東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















富田 剛司   教授
  7 1 3  1        2
(1)
 18
(11)
 2
(2)
 1
 
 
石田 恭子   准教授
 8 8  6  3        11
(11)
 17
(8)
 2
 1
 2
(1)
 
八木 文彦   准教授
    1          
 5
(3)
 
 1
 
 
安樂 礼子   助教
 1   2          2
(1)
 3
(1)
 
 
 
 
榎本 暢子   助教
   1           1
(1)
 3
(1)
 
 
 
 
髙木 誠二   助教
              1
 
 
 
 
 
竹山 明日香   助教
    1          
 1
 
 
 
 
 9 2  4 0  0  17
(14)
 4
(2)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 新井ゆりあ, 塩川美菜子, 石田恭子, 井上賢治, 富田剛司:  ブリンゾラミド・マレイン酸チモロール配合点眼薬3ヵ月間投与の効果.  あたらしい眼科  32 :1017 -1012 , 2015
2. 塩川美菜子, 片倉聖基, 井上賢治, 石田恭子, 富田剛司:  携帯式眼圧計アイケアONE®による24時間眼圧自己測定の検討.  あたらしい眼科  32 :1173 -1178 , 2015
3. 井上賢治, 藤本隆志, 石田恭子,富田剛司:  ブリンゾラミド/チモロール配合点眼薬の処方パターン.  あたらしい眼科  32 :1218 -1222 , 2015
4. 井上賢治, 藤本隆志, 石田恭子, 富田剛司:  EX-PRESS®併用濾過手術後の経過良好例と不良例の比較.  あたらしい眼科  32 :1472 -1476 , 2015
5. 古池紗緒里, 井上賢治, 富田剛司:  Ex-PRESS®を用いた線維柱帯切除術後6ヵ月間の効果と安全性.  眼科手術  28 :633 -635 , 2015
6. 畑中 裕司, 長畑 侑樹, 村松 千左子, 奥村 進, 小郷原 一智, 澤田 明, 石田 恭子, 山本 哲也, 藤田 広志:  眼底画像における、血管屈曲点情報を付加した、改良版自動視神経乳頭陥凹輪郭検出法(Improved Automated Optic Cup Segmentation Based on Detection of Blood Vessel Bends in Retinal Fundus Images)(原著論文).  福田記念医療技術振興財団情報  (28) :25 -29 , 2015
7. 木村剛、井上賢治、石田恭子、富田剛司:  トラボプロストからとラボプロスト・チモプトール配合剤へ変更した症例の長期効果.  臨床眼科  69 (10) :1493 -1498 , 2015
8. Inoue K, Shiokawa M, Ishida K, Tomita G:  Safety and efficacy of switching from dorzolamide 1.0%/timolol maleate 0.5% eye drops to brinzolamide 1.0%/timolol maleate 0.5% eye drops.  Clinical Ophthalmology  9 :619 -623 , 2015
9. Chaku M, Netland PA, Ishida K, Rhee DJ.:  Risk factors for tube exposure as a late complication of glaucoma drainage implant surgery.  Clinical Ophthalmology  (10) :547 -553 , 2016
10. Kita Y, Anraku A, Kita R, Goldberg I:  The clinical utility of measuring the macular outer retinal thickness in patients with glaucoma.  European Journal of Ophthalmology  26 (2) :118 -123 , 2016
11. Tanaka H, Ishida K, Yamada W, Nishida T, Mochizuki K, Kawakami H.:  Study of ocular candidiasis during nine-year period.  Journal of Infection and Chemotherapy  22 (3) :149 -156 , 2016
12. Inoue K, Setogawa A, Tomita G:  Nonresponders to prostaglandin anlogs among normal-tension glaucoma patients.  Journal of Ocular Pharmacology  32 (2) :90 -96 , 2016
13. Enomoto N, Ayako A, Ishida K, Takeyama A, Yagi F, Tomita G:  Size of the optic nerve head and its relationship with the thickness of the macular ganglion cell complex and peripapillary retinal nerve fiber layer in patients with primary open angle glaucoma.  Journal of Ophthalmology  2015 :186249 -186249 , 2015
