東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(佐倉)
 Department of Neuropsychiatry (Sakura)

教授:
  桂川 修一
講師:
  林 果林
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















桂川 修一   教授
  1            
 2
(2)
 
 
 
 
林 果林   講師
 1 1  2  1        4
(4)
 1
 
 
 
 
加藤 祐樹   助教
 1             
 1
(1)
 
 
 
 
 2 0  1 0  0  4
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takashi Shibata1, Toshimitsu Musha2, Yukio Kosugi2, Satoshi Kuroda3, Naoya Kuwayama3,
Michiya Kubo1, Yukio Horie1, Karin Hayashi4, Yohei Kobayashi2, Mieko Tanaka2, Haruyasu
Matsuzaki2, Kiyotaka Nemoto5, Takashi Asada6:  Altered Neuronal Activity Topography Markers in the Elderly with Increased Atherosclerosis.  Frontiers in Aging Neuroscience  :229171 , 2017
総説及び解説
1. 加藤祐樹、林果林、桂川修一:  肥満症外科治療における精神科的適応.  肥満症治療学展望  (11) :2 -2 , 2017
症例報告
1. Komatsu H1, Hayashi K2, Higashiyama F3.:  Treatment with granulocyte colony-stimulating factor in the refeeding phase of anorexia nervosa complicated with severe neutropenia and sepsis: a case report.  Eating and Weight Disorder  40519 (017) :0435 -4 , 2017
その他
1. 林 果林:  精神疾患を抱えながら働く女性の、復職を妨げる理由~復職ディケアにおける研究~.  心身医学  57 (9) :956 -956 , 2017
■ 著書
1. 林 果林:  肥満症患者の心理行動特性のとらえ方と対処法.  肥満・糖尿病の外科治療  44-47.  株式会社メディカ出版,  大阪 日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊, 大平征宏, 辻沙耶佳, 鍋倉大樹, 大城崇司, 林果林, 齋木厚人, 龍野一郎: 肥満外科治療後体重減少不良例の身体的・心理社会的特徴.  第38回日本肥満学会,  大阪市,  2017/10
2. 林 果林、桂川修一: メンタル面からみた肥満症.  第38回日本肥満学会,  大阪国際会議場,  2017/10
3. 林 果林 加藤祐樹 桂川修一: 手術適応の判断に関する心理社会的問題.  第35回日本肥満症治療学会,  盛岡アイーナ,  2017/06
4. 林 果林: 高度肥満症の背景にあるもの~その行動への理解を深める~.  日本肥満学会第9回生活習慣病改善指導講習会「より良い特定健診保健指導のためのスキルアップ講座」,  東京TFTビル,  2017/06
5. 林 果林: 高度肥満症の様々な成因~精神病理や心理社会的背景との関係~.  第90回産業衛生学会自由集会 第2回産業衛生肥満症研究会,  東京TFTビル,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者