東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 公衆衛生学教室
 Department of Environmental Hygiene

教授:
  根本 清光
講師:
  菅野 裕一朗
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















菅野 裕一朗   講師
    1          
 3
(2)
 
 
 1
(1)
 1
(1)
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yamashita N, Saito N, Zhao S, Terai K, Hiruta N, Park Y, Bujo H, Nemoto K, Kanno Y.:  Heregulin-induced cell migration is promoted by aryl hydrocarbon receptor in HER2-overexpressing breast cancer cells.  Experimental cell research  S0014-4827 (18) :30116 -2 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 五郎丸(新海)美智子, 清水真紀, 黒田潤, 西口慶一, 菅野裕一郎: 放射薬品学実習教材について.  第138回 日本薬学会 年次学術集会,  金沢 日本,  2018/03
2. ◎山下直哉,齋藤菜緒,趙 帥,寺井謙介,蛭田啓之,武城英明,根本清光,菅野裕一朗: 芳香族炭化水素受容体は乳がん細胞におけるドキソルビシン感受性を制御する.  日本薬学会第138年会,  金沢,  2018/03
3. ◎山下直哉,齋藤菜緒,趙 帥,寺井謙介,蛭田啓之,武城英明,根本清光,菅野裕一朗: HeregulinによるAhRを介したHER2過剰発現乳がん細胞の増殖・遊走機構.  フォーラム2017衛生薬学・環境トキコロジー,  仙台,  2017/09
その他
1. ◎山下直哉,齋藤菜緒,根本清光,寺井謙介,蛭田啓之,武城英明,菅野裕一朗: HER2 過剰発現乳がんにおける芳香族炭化水素受容体(AhR)の役割.  4学部合同学術集会,  佐倉,  2018/03
2. ◎菅野裕一朗,山下直哉,齋藤菜緒,根本清光,寺井謙介,蛭田啓之,武城英明: 乳がんにおける芳香族炭化水素受容体の役割とその分子標的としての評価.  4学部合同学術集会,  佐倉,  2018/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者