東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 臨床検査医学研究室(佐倉)
 Department of Laboratory Medicine (Sakura)

教授:
  武城 英明
■ 概要
臨床検査医学
臨床検査医学研究室(佐倉)は、佐倉病院のそれぞれの診療科に受診された患者さんが担当医師による診療で必要となる血液や尿の生化学検査などを一括して検査する中央部門として、最善の医療を行うための基盤となる教育・研究活動を行っている。学生教育では、検体検査を通じて医学部学生やレジデント医師に最新の臨床検査医学の進歩と倫理的課題、また、検査から見た臨床医学全般を理解する場を提供する。さらに、東邦大学理学部学生に職業として臨床検査技師を目指す志と素養を高める実習経験を提供する場を提供している。卒後教育では、専門家として個々の力をつねに継続して伸ばす努力と、医療人として患者さんの治療をつねに意識して協調性とリーダーシップを併せ持つ人間性を育む教育環境を提供する。研究活動は、日常の業務と密接に関わる研究課題を設定し、指導する上級技師や教育研究者のもとで、我が国の臨床医学の発展にその成果が貢献すべく学会発表や論文発表を行っている。佐倉病院研究開発部門や検査センターの他部門、それぞれの診療科、学内の他の学部研究室さらに国内外の研究施設と共同体制を構築し客観的で評価される研究を心がけている。個々の教室員の目標として学位および専門技術認定を位置づける。大学内外の研究室交流や地域貢献、国の研究班活動に参加することで、医療者、医学研究者として、共同作業や地域医療、政策研究の重要性を学ぶ機会を提供している。
主な研究課題
1)病因細胞を検出する新規の細胞分子・バイオマーカーの開発
2)アルツハイマー病など神経病の臨床検査学的な病態解明
3)悪性リンパ師など血液疾患の治療病態に関わる検査診断の確立
4)難治性血管病へ平滑筋細胞を標的にした新規治療法の基盤研究
5)糖尿病、肥満症の次世代治療を探索する基礎研究

平成27年度の学部外共同研究研究室(各研究課題は業績参照)
東邦大学理学部研究室、千葉大学医学部血液内科、埼玉医大医療センター病理学、順天堂大学循環器内科、ウィーン大学バイオセンター、ケンブリッジ大学代謝センター、オランダエラスムス病院内科、アムステルダムメディカルセンター血管内科、ミュンヘン工科大学病院神経内科、ワシントン大学セントルイス校神経内科
■ Keywords
臨床検査, 臨床検査技師教育, バイオマーカー, 共同研究推進
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金基盤研究 (B)
 研究課題:可溶性受容体LR11による褐色脂肪細胞トランスディファレンシエーションの分子解明  (研究代表者:武城 英明)
 研究補助金:300000円  (代表)
2.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業
 研究課題:家族性LCAT欠損症患者に対する細胞加工医薬品「LCAT遺伝子導入ヒト前脂肪細胞」の早期実用化にむけた非臨床試験  (研究代表者:武城 英明)
 研究補助金:8759000円  (代表)
3.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業
 研究課題:原発性高脂血症に関する調査研究  (研究分担者:武城 英明)
 研究補助金:300000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  武城 英明 :日本動脈硬化学会(評議員・幹事), 日本肥満学会(評議員), 臨床栄養学会(評議員), 日本臨床化学会, 日本臨床検査医学会, 日本輸血細胞治療学会, 日本内科学会, 日本循環器学会, 日本糖尿病学会, 肥満治療学会, 内分泌学会, 日米医学協力計画委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















