東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 口腔外科学研究室(大森)
 Department of Oral Surgery (Omori)

准教授:
  関谷 秀樹
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関谷 秀樹   准教授
 1   2          
 1
 
 
 
 
兼古 晃輔   助教
              
 2
 
 
 
 
髙橋 謙一郎   助教
              
 1
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ryo Ichibayashi, Mitsuru Honda, Hideki Sekiya, Hiroki Yokomuro, Katsunor Yoshihara, Yoshihisa Urita.:  Maximum Tongue Pressure as a Measure of Post-Extubation Swallowing Ability.  Toho Journal of Medicine  3 (3) :75 -83 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 櫻井麻美,兼古晃輔,高橋謙一郎,中村一浩,甲村斉資,飯田雅彦,関谷秀樹: 抜歯前のINR値を契機に薬剤性心原性ショックの発見に至った一例.  第204回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会,  東京都,  2017/12
2. ◎小原研心, 石川芽衣, 瀬津彩香, 平田亮介, 福西佑真, 飯高生子, 兼古晃輔, 花上伸明, 西堀洋平, 市ノ川義美: 骨肉腫から二次性白血病となり、移植片対宿主病経過中に舌扁平上皮癌を発症した1例.  第62回(公社)日本口腔外科学会学術集会,  京都,  2017/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者