東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  オオコシ ケンジ   Okoshi Kenji
  大越 健嗣
   所属   東邦大学  理学部 生命圏環境科学科
   職種   教授
    (最終更新日:2017-11-16 20:24:58)
■ 刊行論文
1. 原著  アサリと食害外来巻貝の地震後の生息状況-外来生物は絶滅したのか? 2014/12
2. 原著  Swimming behavior of the spoon worm Urechis unicinctus (Annelida Echiura) 2014/06
3. 原著  貝殻に刻まれた地震・津波の痕跡 2014/01
4. 原著  Polydorid species (Polychaeta, Spionidae) associated with commercially important mollusk shells from eastern China 2013/08
5. 原著  First finding of the neustonic barnacle Lepas pectinata and nudibranch Fiona pinnata in the deep sea 2013/08
6. 原著  東北地方太平洋沖地震の二枚貝への影響―震災から1年半後の現状と今後の展望 2013/02
7. 原著  東北地方太平洋沖地震が沿岸に生息する生物に与えた影響 2012/06
8. 原著  外来巻貝サキグロタマツメタのアサリに対する捕食 2012/09
9. 原著  Polydorid species (Polychaeta, Spionidae) associated with commercially important mollusk shells in Korean waters 2012/04
10. 原著  外来性巻貝サキグロタマツメタの松川浦における移入および分布 2011/11
全件表示(28件)
■ 著書
1. 部分執筆  Impact of repeating massive earthquakes on intertidal mollusk community in Japan, Marine Productivity: Disturbance and Resilience of Coastal Socio-Ecosystems 2015/04
2. 部分執筆  Harmful Shell Borers, Polydora Species (Polychaeta: Spionidae), from Commercially Important Mollusk Shells in East Asia and Australia, Marine Productivity: Disturbance and Resilience of Coastal Socio-Ecosystems 2015/04
3. 部分執筆  Spionid polychaetes expanded their distribution by accompanying oyster shells during transportation, Oysters Biology, Consumption and Ecological Importance 2014/01
4. 部分執筆  地震・津波が沿岸に生息する生物に与える影響「災害と生物多様性 災害から学ぶ、私たちの社会と未来」 2012/02
5. 編集・監修  「海のブラックバス サキグロタマツメタ 外来生物の生物学と水産学」 2011/02
6. 部分執筆  15章 水産物による導入の特徴-水産物移動に伴う外来種の移入「海の外来生物―人間によって攪乱された地球の海」 2009/10
7. 部分執筆  コラム⑧ 潮干狩りの危機 アサリ採り3000年の歴史を絶やしてはならない「海の外来生物 人間によって攪乱された地球の海」 2009/10
8. 編集・監修  「海のミネラル学―生物との関わりと利用」 2007/04
9. 部分執筆  微量元素を用いたカキの産地判別と新しいカキ生産システムの構築「水産物の原料・産地判別」 2006/03
10. 部分執筆  マイクロサテライトDNAを用いたマガキの集団解析「水産物の原料・産地判別」 2006/03
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. UNCOVERING THE HIDDEN DIVERSITY OF EUDENDRIUM (CNIDARIA,HYDROZOA) IN JAPAN IN SEARCH OF KEY HYDROIDS FOR A REEF-DWELLING AEOLID, PTERAEOLIDIA IANTHINA (MOLLUSCA, GASTROPODA) (ポスター,一般) 2015/06/25
2. Four-year investigations into Asari clam and molluscan community in tidal flats
after the 2011 Tohoku earthquake (ポスター) 2015/06/01
3. Effect of alien predator Euspira fortunei on the distribution and abundance of Asari clam after the 2011 Tohoku earthquake and tsunami (ポスター) 2015/06/01
4. Asari clam lived in new intertidal flat after subsidence of the 2011 Tohoku earthquake (ポスター) 2015/06/01
5. 干潟域の二枚貝および外来巻貝の個体群動態 (口頭発表) 2015/06/05
6. 地震・津波によるサキグロタマツメタの貝殻への影響とその後の成長 (ポスター) 2015/06/06
7. 万石浦に新たに形成された潮間帯への生物の進出 (ポスター) 2015/06/06
8. 3.11地震・津波から4年-回復する沿岸域の貝類群集に対する人為的影響 (口頭発表,一般) 2015/05/24
9. 地震・津波によるサキグロタマツメタの貝殻への影響とその後 (口頭発表,一般) 2015/05/24
10. 形成4年目の潮間帯への貝類の進出状況 (口頭発表,一般) 2015/05/24
全件表示(83件)
■ 学歴
1. 1985/04~1988/03 東北大学 農学系研究科 博士課程修了 農学博士
■ 職歴
1. 2005/04~2010/08 石巻専修大学 理工学部生物生産工学科 教授
2. 2010/09~2012/03 東邦大学 理学部 生命圏環境科学科 教授
3. 2011/04~2013/03 石巻専修大学 客員教授
4. 2012/04~ 東邦大学 理学部 生命圏環境科学科 教授
5. 2015/05~ 東京大学 海洋アライアンス海洋教育促進研究センター 連携研究員
■ 現在の専門分野
水産学一般, 生態・環境 (キーワード:沿岸環境保全、外来生物、バイオミネラリゼーション、水産増養殖、深海生物、南極) 
■ 科研費研究者番号
60201969
■ ホームページ
   http://www.env.sci.toho-u.ac.jp/lab/okoshi_lab/okoshi_lab_index.html
■ 所属学会
1. 1985~ 日本水産学会
2. 2001~2004 ∟ 企画広報委員
3. 1986~ 日本貝類学会
4. 2001~ ∟ 評議員
5. 2013/04~ ∟ 会長
6. 2014/04 ∟ 編集委員長
7. 1989~ 日本放射光学会
8. 1990~ 日本アイソトープ協会
9. 1993~ マリンバイオテクノロジー学会
10. 1996~ 日本ベントス学会
全件表示(12件)
■ 受賞学術賞
1. 1999 ポスター発表優秀賞(日本バイオテクノロジー学会)
2. 2005 日本水産学会東北支部長賞