武城 英明   教授
  1  11   2       2
 8
 
 6
 
 1
 0 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 橋本りゅう也, 杉山哲也, 武城英明, 柴友明, 河井貴行, 村野武義, 堀裕一, 前野貴俊:  網膜硝子体疾患における血清・硝子体中抗酸化力の比較検討.  日本眼科学会雑誌  118 (8) :633 -639 , 2014
2. Shiba T, Takahashi M, Sato Y, Onoda Y, Hori Y, Sugiyama T, Bujo H, Maeno T.:  Relationship between Severity of Obstructive Sleep Apnea Syndrome and Retinal Nerve Fiber Layer Thickness.  American journal of ophthalmology  157 (6) :1202 -1208 , 2014
3. Shimizu N, Nakaseko C, Jiang M, Nishii K, Yokote K, Iseki T, Higashi M, Tamaru J, Schneider WJ, Bujo H:  G-CSF induces the release of the soluble form of LR11, a regulator of myeloid cell mobilization in bone marrow.  Annals of hematology  93 (7) :1111 -1122 , 2014
4. Kuroda M, Holleboom AG, Stroes ES, Asada S, Aoyagi Y, Kamata K, Yamashita S, Ishibashi S, Saito Y, Bujo H:  Lipoprotein subfractions highly associated with renal damage in familial LCAT deficiency.  Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology  34 (8) :1756 -1762 , 2014
5. Ogita M, Miyauchi K, Jiang M, Kasai T, Tsuboi S, Naito R, Konishi H, Dohi T, Yokoyama T, Okazaki S, Shimada K, Bujo H, Daida H.:  Circulating soluble LR11, a novel marker of smooth muscle cell proliferation, is enhanced after coronary stenting in response to vascular injury.  Atherosclerosis  237 (1) :374 -378 , 2014
6. Nagayama D, Ishihara N, Bujo H, Shirai K, Tatsuno I:  Effects of serotonin on expression of the LDL receptor family member LR11 and 7-ketocholesterol-induced apoptosis in human vascular smooth muscle cells.  Biochemical and biophysical research communications  18 (4) :906 -910 , 2014
7. Nohara A, Kobayashi J, Kawashiri MA, Tada H, Inazu A, Jiang M, Mabuchi H, Bujo H:  Clinical significance of measuring soluble LR11, a circulating marker of atherosclerosis and HbA1c in familial hypercholesterolemia.  Clinical biochemistry  47 (13-14) :1326 -1328 , 2014
8. Tsukamoto S, Takeuchi M, Kawaguchi T, Togasaki E, Yamazaki A, Sugita Y, Muto T, Sakai S, Takeda Y, Ohwada C, Sakaida E, Shimizu N, Nishii K, Jiang M, Yokote K, Bujo H, Nakaseko C:  Tetraspanin CD9 modulates ADAM17-mediated LR11 shedding in leukocytes.  Experimental & molecular medicine  46 (4) :e89 -e89 , 2014
9. Yoshida I, Shiba T, Taniguchi H, Takahashi M, Murano T, Hiruta N, Hori Y, Bujo H, Maeno T.:  Evaluation of plasma vascular endothelial growth factor levels after intravitreal injection of ranibizumab and aflibercept for exudative age-related macular degeneration.  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.  252 (9) :1483 -1489 , 2014
10. Ohwada C, Yamazaki A, Kawaguchi T, Sugita Y, Takeuchi M, Shimizu N, Sakaida E, Takeda Y, Tsukamoto S, Muto T, Jiang M, Higashi M, Yokote K, Tamaru JI, Bujo H, Nakaseko C.:  Serum soluble LR11, a novel tumor derived biomarker associated with the outcome of patients with diffuse large B-cell lymphoma.  Leukemia & lymphoma  11 :1 -4 , 2015
11. Kawaguchi T, Ohwada C, Takeuchi M, Shimizu N, Sakaida E, Takeda Y, Sakai S, Tsukamoto S, Yamazaki A, Sugita Y, Higashi M, Fujikawa K, Matsue K, Yokote K, Tamaru J, Bujo H, Nakaseko C:  Potential utility of serum soluble LR11 as a diagnostic biomarker for intravascular large B-cell lymphoma.  Leukemia & lymphoma  55 (10) :2391 -2394 , 2014
12. Rodriguez SN, Jiang M, Bujo H, Allen PM.:  Self-pMHCII complexes are variably expressed in the thymus and periphery independent of mRNA expression but dependent on the activation state of the APCs.  Molecular immunology  63 (5) :428 -436 , 2015
