東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 眼科学講座(佐倉)
 Department of Ophthalmology (Sakura)

教授:
  前野 貴俊
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















前野 貴俊   教授
  2  6  2 1       1
 22
 1
 2
 
 
産賀 真   助教
 1   1  1        
 11
 
 
 
 
小野田 康孝   助教
    1          
 3
 
 1
 
 
木下 太賀   助教
   1           
 10
 1
 
 
 
坂本 理之   助教
              3
 4
 
 
 
 
昌原 英隆   助教
      1        
 6
 
 
 
 
村松 理奈   助教
              
 3
 
 
 
 
吉田 いづみ   助教
  1  1          2
 7
 
 
 
 
 1 1  4 0  0  6
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 産賀 真, 前野貴俊:  黄斑分離.  眼科手術  4 (29) :581 -586 , 2016
2. Hashimoto R, Sugiyama T, Ubuka M, Maeno T:  Autoregulation of Optic Nerve Head Blood Flow Induced by Elevated Intraocular Pressure during Vitreous Surgery.  Curr. Eye. Res.  :1 -4 , 2016
3. Shiba T, Sugiyama T, Hori Y, Matsumoto T, Maeno T, Takahashi M:  Relationship between plasma levels of vasoactive mediators and optic nerve head circulation shown by laser speckle flowgraphy.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie  254 (6) :1033 -1039 , 2016
4. Kinoshita T, Onoda Y, Maeno T:  Long-term surgical outcomes of the inverted internal limiting membrane flap technique in highly myopic macular hole retinal detachment.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv für klinische und experimentelle Ophthalmologie  :DOI 10.1007/s00417-017-3614-0 , 2017
症例報告
1. ◎酒井麻夫, 吉田いずみ, 前野貴俊:  腎細胞癌の眼窩転移による球後視神経症が疑われた1例.  臨床眼科  70 (4) :603 -608 , 2016
2. ◎Hashimoto R, Hirota A, Maeno T:  Choroidal blood flow impairment demonstrated using laser speckle flowgraphy in a case of commotio retinae.  American Journal of Ophthalmology Case Reports  4 :30 -34 , 2016
3. Hashimoto R, Uchiyama M, Maeno T:  Case report of subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma complicated by eyelid swelling.  BioMed Central Ophthalmology  16 (117) :10.1186 -12886-016-0303-4 , 2016
■ 著書
1. 前野貴俊:  増殖性硝子体網膜症/前部増殖性硝子体網膜症.  一目でわかる眼疾患の見分け方.ぶどう膜疾患、網膜・硝子体疾患  136-137.  メジカルビュー,  東京, 2016
2. 昌原英隆, 前野貴俊:  硝子体手術後フィブリンに対するtPA.  眼科グラフィック  521-524.  メディカ出版,  東京, 2016
3. 前野貴俊:  黄斑浮腫に対する手術とOCT.  眼科グラフィック  545-549.  メディカ出版,  東京, 2016
4. 産賀 真:  糖尿病網膜症(PDR)手術後の再発.  Monthly Book OCULISTA  34-39.  全日本病院出版会,  東京, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎橋本りゅう也, 産賀真, 昌原英隆, 坂本理之, 木下太賀, 前野貴俊, 杉山哲也: 2型糖尿病が術中の視神経乳頭血流・自動調節能に与える影響.  第269回千葉眼科集談会,  千葉市,  2017/03
2. ◎川村樹里, 橋本りゅう也, 廣田亜沙都, 酒井麻夫, 前野貴俊: 小児の遠視性不同視弱視における脈絡膜循環・脈絡膜厚変化.  第269回千葉眼科集談会,  千葉市,  2017/03
3. ◎麻生健一朗, 木下太賀, 橋本りゅう也, 永岡卓, 吉田いづみ, 昌原英隆, 前野貴俊: 急性網膜壊死に対する早期硝子体手術の成績.  第269回千葉眼科集談会,  千葉市,  2017/03
4. ◎永岡卓, 木下太賀, 産賀真, 昌原英隆, 若林謙二, 前野貴俊: 難治性黄斑円孔に対する内境界膜自家移植に用いる新しい手術器具.  第55回日本網膜硝子体学会総会,  東京都,  2016/12
