東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  タカハシ ヒロシ   Takahashi Hiroshi
  高橋 宏
   所属   東邦大学  医学部 医学科(佐倉病院)
   職種   講師
    (最終更新日:2017-10-06 19:36:22)
■ 刊行論文
1. 原著  Radiographic progression of large joint damage in patients with rheumatoid arthritis treated with biological disease-modifying anti-rheumatic drugs. 2015/12
2. 原著  Granulocyte colony-stimulating factor attenuates spinal cord injury-induced mechanical allodynia in adult rats 2015/08
3. 原著  Influence of pelvic incidence-lumbar lordosis mismatch on surgical outcomes of short-segment transforaminal lumbar interbody fusion. 2015/08
4. 原著  Transplanted Peripheral Blood Stem Cells Mobilized by Granulocyte Colony-Stimulating Factor Promoted Hindlimb Functional Recovery After Spinal Cord Injury in Mice. 2015/05
5. 原著  Response to 'Increase of nerve growth factor levels in the human herniated intervertebral disc: can annular rupture trigger discogenic back pain?' - authors' reply. 2015/04
6. 原著  育成年代トップレベルのサッカー選手における年代別傷害発生状況の検討 2015/04
7. 症例報告  骨端線閉鎖前の習慣性膝蓋骨脱臼に対して外科的治療を行った1例 2015/04
8. 原著  Phosphorylated neurofilament subunit NF-H becomes elevated in the cerebrospinal fluid of patients with acutely worsening symptoms of compression myelopathy. 2014/12
9. 原著  育成世代トップレベルのサッカー選手における年代別傷害発生状況の検討 2014/12
10. 原著  Identification of clinical parameters associated with serum oxidative stress in patients with rheumatoid arthritis. 2014/11
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者における大関節破壊進行の実態とその危険因子 (口頭発表,一般) 2016/05/15
2. 腰椎椎間板ヘルニアにおける腰痛の性状、局在と手術による変化、遺残腰痛の性状についての検討-状況別詳細VASを用いて- (ポスター,一般) 2016/05/14
3. 圧迫性脊髄症急性増悪期における神経細胞への障害様式-臨床髄液検体の解析- (口頭発表,一般) 2016/05/12
4. 解剖学的二重束前十字靭帯再建術における大腿骨孔作製法の違いによる移植腱の成熟への影響の検討 (ポスター,一般) 2016/05/12
5. 脊椎変性疾患における臨床髄液検体の解析 ~脊髄障害、馬尾神経根障害における神経細胞への障害様式の違いは?~ (ポスター,一般) 2016/04/14
6. ロッキング症状を呈した外側半月板骨化症の1例 (口頭発表,一般) 2016/03/26
7. 化膿性膝関節炎に対する関節鏡視下滑膜切除術の治療成績 (口頭発表,一般) 2016/03/26
8. 神経症状を初発として乳癌と判明した転移性馬尾腫瘍の1例 (口頭発表,一般) 2016/03/26
9. 当院における陳旧性の内側側副靱帯3度損傷を合併した前十字靭帯損傷に対する前十字靭帯再建術内側側副靱帯修復術の治療成績 (口頭発表,一般) 2016/03/26
10. Expression of tumor necrosis factor-α is associated with interferon-γ but not with interleukin-17 in the rheumatoid synovium (ポスター,一般) 2016/03/06
全件表示(172件)
■ 職歴
1. 2012/04~2014/11 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 助教
■ 受賞学術賞
1. 2012/04 3rd Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section Best Poster Award, 2012.
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2019/03  脊椎変性疾患における鑑別診断、神経学的予後予測に有用な血清中バイオマーカーの探索 若手研究(B)