14. Inuzuka H, Kawase K, Sawada A, Kokuzawa S, Ishida K, Yamamoto T.:  Development of Glaucomatous Visual Field Defects in Preperimetric Glaucoma Patients Within 3 Years of Diagnosis.  Journal of glaucoma  25 (6) :591 -595 , 2016
15. Kawakami H, Inuzuka H, Hori N, Takahashi N, Ishida K, Mochizuki K, Ohkusu K, Muraosa Y, Watanabe A, Kamei K.:  Inhibitory effects of antimicrobial agents against Fusarium species.  Medical mycology : official publication of the International Society for Human and Animal Mycology  53 (6) :603 -611 , 2015
総説及び解説
1. ◎石田恭子:  緑内障の新手術1:チューブシャント手術.  あたらしい眼科  32 (6) :805 -812 , 2015
2. ◎石田恭子:  糖尿病眼合併症の新知識. 血管新生緑内障.  眼科  52 (12) :1513 -1521 , 2015
3. ◎石田 恭子:  糖尿病眼合併症の新知見 血管新生緑内障(解説/特集).  眼科  57 (12) :1513 -1521 , 2015
4. ◎石田恭子:  近視眼緑内障の予後と治療.  眼科  57 (5) :743 -749 , 2015
5. ◎石田恭子:  緑内障手術は「手術5割&術後管理5割」.  眼科グラフィック  4 (4) :334 -340 , 2015
6. ◎石田恭子:  血管新生緑内障の診断と治療.  月刊糖尿病  (⑩) :86 -93 , 2015
7. Tomita G, Huang D, O'Brien C, Park KH, Nakazawa T:  Ocular blood flow and visual function.  Biomed Research International  2015 :319254 -319254 , 2015
症例報告
1. 高木 大介, 石田 恭子, 濱崎 利恵, 望月 清文, 犬塚 裕子, 川上 秀昭:  機能性片眼耳側半盲が疑われた1例.  眼科臨床紀要  8 (11) :801 -806 , 2015
2. 内富一仁, 藤本隆志, 井上賢治, 石田恭子, 富田剛司:  エクスプレス®に膜様組織が付着し眼圧上昇した1例.  臨床眼科  69 :1481 -1485 , 2015
3. Watanabe K, Fukuda H, Takahasi M, Hagiwara Y, Yokouchi Y, Hirano A, Mukai H:  Dengue haemorrhagic fever with Roth's spot.  European journal of dermatology  26 (1) :105 -106 , 2016
その他
1. 石田恭子:  シンポジウム6 手術.  Frontiers in Glaucoma  (51) :52 , 2016
2. 石田恭子:  私のスタイル、女性医師として.  眼科グラフィック  (5) :202 -203 , 2016
3. 安樂礼子:  緑内障なんでも質問箱
診断編 視野検査とOCTの結果はどれくらい対応しているのですか?.  臨床眼科  69 (11) :106 -110 , 2015
■ 著書
1. 石田恭子:  視神経辺縁部(リム)の形状、リムの菲薄化(皿状化).
視神経辺縁部(リム)の形状、リムの切痕(ノッチング).
視神経辺縁部(リム)の形状、リムの切痕(ノッチング).  視神経乳頭・視野でみる緑内障確定診断  94-103.  MEDICAL VIEW,  東京, 2015
2. 石田恭子:  手術テクニックのコツと落とし穴A. 円蓋部基底
手術テクニックのコツと落とし穴B. 輪部基底
手術テクニックのコツと落とし穴C. エクスプレス.  緑内障治療のアップデート  218-239.  医学書院,  東京, 2015
3. 石田恭子:  浅前房 開業してわかった!遠視はものスゴーク多い.  眼科開業医のための診療・連携ポイント30  115-119.  診断と治療社,  東京, 2015
4. 富田剛司, 木村 至:    実戦緑内障 眼底所見で診る緑内障乳頭  1-155.  文光堂,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. 石田恭子: 緑内障手術治療update.  西尾張眼科学術講演会,  一宮市、愛知,  2016/03
2. 高木誠二 万代道子 西田明弘 宮本紀子 平見恭彦 宇山紘史 栗本康夫: 抗VEGF治療を行った脈絡膜新生血管を伴う疾患におけるOuter retinal tabulation.  日本網膜症体学会,  日本 東京,  2015/12
3. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 横内哲也, 石井匡, 青木和哉, 木村仁, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 藤田聡, 飯塚有応, 八木文彦, 岩渕聡: 頚部内頚動脈高度狭窄におけるCAS前後の眼動脈血流方向と網膜血流量の変化.  第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  岡山,  2015/11
4. ◎井上賢治、増本美枝子、石田恭子、富田剛司: PG関連薬+ブリモニジン併用症例とPG/チモロール配合薬使用症例との比較.  第69回日本臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
5. ◎岩佐真弓、井上賢治、岡山良子、増本美枝子、石田恭子、富田剛司: 防腐剤非添加のラタノプロスト点眼薬での点眼瓶の改良前後の使用感.  第69回日本臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
6. ◎富田剛司: 診療報酬改定に対する日本緑内障学会の対応.  第69回日本臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
7. ◎石田恭子: MIGSの今 シンポジウム.  臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
8. ◎榎本暢子、安樂礼子、石田恭子、富田剛司: 緑内障眼における視神経乳頭面積と構造と機能の関連.  日本臨床眼科学会,  名古屋 東京,  2015/10
9. ◎・石田恭子. 谷戸正樹、稲谷大、千原悦夫、浜中輝彦: 緑内障チューブシャント手術の適応.  臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
10. ◎田中大貴、小澤憲司、西田崇、石田恭子、澤田明、望月清文、山本哲也: 原発開放隅角緑内障(広義)における視野進行に伴う各網膜層の変化と視野障害との関連.  臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
11. ◎安樂礼子、榎本暢子、石田恭子、伊藤浩幸、八木文彦、富田剛司: 半視野障害の正常眼圧緑内障における視神経乳頭血流と網膜神経線維層厚との関連.  第69回 日本臨床眼科学会,  名古屋,  2015/10
12. ◎石田恭子: 未だ視野が正常な、ごく早期緑内障、私ならこうする!大学病院の立場から.  第26回日本緑内障学会,  名古屋,  2015/09
13. ◎富田剛司: 須田記念講演 1人の臨床医として経験した緑内障点眼薬治療の変遷.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
14. ◎高橋嘉子, 井上結美子, 中道晶子, 井出聡美, 中村有紀, 黒田小百合, 井上賢治, 富田剛司: 点眼補助器についての新旧比較調査.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
15. ◎山本智恵子, 井上賢治, 塩川美菜子, 比嘉理沙子, 藤本隆志, 石田恭子, 富田剛司: カシスによる正常眼圧緑内障患者に対する視野障害進行の抑制効果.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
16. ◎猪口宗太郎, 高橋篤史, 大音清香, 井上賢治, 石田恭子, 富田剛司: 緑内障説明会へ参加した患者の背景と不安についての調査.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
17. ◎安樂礼子, 石田恭子, 榎本暢子, 伊藤浩幸, 八木文彦, 富田剛司: プロスタグランディン関連薬による正常眼圧緑内障の視神経乳頭血流の治療前後の血流変化.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
18. ◎井上賢治, 向坂俊裕, 塩川美菜子, 比嘉利沙子, 石田恭子, 富田剛司: リパスジル点眼薬の1滴点眼による結膜充血.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
19. ◎砂川広海, 井上賢治, 石田恭子, 富田剛司: ブリモニジン点眼液薬の処方パターンと眼圧下降効果.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
20. ◎瀬戸川章, 井上賢治, 石田恭子, 富田剛司: リパスジル点眼薬の処方パターンと患者背景.  第26回日本緑内障学会,  名古屋市,  2015/09
21. ◎石田恭子: シンポジウム6 手術 Lectomy vs. EX-PRESS. Vs 新しい濾過手術.  日本緑内障学会,  名古屋,  2015/09
22. ◎石田恭子: PPGの発見と治療.  第4回日本視野学会学術集会,  金沢,  2015/05
23. ◎石田恭子: 緑内障手術の進歩.  日本眼科東京ブロック講習会,  東京都,  2015/05
24. ◎石田恭子: 緑内障チューブシャント総論.  宮崎緑内障セミナー,  宮崎,  2015/05
25. ◎井上賢治、藤本隆志、石田恭子、富田剛司、: ブリンゾラミド/チモロール配合点眼薬の処方パターン.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
26. ◎向坂俊裕、井上賢治、石田恭子、富田剛司: 無治療で経過観察した正常眼圧緑内障の視野変化.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
