東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  龍野 一郎
准教授:
  齋木 厚人
講師:
  大平 征宏
  清水 直美
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















龍野 一郎   教授
 1 1  3   3       2
(1)
 11
(1)
 1
 2
 2
(2)
 1
(1)
齋木 厚人   准教授
  1  2          1
 10
(1)
 
 1
 
 1
(1)
清水 直美   准教授
 1             1
 3
(1)
 
 1
 
 1
(1)
大平 征宏   講師
    1          2
(1)
 5
 
 1
 
 1
(1)
清水 直美   講師
 1             1
 3
(1)
 
 1
 
 1
(1)
川名 秀俊   助教
    1  1        1
 7
(1)
 
 1
 
 1
(1)
南雲 彩子   助教
              
 
 
 
 
 
番 典子   助教
    1          
 5
 
 1
 
 
山口 崇   助教
    1          1
 6
(1)
 
 1
 
 1
(1)
 3 0  1 0  0  9
(2)
 1
(0)
 2
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Imamura H, Nagayama D, Ishihara N, Tanaka S, Watanabe R, Watanabe Y, Sato Y, Yamaguchi T, Ban N, Kawana H, Ohira M, Endo K, Saiki A, Shirai K, Tatsuno I:  Resveratrol attenuates triglyceride accumulation associated with upregulation of Sirt1 and lipoprotein lipase in 3T3-L1 adipocytes.  Molecular Genetics and Metabolism Reports  (12) :44 -50 , 2017
2. Ishihara N, Suzuki S, Tanaka S, Watanabe Y, Nagayama D, Saiki A, Tanaka T, Tatsuno I:  Atorvastatin increases Fads1, Fads2 and Elovl5 gene expression via the geranylgeranyl pyrophosphate-dependent Rho kinase pathway in 3T3-L1 cells.  Molecular Medicine Reports  :4756 -4762 , 2017
症例報告
1. 清水直美, 吉田 正, 松澤康雄, 渡邉康弘, 蛭田啓之, 中世古知昭, 龍野一郎:  der(1;7)(q10;p10)を含む複雑染色体核型を呈した骨盤異形症候群併存下での肺神経内分泌大細胞癌治療の経験.  臨床病理  65 (4) :406 -412 , 2017
その他
1. 龍野一郎:  REPORT第8回肥満症総合治療セミナー 肥満症の実態と治療体系.  DITN  (470) :5 -5 , 2017
2. 齋木厚人:  REPORT第8回肥満症総合治療セミナー 肥満症のチーム医療と、内科・外科治療の位置づけ.  DITN  (470) :5 -5 , 2017
■ 著書
1. 川名秀俊, 龍野一郎:  Ⅰ総論 1.外来診療で内分泌疾患を見逃さないために.  内分泌代謝内科グリーンノート  1-5.  中外医学社,  東京, 2017
2. 岡怜奈, 龍野一郎:  第4章 2.低血糖防止のための薬剤管理と注意点.  ここが知りたい!高齢者糖尿病診療ハンドブック  120-125.  中外医学社,  東京, 2017
3. 佐藤悠太, 龍野一郎:  4章 11.いつ治療薬を始めるのか?その目的と目標は?.  もう悩まない!骨粗鬆症診療  61-63.  日本医事新報社,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎大平征宏, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 渡邊康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 川名秀俊, 清水直美, 齋木厚人, 石原典子, 龍野一郎: 2型糖尿病患者におけるXanthine oxidoreductaseと血管障害.  第32回日本糖尿病合併症学会,  東京都新宿区,  2017/10
2. ◎岡怜奈, 大平征宏, 田中翔, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 一般日本人女性におけるFRAXの特徴と有用性.  第19回日本骨粗鬆症学会,  大阪市,  2017/10
3. ◎ 木下恵理, 齋木厚人, 川久保かおり, 林田美帆, 山浦一恵, 金井理恵子, 古賀みどり, 鮫田真理子, 秋葉崇, 寺山圭一郎, 小川明宏, 辻沙耶佳, 大城崇司, 岡住慎一, 龍野一郎: 高度肥満患者の骨格筋量および筋力の実態~健常者と比較した横断調査と肥満外科治療後の縦断調査~.  第39回日本臨床栄養学会総会,  千葉市,  2017/10
4. ◎川名秀俊, 山口崇, 田中翔, 岡怜奈, 渡邉康弘, 力武麻実, 今村榛樹, 佐藤悠太, 大平征宏, 齋木厚人, 辻沙耶佳, 野口雅代, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療による減量および糖・脂質代謝改善効果と治療抵抗例の要因解析.  第39回日本臨床栄養学会総会,  千葉市,  2017/10
5. ◎ 鮫田真理子, 齋木厚人, 川久保かおり, 林田美帆, 山浦一恵, 木下恵理, 金井理恵子, 古賀みどり, 辻沙耶佳, 大城崇司, 岡住慎一, 龍野一郎: 術後1年の栄養摂取状況と摂取不足に関わる身体的症状の出現時期、それに対するフォーミュラ食の効果.  第39回日本臨床栄養学会総会,  千葉市,  2017/10
