東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 外科学講座(佐倉)
 Department of Surgery (Sakura)

教授:
  岡住 慎一
  加藤 良二
  本村 昇
准教授:
  齋藤 綾
  長島 誠
講師:
  大城 崇司
  大城 充
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岡住 慎一   教授
 2             
 9
(3)
 
 1
 
 3
加藤 良二   教授
      1        
 6
(2)
 
 1
 
 3
本村 昇   教授
              2
(2)
 5
(5)
 
 
 
 
齋藤 綾   准教授
              1
(1)
 3
(3)
 
 
 
 
長島 誠   准教授
    2   1       1
 5
(2)
 1
 
 2
(2)
 3
大城 崇司   講師
              1
 5
(2)
 
 1
 
 2
大城 充   講師
              
 3
 
 
 
 
瓜田 祐   助教
              
 3
 
 1
 
 2
金澤 真作   助教
              
 3
 
 
 
 
川満 健太郎   助教
              
 6
(2)
 
 1
 
 2
北原 知晃   助教
              1
(1)
 4
(1)
 
 1
 
 2
佐藤 雄   助教
   1           3
(1)
 1
(1)
 1
 
 
 2
髙木 隆一   助教
              
 
 
 
 
 2
田中 宏   助教
              
 6
(2)
 
 1
 1
 1
森山 彩子   助教
              
 3
 
 1
 
 2
吉田 豊   助教
              1
 4
(2)
 