■ 著書
1. 武城英明(尾池雄一,佐々木雄彦,村上誠,矢作直也):  LDLRファミリーとLR11.  脂質代謝異常と関連疾患《上巻》疾患モデルの作成と利用  209-214.  株式会社エル・アイ・シー,  日本, 2015
2. 黒田正幸, 武城英明(寺内康夫,伊藤裕,石橋俊):  脂質異常症の遺伝子細胞治療-LCAT欠損症患者への新規治療法の開発-.  Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2015  128-132.  中外医学社,  日本, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎武城英明: メタボリックシンドローム・肥満症の対策と治療指針.  第15回動脈硬化教育フォーラム,  大阪,  2015/02
2. ◎伊藤翔子, 根間敏郎, 村野武義, 武城英明: グリコアルブミンとヘモグロビンAlcの乖離要因としてのeGFRの検査学的意義の検討.  第61回日本臨床検査医学会学術集会,  福岡,  2014/11
3. ◎村野武義, 山口崇, 沢田正二郎, 片桐秀樹, 蛭田啓之, 武城英明: リポ蛋白リパーゼ機能異常LPL243は基質修復により水解活性が改善する.  第61回日本臨床検査医学会学術集会,  福岡,  2014/11
4. ◎渡部俊之, 根間敏郎, 村野武義, 武城英明: 直接測定法によるLDLコレステロールが総コレステロールより高値となった症例.  第61回日本臨床検査医学会学術集会,  福岡,  2014/11
5. ◎寺井謙介, 河井貴行, 村野武義, 姜美子, 徳山宣, 蛭田啓之, 武城英明: 胆道癌及び膵癌で胆汁中sLR11は増加する.  第61回日本臨床検査医学会学術集会,  福岡,  2014/11
6. ◎佐藤俊哉, 村野武義, 武城英明, 北村真, 蛭田啓之, 池宮城慶寛, 太田康: 副鼻腔炎組織中IgE値は好酸球性副鼻腔炎の診断や重症度の評価に有用である.  第61回日本臨床検査医学会学術集会,  福岡,  2014/11
7. ◎武城英明: 脂肪細胞をもちいた遺伝子細胞治療.  第28回日本小児脂質研究会,  千葉,  2014/11
8. ◎古賀みどり, 川名秀俊, 岩下裕明, 金居理恵子, 鈴木和枝, 河井貴行, 浦野敦, 小川裕司, 治田寛之, 鮫田真理子, 齋木厚人, 龍野一郎: フォーミュラ食投与が難治性下腿潰瘍の改善に寄与した一例.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京,  2014/10
9. ◎浦野敦, 川名秀俊, 古賀みどり, 金居理恵子, 鈴木和枝, 治田寛之, 小川裕司, 河井貴行, 真坂亙, 龍野一郎: 卵巣がん患者へEPA強化栄養剤(プロシュア)を使用した一例.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京,  2014/10
10. ◎川名秀俊, 金居理恵子, 古賀みどり, 鈴木和枝, 浦野敦, 河井貴行, 治田寛之, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: Formula食の新しい使い方~褥瘡治療への応用とその効果の検討~.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京,  2014/10
11. ◎佐藤俊哉, 常石和瑚, 馬渕亮史, 増尾好則, 藤井悠, 黒木宣夫, 蛭田啓之, 武城英明: 血液解析によるストレス度調査について.  第7回佐倉病院学術集会,  東邦大学医療センター佐倉病院(千葉県佐倉市),  2014/09
12. ◎齋木 厚人, 村野 武義, 永山 大二, 白井 厚治, 龍野 一郎: プロブコールの投与で動脈硬化の進展を10年間抑制しえたCETP欠損症の1例.  第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京,  2014/07
13. ◎Tsuneishi W, Mabuchi A, Suzuki K, Sato T, Hiruta N, Kuroki N, Masuo Y: Stress-responsive biomarker candidates in human blood.  第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会 合同年会,  奈良県文化会館(奈良県奈良市),  2014/09
国際学会
1. ◎Shimizu N, Bujo H, Jiang M, Nishii K, Sakaida E, Ohwada C, Takeuchi M, Mimura N, Takeda Y, Tsukamoto S, Tomoya M, Tatsuno I, Nakaseko C: Soluble LR11, GCSF-induced Migration Regulator from Myeloid Cells, Is Highly Increased in Chronic Myeloid Leukemia.  The 56th Annual Meeting of the American Society of Hematology,  San Francisco,  2014/12
2. ◎Masayuki Kuroda, Adriaan G Holleboom, Erik S.G. Stroes, Sakiyo Asada, Yasuyuki Aoyagi, Kouju Kamata, Shizuya Yamashita, Shun Ishibashi, Yasushi Saito, Hideaki Bujo: Lipoprotein subfractions highly associated with renal damage in familial LCAT deficiency.  MSDA2014,  京都,  2014/09
3. ◎Meizi Jiang, Hiaki Bujo: LR11, a cell migration regulator, is a novel biomarker for pathological vascular intimal smooth muscle cells.  MSDA2014,  京都,  2014/09
4. ◎Murano T, Nagayama D, Saiki A, Tatsuno I, Shirai K, Bujo H: Apolipoprotein A-V Gly 185Cys is a possible risk factor for severe hypertriglyceridemia in patients with nomal circulating lipoprotein lipase protein concentrations.  MSDA2014,  京都,  2014/09
5. ◎Jiang M, Bujo H: Migration modulator LR11, an LDL receptor family member, is a novel target molecule for the detection and treatment of pathological vascular intimal smooth muscle cells.  第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京,  2014/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者