6. ◎龍野一郎, 鮫田真理子, 前田富士子: 医療機関における栄養をめぐるリスクと医療安全.  第39回日本臨床栄養学会総会,  千葉市,  2017/10
7. ◎横田浩充, 伊藤展枝, 村野武義, 清水直美, 蛭田啓之, 武城英明: 佐倉病院医学研究部と理学部臨床検査技師課程の連携研究について.  第10回佐倉病院学術集会,  佐倉,  2017/09
8. ◎今村榛樹, 山口崇, 渡辺怜奈, 田中翔, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 重症感染症・敗血症性ショック時における血管弾性の変化-CAVIによる検討.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島市,  2017/07
9. ◎山口崇, 中村祥子, 田中翔, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: アナグリプチンは2型糖尿病患者の血管弾性指標CAVI(cardio-ankle vascular index)を改善させる(シタグリプチンとの比較試験).  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島市,  2017/07
10. ◎清水直美, 田中翔, 渡辺怜奈, 力武麻美, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 山口崇, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 悪性リンパ腫化学療法時の血管弾性能Cardio-Ankle Vascular Index(CAVI)の変動.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島市,  2017/07
11. ◎渡邉康弘, 永山大二, 白井厚治, 龍野一郎: 日本人健常者における血清脂質パラメータとCardio-ankle vascular index(CAVI)の関連.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島市,  2017/07
12. ◎龍野一郎, 石原典子, 田中翔, 渡邊康弘, 大平征宏, 齋木厚人, 清水直美: AtorvastatinによるFads1, Fads2, Elovl5遺伝子発現の増強とその作用機構.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島市,  2017/07
13. ◎齋木厚人, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 永山大二, 村野武義, 大城崇司, 龍野一郎: ◎齋木厚人†, 田中翔†, 渡辺怜奈†, 渡邉康弘†, 今村榛樹†, 佐藤悠太†, 山口崇†, 番典子†, 川名秀俊†, 永山大二†, 村野武義†, 大城崇司†, 龍野一郎†.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島市,  2017/07
14. ◎木村道明, 大平征宏, 千葉浩輝, 奈良和彦, 草鹿砥宗隆, 田中耕一郞, 寺師碩甫, 小菅孝明: 伝統的四診から治療方剤を決定した喀痰による不眠の一例.  第68回日本東洋医学会学術総会,  名古屋,  2017/06
15. ◎大平征宏, 渡辺怜奈, 渡辺康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 腎不全の無い2型糖尿病患者におけるシタグリプチン25mgの効果〜50mgとの比較〜.  第60回日本糖尿病学会年次学術集会,  名古屋,  2017/05
国際学会
1. ◎Tanaka S, Watanabe Y, Ishihara N, Suzuki S, Tanaka T, Tatsuno I: Atorvastatin increases FADS1, FADS2, and ELOVL5 gene expression via GGPP-dependent RHO kinase pathway in 3T3-L1 cells.  EASD2017,  Lisbon, Portugal,  2017/09
2. ◎Watanabe Y, Yamaguchi T, Ishihara N, Tanaka S, Oka R, Rikitake A, Imamura H, Sato Y, Ban N, Kawana H, Ohira M, Simizu N, Saiki A, Tatsuno I: 7-ketocholesterol regulates inflammation in mesangial cells: potential role in diabetic nephropathy.  EASD2017,  Lisbon, Portugal,  2017/09
3. ◎Tatsuno I, Sugiyama T: CLINICAL VERTEBRAL FRACTURE AND MORTALITY DURING HIGH-DOSE GLUCOCORTICOID TREATMENT IN JAPANESE FEMALE PATIENTS WITH AUTOIMMUNE RHEUMATIC DISEASES.  AACE2017,  Austin, Texas, UA,  2017/05
その他
1. ◎渡邊康弘, 山口崇, 栗林伸一, 内田大学, 加藤光敏, 鈴木大輔, 永山大二, 大橋博, 中村祥子, 田中翔, 佐藤悠太, 今村榛樹, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 2型糖尿病におけるダパグリフロジンとフォーミュラ食の併用効果(Diet-Dapper studyプロトコール).  第32回日本糖尿病合併症学会,  東京都新宿区,  2017/10
2. ◎龍野一郎: 日本の伝統的食習慣・食文化と認知症・生活習慣病予防-賢く生きるために必要な食を考える-.  千葉実年大学校講座,  千葉市,  2017/10
3. ◎龍野一郎: 日本人女性の生活習慣と骨粗鬆症-千葉市骨粗鬆症検診から見えるもの-.  第55回全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会研究集会,  千葉市,  2017/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者