27. ◎石田恭子: 緑内障薬物治療ここがポイント、ポイント1.導入治療の進め方。.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
28. ◎塩川美菜子、井上賢治、石田恭子、富田剛司。: 半視野障害の診の緑内障の網膜新生線維層厚、黄斑網膜内層厚都市や重症度との関連.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
29. ◎石田恭子: Micro invasive Glaucoma Surgeryとしてのトラベクトーム手術。.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
30. ◎石田恭子: 緑内障チューブシャント手術総論、アルコンエクスプレス総論.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
31. ◎藤本隆志、井上賢治、石田恭子、富田剛司: Expressを使用した線維柱帯切除術の術後経過良好例と不良例との比較.  第119回日本眼科学会,  札幌,  2015/04
32. ◎田中大貴、西田崇、澤田明、石田恭子、望月清文、山本哲也: 原発開放隅角緑内障(広義)における網膜神経節細胞層変化と機能障害の関係.  第119回日本眼科学会総会,  札幌,  2015/04
33. ◎伊藤浩幸, 安樂 礼子, 榎本 暢子, 竹山 明日香, 石田 恭子, 富田 剛司: 正常眼圧緑内障における乳頭周囲脈絡網膜萎縮と視神経乳頭血流との関連.  第119回 日本眼科学会総会,  札幌,  2015/04
34. ◎北善幸、北律子、安樂礼子: 緑内障眼に対するスペクトラルドメインOCTを用いた網膜外層厚測定の有用性.  日本眼科学会,  札幌,  2015/04
国際学会
1. Muramatsu C, Ishida K, Sawada A, Hatanaka Y, Yamamoto T, Fujita H: Automated detection of retinal nerve fiber layer defects on fundus images: false positive reduction based on vessel likelihood.  SPIE Medical Imaging 2016,  San Diego (USA),  2016/02
2. ◎Goji Tomita: Ganglion cell complex analysis in the diagnosis of glaucoma.  World Ophthalmology Congress of the International Council of Ophthalmology 2016,  Guadalajara Mexico,  2016/02
3. Ishida K, Moroto N, Yamamoto T: Intraocular pressure and inflammation after Ex-press glaucoma filtration device surgery.  World Ophthalmic Congress,  グアダラハラ Mexico,  2016/02
4. ◎Hayashi M, Iwabuchi S, Yagi F, Aoki K, Sato K, Saito N, Kimura H, Yokouchi T, Ishii M, Iizuka Y: Change in retinal blood flow after carotid artery stenting.  13th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (WFITN2015),  Gold Coast, Australia,  2015/11
5. ◎Goji Tomita: Can HRT replace ophthalmoscopic examination of the optic nerve - What is it's place in clinical practice now?.  6th World Glaucoma Congress,  Hong Kong, Republic of China,  2015/07
6. ◎Sakai A, Hashimoto R, Deguchi Y, Tomita G, Maeno T: Influence of instillation of rho kinase inhibitor ripasudil on optic nerve head blood flow in healthy volunteers.  6th World Glaucoma Congress,  香港,中国,  2015/06
7. ◎Kyoko Ishida, Satoko Kokuzawa, Tetsuya Yamamoto: Risk factor for visual field progression in normal tension glaucoma with intraocular-pressure equal or less than 15mmHg.  ARVO,  Denver, Colorado, USA.,  2015/05
その他
1. ◎石田恭子: 東邦大学医療センターにおける観血的緑内障手術.  第25回東邦大学医療センター大橋病院と渋谷区、世田谷区、目黒区眼科医会合同勉強会,  東京,  2015/10
2. ◎石田恭子: 緑内障治療.  平成27年卒後研修会,  東京,  2015/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者