5. ◎矢田圭介, 産賀真, 村松理奈, 吉田いづみ, 坂本理之, 前野貴俊: 入院中に多発裂孔網膜剥離から巨大裂孔網膜剥離を生じた1例.  第55回日本網膜硝子体学会総会,  東京都,  2016/12
6. ◎酒井麻夫, 木下太賀, 小野田康孝, 永岡卓, 酒井祐佳, 産賀真, 前野貴俊: 黄斑円孔網膜剥離における術後ガス下OCTの有用性.  第70回日本臨床眼科学会,  京都市,  2016/11
7. 坂本理之 村松理奈 吉田いづみ 昌原英隆 前野貴俊: 経毛様体扁平部挿入型バルベルト緑内障インプラントを鼻下側に挿入した短期成績.  第70回臨床眼科学会,  京都,  2016/11
8. ◎佐藤宏樹, 村松理奈, 矢田圭介, 永岡卓, 前野貴俊: 低眼圧黄斑症を合併した毛様体解離に対して硝子体手術を施行した2例.  第70回日本臨床眼科学会,  京都市,  2016/11
9. ◎坂本理之, 村松理奈, 吉田いづみ, 昌原英隆, 麻生健一郎 前野貴俊: 経毛様体扁平部挿入型バルベルト緑内障インプラントを鼻下側に挿入した短期成績.  第70回日本臨床眼科学会,  京都市,  2016/11
10. ◎矢田圭介, 坂本理之, 小野田康孝, 産賀真, 吉田いづみ, 酒井麻夫, 前野貴俊: 輪状締結を部分切除しバルバルトインプラント挿入を施行した一例.  第70回日本臨床眼科学会,  京都市,  2016/11
11. ◎吉田いづみ, 佐藤宏樹, 矢田圭介, 谷口ひかり, 村松理奈, 木下太賀, 前野貴俊, 柴友明, 堀裕一: 裂孔原性網膜剥離における剥離の形と裂孔の位置の関連について.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
12. ◎佐藤宏樹, 村松理奈, 矢田圭介, 産賀真, 木下太賀, 前野貴俊: 低眼圧黄斑症を伴う毛様体解離に対し硝子体手術を施行した2例.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
13. ◎坂本理之, 村松理奈, 吉田いづみ, 昌原英隆, 前野貴俊: 経毛様体扁平部挿入型バルベルト緑内障インプラントを鼻下側に挿入した短期成績.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
14. ◎酒井麻夫, 木下太賀, 小野田康孝, 永岡卓, 産賀真, 前野貴俊: 黄斑円孔網膜剥離における術後ガス下OCTの有用性.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
15. ◎川村樹里, 橋本りゅう也, 廣田亜沙都, 前野貴俊: レーザースペックルフローグラフィーにより脈絡膜循環を経過観察できた網膜振盪症.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
16. ◎廣田亜沙都, 橋本りゅう也, 川村樹里, 酒井麻夫, 木下太賀, 矢田圭介, 永岡卓, 産賀真, 前野貴俊: 網膜静脈分枝閉塞症に対するラニビズマブ療法前後の脈絡膜循環・脈絡膜厚変化.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
17. ◎矢田圭介, 坂本理之, 小野田康孝, 産賀真, 吉田いづみ, 酒井麻夫, 前野貴俊: 輪状締結を部分切除しバルバルトインプラント挿入を施行した一例.  第268回千葉眼科集談会,  千葉市,日本,  2016/09
18. ◎橋本りゅう也, 廣田亜沙都, 川村樹里, 酒井麻夫, 木下太賀, 矢田圭介, 永岡卓, 産賀真, 前野貴俊: 網膜静脈分枝閉塞症に対するラニビズマブ療法前後の脈絡膜循環・脈絡膜厚変化.  第33回日本眼循環学会,  福岡市,  2016/07
19. ◎廣田亜沙都, 橋本りゅう也, 前野貴俊: レーザースペックルフローグラフィーにより脈絡膜循環を経過観察できた網膜振盪症.  第33回日本眼循環学会.,  福岡市,  2016/07
20. ◎前野貴俊: 硝子体手術装置とカッターの特徴.  第120回日本眼科学会総会,  仙台市、日本,  2016/04
21. ◎橋本りゅう也, 杉山哲也, 産賀真, 前野貴俊: 高血圧・脂質異常症が術中の視神経乳頭血流・自動調節能に与える影響.  第120回日本眼科学会総会,  仙台市、日本,  2016/04
22. ◎矢田圭介, 橋本りゅう也, 原田雅史, 前野貴俊: 硬膜動静脈瘻に合併した漿液性網膜剥離が自然寛解した1例.  第120回日本眼科学会総会,  仙台市、日本,  2016/04
国際学会
1. ◎Hashimoto R, Sugiyama T, Maeno T: Changes in the optic nerve head blood flow induced by elevated intraocular pressure in subjects with diabetes mellitus during vitreous surgery.  Annual Meeting of AAO 2016,  シカゴ, 米国,  2016/10
2. ◎Kinoshita T, Onoda Y, Maeno T: Long term surgical outcomes of the inverted internal limiting membrane flap technique in higyly myopic macular hole retinal detachment.  34th. Annual Meeting of ASRS,  サンフランシスコ, 米国,  2016/08
3. ◎Maeno T: Vitrectomy for acute retinal necrosis.  Sino-Japan Ocular Fundus Diseases Forum,  厦門、中国,  2016/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者