東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナカノ ヒロヤス   Nakano Hiroyasu
  中野 裕康
   所属   東邦大学  医学部 医学科
    東邦大学  医学部 医学科
   職種   教授
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  Depletion of myeloid cells exacerbates hepatitis and induces an aberrant increase in histone H3 in mouse serum 2017/01
2. 原著  Critical contribution of NRF2 to an electrophile-induced interleukin-11 production 2017/01
3. 原著  The adaptor TRAF5 limits the differentiation of inflammatory CD4(+) T cells by antagonizing signaling via the receptor for IL-6 2014/05
4. 原著  Antibody against chromatin assembly factor-1 is a novel autoantibody specifically recognized in systemic lupus erythematosus 2014/09
5. 原著  Short form FLICE-inhibitory protein promotes TNFalpha-induced necroptosis in fibroblasts derived from CFLARs transgenic mice 2016/11
6. 総説  Cellular FLICE-inhibitory protein regulates tissue homeostasis 2017/04
7. 原著  HTLV-1 Tax Induces Formation of the Active Macromolecular IKK Complex by Generating Lys63- and Met1-Linked Hybrid Polyubiquitin Chains. 2017/01
8. 総説  Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (3rd edition) 2016/01
9. 総説  FLIP the Switch: Regulation of Apoptosis and Necroptosis by cFLIP. 2015/12
10. 総説  ネクロプトーシスによる生体応答制御機構 2015/05
全件表示(45件)
■ 著書
1. 部分執筆  Apoptotic and Non-apoptotic cell death, Current Topics in Microbiology and Immunology 2017/04
2. 部分執筆  酸化ストレスによる生体の恒常性維持機構「活性酸素・ガス状分子による恒常性制御と疾患」 2012/11
3. 部分執筆  ROSによる細胞死および生体反応の調節「細胞死研究 総集編」 2010/04
■ 学会発表
1. 肝細胞死亢進マウスモデルを用いた肝再生や炎症制御のメカニズムの解明 (口頭発表,特別・招待講演等) 2016/09/25
2. 皮膚の恒常性維持におけるcFLIPの役割 (口頭発表) 2014/07/18
3. cFLIPによる生と死の運命決定機構 (口頭発表,特別・招待講演等) 2014/09/05
4. アポトーシス細胞は腸内細菌非依存的にReg3βを産生し腸管の恒常性を維持する (口頭発表) 2019/09/26
5. 肝特異的cFLIP低発現マウスを用いた肝障害モデルの解析 (口頭発表,一般) 2017/07/25
6. Ⅱ型肺胞上皮細胞障害の障害と再生に関する解析 (ポスター,一般) 2017/07/24
7. cFLIPはTNFR1依存的な致死的皮膚炎とTNFR1非依存的な表皮分化障害を防ぐ (ポスター,一般) 2017/07/24
8. RORγt陽性細胞はRIPK3およびMLKL依存性に小腸炎を誘導する (ポスター,一般) 2017/07/24
9. SMARTによるネクロプトーシス進行の継時的解析 (ポスター,一般) 2017/07/24
10. 腸上皮特異的cFLIP欠損マウスで見られるTNFR1非依存性腸炎の発症メカニズムの解析 (ポスター,一般) 2017/07/24
全件表示(76件)
■ 学歴
1. 1991/04~1995/03 千葉大学大学院医学研究科 医学研究科 遺伝子制御学 博士課程修了 医学博士
■ 職歴
1. 2007/04~2014/03 順天堂大学大学院医学研究科 免疫学 助教授・准教授
2. 2014/04~2014/11 東邦大学 医学部 医学科 教授
3. 2014/12~ 東邦大学 医学部 医学科 教授
■ 現在の専門分野
細胞死, 炎症, 酸化ストレス, TNF, NF-kB (キーワード:細胞死、炎症、酸化ストレス、TNF、NF-kB) 
■ 科研費研究者番号
70276476
■ ホームページ
   東邦大学生化学講座ホームページ
   http://www.med.toho-u.ac.jp/lab/lab_biochemi
■ 所属学会
1. 1990/04~ 日本免疫学会
2. 2003/01~ ∟ 評議委員
3. 2008/06~2009/05 ∟ 第3回日本免疫学会後援「免疫ふしぎ未来」実行委員長
4. 2008/10~2010/09 ∟ 広報委員会委員
5. 2010/10~2012/09 ∟ 科学コミュニケーション委員会委員
6. 1992/04~ 日本がん学会
7. 1994/04~ 日本分子生物学会
8. 2002/04~ American Society for Biochemistry and Molecular Biology
9. 2003/04~ 日本生化学会
10. 2012/04~ ∟ 代議員
全件表示(12件)
■ 受賞学術賞
1. 1996/06 いのはな同窓会学術賞
2. 2001/03 Young Investigators' Grant Award
3. 2008/11 日本医師会医学研究奨励賞
■ 取得特許
1. 1997/02/24 TRAFファミリー分子、その分子をコードするポリヌクレオチドおよびその分子 に対する抗体(特願平09-529995)
2. TRAF5ノックアウトマウス(特許第3730804号)
■ その他
2007.7 - 2012.9 Editorial board member, Journal of Biological Chemistry
2011 – 現在   Senior Editorial Board member, International Journal of Biochemistry
and Molecular Biology
2012 – 現在 Editorial Board Member, PLoS ONE
2012.12-現在  Editorial Board Member, ISRN Oxidative Medicine
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2011/03  NF-κB関連分子を標的とした免疫アレルギー疾患の制御 基盤研究(C) (キーワード:TRAF2, NF-kB, 炎症性腸炎、TNFa、IL-6)
2. 2008/04~2010/03  オートファジーを標的とした免疫アレルギー疾患の制御  (キーワード:オートファジー、アレルギー、マスト細胞、脱顆粒、LC3)
3. 2008/04~2011/03  リンパ球表面分子および細胞内シグナル伝達分子を標的とした免疫アレルギー疾患の制御 基盤研究(B) (キーワード:Tim-3、樹状細胞、アポトーシス、貪食、クロスプレゼンテーション)
4. 2008/04~2011/03  癌細胞死の誘導と免疫活性化による新規癌治療の開発 基盤研究(C) 
5. 2008/04~2010/03  免疫による癌拒絶局所での分子機構の解析 特定領域研究 
6. 2009/04~2011/03  新たな酸化ストレス依存性経路の同定 新学術領域(公募研究) (キーワード:酸化ストレス、アポトーシス、イメージング、肝炎、トランスジェニックマウス)
7. 2009/04~2010/03  新たな酸化ストレス依存性経路の同定  (キーワード:酸化ストレス、代償性増殖、MAPキナーゼ、)
8. 2011/04~2012/03  細胞死に伴う炎症制御のための基盤的研究  (キーワード:アポトーシス、食細胞、貪食、炎症、再生)
9. 2011/04~2013/03  新たな酸化ストレス依存性経路の同定 新学術領域(公募研究) (キーワード:酸化ストレス、アポトーシス、イメージング、肝炎、トランスジェニックマウス)
10. 2011/04~2013/03  慢性炎症解除のための標的分子および細胞の探索 挑戦的萌芽研究 (キーワード:慢性炎症、腸炎、MDSC、TRAF2、IL-10)
全件表示(25件)