東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  イケダ タカノリ   Ikeda Takanori
  池田 隆德
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   教授
    (最終更新日:2017-11-22 12:10:48)
■ 刊行論文
1. 総説  Assessment of a novel transdermal selective β1-blocker, the bisoprolol patch, for treating frequent premature ventricular contractions in patients without structural heart disease. 2017/09
2. 総説  リスク評価―特殊心電学的診断法, 画像診断によるあらたな知見。 2017/08
3. 総説  安全で確実な不整脈治療:Ⅰ群抗不整脈薬。 2017/08
4. 総説  特集 やさしく考える抗血栓薬・止血薬:心房細動の一次予防と二次予防。 2017/08
5. 総説  不整脈診療における長時間心電図・負荷心電図・特殊心電図の活用法。 2017/08
6. 原著  Efficacy and safety of triple therapy and dual therapy with direct oral anticoagulants compared to warfarin. 2017/07
7. 総説  Simulation ofventricular rate control during atrial fibrillation using ionic channel blockers. 2017/07
8. 総説  私の一冊。 2017/06
9. 総説  心房細動患者に対する脳梗塞予防の新たな選択肢―RCTとReal World Dataの有効活用―。 2017/06
10. 総説  RCTと実臨床の結果は一貫しているのか?―リアルワールドデータから考えるアピキサバンの有用性―。 2017/05
全件表示(744件)
■ 著書
1. 部分執筆  失神発作を認める70歳代後半女性。「New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 循環器疾患」 2017/10
2. 部分執筆  頻脈性不整脈。「内科学」 2017/06
3. 編集・監修  はじめに。「CIRCULATION Up-to-Date Books17超実践的!抗凝固薬の使い方」 2017/04
4. 編集・監修  今、なぜ抗凝固薬が注目されているのか。「CIRCULATION Up-to-Date Books17超実践的!抗凝固薬の使い方」 2017/04
5. 編集・監修  心電図検査の基本と活用法:心電図の原理。「循環器ジャーナル」 2017/04
6. 編集・監修  心電図診断スキルアップ:Editorial。「循環器ジャーナル」 2017/04
7. 部分執筆  突然死のリスク同定検査を識る。「別冊・医学のあゆみ:不整脈を科学する」 2017/01
8. 部分執筆  PT-INRの値がふらつく要因は?どう対応すればよい?「抗血小板療法 エキスパートの“勘どころ”」 2016/12
9. 部分執筆  非侵襲的リスク評価法。「心室頻拍のすべて」 2016/11
10. 編集・監修  オールインワン不整脈治療 はじめに。「ハートナーシング2016年秋季増刊」 2016/10
全件表示(229件)
■ 学会発表
1. 心臓突然死の話題:内科医として知っておくべきことは。 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/10/09
2. 冠疾患患者におけるPCSK9阻害薬による積極的脂質降下療法。 (口頭発表,一般) 2017/10/01
3. 循環管理における静注用抗不整脈薬の使い方。 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/10/01
4. 長時間バルーン拡張を行うことで高リスクの冠動脈ステント留置術を回避し得た1例。 (口頭発表,一般) 2017/10/01
5. 日本人非弁膜症性心房細動患者におけるワルファリンからアピキサバンへの切り替え後の患者満足度の改善について。 (口頭発表,一般) 2017/10/01
6. ST上昇型心筋梗塞患者において、左室拡張末期圧の測定がGRACEスコアを改善させる。 (ポスター,一般) 2017/09/29
7. 実臨床下におけるワルファリン服用非弁膜症性心房細動患者の臨床的特徴およびワルファリン処方理由の調査。 (ポスター,一般) 2017/09/29
8. 収縮能の維持された心不全例(HFpEF)におけるazelnidipineの有効性。 (ポスター,一般) 2017/09/29
9. 心電図自動診断の精度評価ならびに有用性向上に関する研究‐第1報。 (口頭発表,一般) 2017/09/29
10. リアルワールドエビデンスに基づく抗凝固薬の使用。 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/09/16