose tissue volume measured by 64-multislice computed tomography is related to the extent of coronary atherosclerosis (ポスター,一般) 2010/03
6. 大動脈弁逆流による背部痛が契機となって診断された大動脈奇形の一例 (口頭発表,一般) 2008/06
7. LADのCTOおよび側副血行供給枝であるRCAの病変検出にMDCTCAが有効であった1例 (口頭発表,一般) 2008/06
8. 糖尿病患者における無症候性心筋虚血の予測因子 (口頭発表,一般) 2008/06
9. 血液透析患者における無痛性心筋虚血の頻度とその予測因子について (口頭発表,一般) 2008/07
10. 胸痛のない糖尿病患者に対する心筋虚血の検出と心事故の予測におけるATP薬物負荷タリウム心筋シンチグラフィの意義 (口頭発表,一般) 2008/08
全件表示(36件)
■ 学歴
1. 1978/04~1984/03 東邦大学 医学部 卒業 医学博士
2. 1995/04~1997/03 ハーバード大学マサチューセッツ総合病院 医学部 cardiac unit 卒業
■ 職歴
1. 2004/06~2009/02 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 講師
2. 2009/03~2010/09 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 准教授
3. 2010/10~2012/09 独立行政法人国立国際医療研究センター 循環器内科 科長
4. 2012/10~2015/03 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 准教授
■ 現在の専門分野
内科学一般(含心身医学), 循環器内科学 (キーワード:心臓核医学、動脈硬化、心臓CT,心臓MRI、心臓サルコイドーシス) 
■ 所属学会
1. 1987/03~ 日本循環器学会
2. 1987/03~ 日本心臓病学会
3. 1990/07~ 日本内科学会
4. 1994/04~ 日本心血管インターベンション治療学会
5. 1998/03~ 日本心臓核医学会
6. 1998/06~ ∟ 評議員1
7. 1998/04~ 日本核医学会
8. 2008/04~ 日本透析学会
9. 2009/08~ 日本心不全学会
10. 2012/04 日本高血圧学会
全件表示(11件)
■ 受賞学術賞
1. 1995/03 平成6年度 東邦大学柳瀬奨学金
2. 1998/06 第三回高血圧と動脈硬化研究会部会例会 優秀賞
3. 1999/01 平成10年度 東邦大学額田奨学金
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~1999/03  血管内膜肥厚における単一遺伝子の効果:遺伝子欠損マウスを用いた研究 萌芽的研究 
2. 2011/04~2014/03  新しい動物モデルを用いた心サルコイドーシスの画期的な早期診断法の開発 基盤研究(C) 
3. 2012/04~2016/03  PETによる修復過程のモニタリング 基盤研究(C) 
4. 2012/04~2015/03  南アジアと日本における若年冠動脈疾患患者の新しい危険因子の同定とその予防法の開発 基盤研究(B)海外 
5. 2014/04~2017/03  急性心筋梗塞後:PETによる修復過程のモニタリング 基盤研究C 
6. 2015/04~2016/03  循環器系疾患領域に関する研究  
7. 2015/04~2016/03  糖尿病性心筋症における心筋糖代謝異常に関する研究  
8. 2015/07~2016/06  ファブリー病の臓器病変の多様性の機序に関する研究  
9. 2016/04~2017/03  インスリン抵抗性と動脈硬化の関係についての研究  
10. 2016/09~2017/08  糖尿病合併心不全に対する薬物療法の影響に関する研究  
全件表示(11件)