東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 薬学部 薬理学教室
 Department of Chemical Pharmacology

教授:
  田中 芳夫
講師:
  八巻 史子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 芳夫   教授
    5          
 1
 
 
 
 
小原 圭将   助教
   4 1          1
 
 
 
 1
 
 0 4  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Obara K, Chino D, Tanaka Y:  Long-lasting inhibitory effects of distigmine on recombinant human acetylcholinesterase activity.  Biological and Pharmaceutical Bulletin  40 (10) :1739 -1746 , 2017
2. Obara K, Chino D, Tanaka Y:  Distigmine bromide produces sustained potentiation of guinea-pig urinary bladder motility by inhibiting cholinesterase activity.  Biological and Pharmaceutical Bulletin  40 (6) :807 -814 , 2017
3. Obara K, Ogawa T, Chino D, Tanaka Y:  The long-lasting enhancing effect of distigmine on acetylcholine-induced contraction of guinea pig detrusor smooth muscle correlates with its anticholinesterase activity.  Biological and Pharmaceutical Bulletin  40 (7) :1092 -1100 , 2017
4. Obara K, Kobayashi Y, Chino D, Tanaka Y:  Effect of distigmine on the contractile response of guinea pig urinary bladder to electrical field stimulation.  European journal of pharmacology  809 :209 -214 , 2017
5. Chino D, Naramatsu M, Obara K, Tanaka Y:  Clonidine inhibits phenylephrine-induced contraction of rat thoracic aortae by competitive antagonism of α1-adrenoceptors independent of α2-adrenoceptor stimulation.  Pharmacology & Pharmacy  8 (5) :172 -188 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小原圭将, 田中芳夫: 遺伝子組み換え型ヒトアセチルコリンエステラーゼ(rhAChE)活性阻害効果を指標としたジスチグミン臭化物の長時間に亘る膀胱運動増強効果の機序に関する検討.  第59回日本平滑筋学会総会,  福岡県福岡市(福岡大学図書館・多目的ホール),  2017/08
その他
1. ◎小原圭将: ジスチグミンによる長時間持続性の排尿時膀胱内圧の増加効果とその機序:全動物(whole animal)を用いた検討からリコンビナント酵素を用いた検証まで.  第1回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者