 1
 
 2
 2 1  1 0  0  10
(5)
 2
(0)
 3
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 岡住慎一:  本邦の肥満症に対する外科治療の目指すもの 肥満症治療学会データベース解析.  成人病と生活習慣病  46 (5) :550 -555 , 2017
2. Hata Y, Kiribayashi T, Kishi K, Nagashima M, Nakayama T, Ikeda S, Kadokura M, Ozeki Y, Otsuka H, Murakami Y, Takagi K, Iyoda A:  Adherence and feasibility of 2 treatment schedules of S-1 as adjuvant chemotherapy for patients with completely resected advanced lung cancer: a multicenter randomized controlled trial.  BMC Cancer  17 (1) :581 , 2017
3. Sato Y, Gonda K, Harada M, Tanisaka Y, Arai S, Mashimo Y, Iwano H, Sato H, Ryozawa S, Takahashi T, Sakuramoto S, Shibata M:  Increased neutrophil-to-lymphocyte ratio is a novel marker for nutrition, inflammation and chemotherapy outcome in patients with locally advanced and metastatic esophageal squamous cell carcinoma.  Biomedical Reports  7 :79 -84 , 2017
4. Sumitani M, Nishizawa D, Nagashima M, Ikeda K, Abe H, Kato R, Ueda H, Yamada Y,:  Association beween polymorphisms in the purinergic P2Y12 receptor gene and severity of both cancer pain and postoperative pain.  Pain medicine  0 :1 -7 , 2017
■ 著書
1. 加藤良二, 長島誠:  胸壁。胸膜疾患.  ナースの外科学  266-284.  中外医学社,  東京、日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎北原知晃, 大城崇司, 川満健太郎, 吉田豊, 田中宏, 佐藤雄, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 当院における80歳以上の大腸癌に対する手術症例の検討.  第72回7日本大腸肛門病学会学術集会,  福岡市,  2017/11
2. ◎佐藤雄, 大城崇司, 北原知晃, 川満健太郎, 吉田豊, 田中宏, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の現状と治療成績.  第72回日本大腸肛門病学会総会,  福岡市,  2017/11
3. ◎益澤明広, 長島清香, 三瓶祐次, 岩瀬友幸, 木下修, 山内治雄, 縄田寛, 平田康隆, 齋藤綾, 本村昇, 小野稔, 田村純人: 凍結保存同種心臓弁・血管移植の治療成績.  第70回日本胸部外科学会定期学術集会,  札幌市,  2017/09
4. ◎西宏之, 宮田裕章, 本村昇, 高橋俊樹, 澤芳樹, 髙本眞一: MICS僧帽弁形成術の安全性維持のための適切な患者選択-本邦における右小開胸僧帽弁手術のリスク予測式の重要性.  第70回日本胸部外科学会定期学術集会,  札幌市,  2017/09
5. ◎齋藤綾, 宮田裕章, 本村昇, 髙本眞一: オフポンプ冠動脈バイパス術における中枢吻合デバイス使用の短期成績に対する影響に関するJACVSD登録症例の解析.  第70回日本胸部外科学会定期学術集会,  札幌市,  2017/09
6. ◎本村昇: 連続血糖測定による周術期管理.  第55回日本人工臓器学会大会,  東京都,  2017/09
7. ◎佐藤礼実, 岡住慎一, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 長島誠, 加藤良二: 巨大腹部大動脈瘤を合併し、診断に難渋した回腸異所性膵出血の1例.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
8. ◎本村昇: 日本から世界に向けたエビデンス、JCVSDのデータより.  第22回日本冠動脈外科学会学術大会,  豊中市,  2017/07
9. ◎藺藤佑哉, 齋藤綾, 本村昇: ヘパリン起因性血小板減少(HIT)既往症例に対しヘパリン使用下にOPCABを施行した症例.  第22回日本冠動脈外科学会学術大会,  豊中市,  2017/07
10. ◎藺藤佑哉, 齋藤綾, 本村昇: 高度MACを有す売る透析患者に対するCUSA使用下僧帽弁置換術の報告.  第174回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  新潟市,  2017/06
11. ◎吉田豊, 大城崇司, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 佐藤礼実, 川満健太郎, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田佑, 田中宏, 金澤真作, 川平洋, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡手術の治療成績.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
12. ◎大城崇司, 瓜田佑, 北原知晃, 佐藤礼実, 川満健太郎, 門屋健吾, 鍋倉大樹, 森山彩子, 田中宏, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二: 10代の潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
13. ◎岡住慎一, 松原久裕: 日本肥満治療学会データベース解析による本邦の肥満症外科治療安全性とmetabolic surgeryとしての成績.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
14. ◎長島誠, 森山彩子, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 瓜田佑, 吉田豊, 田中宏, 金澤真作, 大城崇司, 大城充, 岡住慎一, 加藤良二: 高齢者の難治性気胸に対する治療戦略.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜,  2017/04
国際学会
1. ◎Nagashima M, Hiranuma A, Oshiro T, Nabekura T, Kadoya K, Kawamitsu K, Sato A, Kitahara T, Urita T, Yoshida Y, Tanaka H, Okazumi S, Katoh R: Efficacy of controlled-release oxycodone for oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in advanced colorectal cancer patients.  MASCC/ISOO Annual Meeting on Supportive Care in Cancer,  Washington DC, USA,  2017/06
その他
1. ◎長島誠: がん治療の継続を支える疼痛管理の重要性.  OIC Seminar in TAMA,  立川,  2017/09
2. ◎田中宏, 岡住慎一, 田波未佳, 新井基朗, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 高木隆一, 平沼彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 佐藤雄, 大城崇司, 長島誠, 加藤良二: 当院におけるクローン病手術例の検討.  第24回千葉IBDフォーラム,  千葉,  2017/07
3. ◎長島誠: 肺の癌化学療法・注意点.  第15回印旛郡市医療薬学勉強会,  佐倉,  2017/07
4. ◎佐藤礼実, 濱田将風, 山口哲央, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二, 石井良和, 舘田一博: MRSA治療におけるplasma biofilmの影響.  第13回千葉重症感染症研究会,  千葉,  2017/07
5. ◎門屋健吾, 大城崇司, 田中宏, 吉田豊, 瓜田佑, 平沼彩子, 高木隆一, 北原知晃, 佐藤雄, 佐藤礼実, 川満健太郎, 鍋倉大樹, 新井基朗, 田波未佳, 長島誠, 川平洋, 岡住慎一, 加藤良二: 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘手術手技.  第80回千葉県外科医会,  千葉,  2017/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者