東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 英語教室
 Department of English

教授:
  畠田 豊文
准教授:
  大澤 舞
■ 概要
【畠田豊文】
 1) 主にシェイクスピアの「史劇」「悲劇」[ロマンス劇]を中心に,台詞による個性的人物描写と劇構造,つまり劇詩と劇構造の
   パラダイムを研究中。また台詞に見る,いわゆるTheatrical Convention「劇慣習」の研究も行っている。現在,「ハムレッ
   ト」の歴史的評価に対して台詞と劇構造の点から新たな切り口を模索している。
 2) 高校,大学の英語教育における効果的な言語材料の提示と言語習得の関連性について研究中。
   現在,文部科学省検定教科書(高校英語)執筆中。
 3) 英語和英大辞典執筆中 。
 4) 『ハムレット』の「独白」に関する論文執筆中。

【大澤 舞】
1) 英語の 語用論的動機付けを必要とする構文(i.e. 単独では容認されないが、ある適切な文脈においては容認されるような構文)を研究対象としている。所与の構文が、本来、単独で認可されるために満たすべき意味・統語的制約を文内の情報からは満たせないため、非文法的になるという事実と、文脈内で容認されるという場合を同一視座から捉え、語用論的一般化を提案し、その妥当性を検証
2) 破格構文(一般に「非文」や「誤用」とされる非規範的な構文)の記述的研究
3) 日本語の新用法と呼ばれる構文や日英語の周辺的な現象の語用論的・機能論的分析
■ Keywords
畠田豊文】シェイクスピア, 劇慣習, 独白, 狂気,フール,超自然的存在,言語材料, 【大澤 舞】語用論, 破格構文, 日英対照研究
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究(B)  (研究課題番号:16K16857)
 研究課題:日英語の中核的現象と周辺的現象が示す相関に関する意味・語用論的研究  (研究代表者:大澤 舞)
 研究補助金:500000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















畠田 豊文   教授
              
 
 
 
 
 
大澤 舞   准教授
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会