東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 理学部 化学科 分析化学教室
 Analytical Chemistry Laboratory

教授:
  平山 直紀
講師:
  森田 耕太郎
■ 概要
平山直紀:新規物質分離系の構築を指向した化学平衡に基づく分析化学・溶液化学基礎研究
各種の新規分析機器の開発により、さまざまな対象における高性能物質計測が可能になってきているが、それらの機器性能を有効に活用するには、前処理技術としての物質分離が欠かせない。また、分析化学以外の化学の各分野においても、素材開発などの面での分離・精製技術は重要である。そこで、新しい物質分離系の構築を指向する立場から、化学平衡をベースとする以下のような分析化学および溶液化学的基礎研究を展開している。
1.機能性溶媒であるイオン液体の物質分離場としての利用可能性を探る基礎研究
2.金属イオンの高選択性認識試薬の設計開発とその機能評価
3.液体クロマトグラフィーにおける新たな複合的分離場の創成と分離機能制御
森田耕太郎:電極溶液界面やナノ粒子表面を利用した分析方法の開発
溶液内平衡に基づいた分析化学反応では、均試料中の溶液条件と平衡定数によって定量や解析を実現しています。これに対して、固液界面や粒子表面に吸着した分子は均一な溶液中とは異なる性質を示すことが知られています。表界面における化学反応に着目することで、フラスコ内とは異なる特異的な反応が進むと期待されます。表界面を構築する素材として炭素電極とカーボンナノドットに着目して、表界面の化学修飾や界面反応を利用した生体関連物質やイオンの化学分析と検出手法の開発に取り組んでいます。
1.アリールラジカル反応による炭素電極の化学修飾
2.カーボンナノドットの合成と発光特性の評価
3.表界面を特異反応場とした物質やイオンのセンシング
■ Keywords
分離, 溶媒抽出, イオン液体, 金属イオン, 物質認識, 液体クロマトグラフィー, 分離場, 検出, 電気化学計測, 化学修飾電極, グラッシーカーボン, 分光分析, カーボンナノドット, 発光
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  平山直紀 :日本分析化学会広報副委員長・"Analytical Sciences"誌編集アドバイザー, 日本イオン交換学会常任理事・学会誌編集委員長,日本溶媒抽出学会論文誌編集委員, 日本化学会代議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















平山 直紀   教授
 1             
 15
 1
 4
 
 
森田 耕太郎   講師
              1
 14
 
 4
 
 
 1 0  0 0  0  1
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 平山直紀:  金属イオン分離材としてのイオン液体の機能解析.  日本イオン交換学会誌  28 (2) :37 -44 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎戸井田美月, 森田耕太郎, 平山直紀: イオン液体三相系を用いるFe(II)とFe(III)の分別抽出系の構築.  第33回日本イオン交換研究発表会,  甲府,  2017/10
2. ◎江口綾乃, 岡村浩之, 杉田 剛, 上田祐生, 森田耕太郎, 下条晃司郎, 長縄弘親, 平山直紀: 構成アニオンの異なる各種イオン液体への3価ランタノイドの抽出.  第33回日本イオン交換研究発表会,  甲府,  2017/10
3. ◎山田佳林, 森田耕太郎, 平山直紀: パーフルオロアルキル基を有するβ-ジケトンのイオン液体キレート抽出における抽出特性.  第33回日本イオン交換研究発表会,  甲府,  2017/10
4. ◎須田藍佳, 森田耕太郎, 平山直紀: イオン液体支持液膜法における亜鉛チオシアナト錯体の輸送機構の解析.  第33回日本イオン交換研究発表会,  甲府,  2017/10
5. ◎中川知子, 森田耕太郎, 平山直紀: イオン液体アニオン交換抽出に及ぼすイミダゾリウム溶媒カチオン混合の効果.  第33回日本イオン交換研究発表会,  甲府,  2017/10
6. ◎津崎 航, 森田耕太郎,平山直紀: 1-(2-ピリジルアゾ)-2-ナフトールを用いる3価ランタノイドイオンのイオン液体キレート抽出.  第33回日本イオン交換研究発表会,  甲府,  2017/10
7. ◎森田耕太郎, 来栖秀聖, 平山直紀: アミノ酸類の電気炉加熱分解により合成したカーボンナノドットの発光特性.  日本分析化学会第66年会,  東京都,  2017/09
8. ◎山田佳林, 江口綾乃, 森田耕太郎, 平山直紀: Htta及びその類縁体を用いたイオン液体キレート抽出におけるアニオン性化学種抽出の機構.  日本分析化学会第66年会,  東京都,  2017/09
9. ◎中川知子, 森田耕太郎, 平山直紀: 低疎水性イオン液体添加によるイオン液体アニオン交換抽出の制御.  日本分析化学会第66年会,  東京都,  2017/09
10. ◎津崎 航, 森田耕太郎, 平山直紀: 1-(2-ピリジルアゾ)-2-ナフトールを用いる多価金属イオンのイオン液体キレート抽出.  日本分析化学会第66年会,  東京都,  2017/09
11. ◎江口綾乃, 森田耕太郎, 岡村浩之, 平山直紀: 2-メルカプトピリジンN-オキシドによるイオン液体への3価金属イオンの抽出挙動.  平成29年度日本分析化学会関東支部若手交流会,  那須塩原,  2017/07
12. ◎戸井田美月, 森田耕太郎, 平山直紀: TOPOによるFe(III)のシクロヘキサン/水/イオン液体三相系抽出挙動.  第77回分析化学討論会,  京都,  2017/05
13. ◎山田佳林, 江口綾乃, 森田耕太郎, 平山直紀: イオン液体キレート抽出におけるアニオン性抽出種の安定化に及ぼす抽出剤フルオロアルキル基の寄与.  第77回分析化学討論会,  京都,  2017/05
14. ◎須田藍佳, 森田耕太郎, 平山直紀: イオン液体支持液膜法による亜鉛‐チオシアナト錯体の輸送挙動.  第77回分析化学討論会,  京都,  2017/05
15. ◎中川知子, 森田耕太郎, 平山直紀: カチオン混合イオン液体へのアニオン性錯体のイオン交換抽出挙動.  第77回分析化学討論会,  京都,  2017/05
国際学会
1. Asano N, Morita K, ◎Hirayama N: Anomalously suppressed ion-exchange extraction behavior of Ni(II) into ionic liquids with using N,N,N',N'-tetrakis(2-pyridylmethyl)ethylenediamine as a neutral chelator.  The 21st International Solvent Extraction Conference,  Miyazaki, Japan,  2017/11
2. ◎Eguchi A, Morita K, Okamura H, Hirayama N: Effect of chelating agent on ionic liquid chelate extraction of trivalent metals using bidentate ligands.  The 21st International Solvent Extraction Conference,  Miyazaki, Japan,  2017/11
3. ◎Okamura H, Mizuno M, Hirayama N, Shimojo K, Naganawa H, Imura H: Synergistic ionic-liquid extraction for the selective separation of lanthanoids(III).  The 21st International Solvent Extraction Conference,  Miyazaki, Japan,  2017/11
4. ◎Eguchi A, Morita K, Hirayama N: Extraction behavior of trivalent metals in ionic liquid chelate extraction using bidentate ligands.  Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2017,  Chiba, Japan,  2017/09
5. ◎Yabe S, Morita K, Hirayama N: Microwave-assisted synthesis and photoluminescent properties of boron-doped carbon nanodots from mixed precursors.  Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2017,  Chiba, Japan,  2017/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者