東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 麻酔科学講座(大森)
 Department of Anesthesiology (Omori)

教授:
  落合 亮一
准教授:
  佐藤 暢一
講師:
  寺田 享志
助教:
  武藤 理香
  大岩 彩乃
  出光 亘
  岩﨑 里利子
  宇佐美 晶子
  黒澤 暁子
  大野 真咲アン
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  落合 亮一 :特定非営利活動法人呼吸管理運営機構理事長
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















落合 亮一   教授
 1 2            1
(1)
 7
 1
(1)
 1
 2
(1)
 
佐藤 暢一   准教授
 2 2     1       
 2
 
 1
 
 
寺田 享志   講師
              1
 1
 2
 
 
 
出光 亘   助教
              
 1
 
 
 
 
岩﨑 里利子   助教
              
 
 
 
 
 
宇佐美 晶子   助教
              
 1
 
 
 
 
大岩 彩乃   助教
 2             2
 
 
 1
 
 
大野 真咲アン   助教
              
 1
 
 
 
 
武藤 理香   助教
              
 1
 
 
 
 
吉田 暁子   助教
              
 1
 
 
 
 
 5 0  0 0  0  4
(1)
 3
(1)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 大岩彩乃、青山幸生、佐藤暢一、坂本典昭、新井美和子、前村由美、落合亮一:  術後末梢神経障害性疼に対し,牛車腎気丸が有効であった2症例.  痛みと漢方  27 (1) :105 -109 , 2017
2. 大岩彩乃、佐藤暢一、坂本典昭、新井美和子、前村由美、落合亮一、青山幸生:  術後末梢神経障害性疼痛に対し、牛車腎気丸が有効であった2症例.  痛みと漢方  (27) :105 -109 , 2017
総説及び解説
1. 佐藤暢一:  デスフルランを使いこなそう1 小児&声門上器具.  LiSA  24 (5) :483 -484 , 2017
2. 佐藤暢一:  低流量麻酔の基礎と実践.  LiSA 別冊 2017  :44 -54 , 2017
3. 落合亮一:  術後検査と合併症予防.  臨床検査  61 (9) :1028 -1034 , 2017
■ 著書
1. 佐藤暢一:  未破裂脳動脈瘤,痙攣・てんかん.  新合併症患者の麻酔スタンダード  125-129.  克誠堂出版,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 大岩彩乃、大国生幸、新井美和子、坂本典昭、石井毅、落合亮一: 脊椎手術後疼痛症候群に対するチームアプローチ ~脊髄神経刺激療法に関して~.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸,  2017/06
2. 落合亮一: もう一歩先のバランス麻酔を目指して ~デスフルランが貢献できること~.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸市,日本,  2017/06
3. ◎古川力三, 中込尚子, 鈴木陽, 大野真咲アン, 宇佐美晶子, 落合亮一: 帝王切開術後の腎機能に関する後方視的検討.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸市,日本,  2017/06
4. ◎佐久間絢, 黒澤暁子, 朝野由樹子, 武藤理香, 寺田享志, 落合亮一: マニキュアによるパルスオキシメータ測定誤差を回避する測定法に関する検討.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸市,日本,  2017/06
5. ◎長谷川誠, 佐藤暢一, 大石衆一, 田中敬太, 出光亘, 落合亮一: 気管モデルを使用した気管チューブのリーク量の違いによる呼気量変化の検討.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸市,日本,  2017/06
6. ◎落合亮一: 『「周術期管理チーム」はPSHを目指して発展していくのか』.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸市,日本,  2017/06
7. 落合亮一: 麻酔科の保険診療報酬を考える2017.  日本麻酔科学会第64回学術集会,  神戸市,日本,  2017/06
8. ◎寺田享志: アセトアミノフェン静注液を用いたmultimodal analgesiaによる術後疼痛管理.  日本区域麻酔学会第4回学術集会,  名古屋市,日本,  2017/04
9. 大岩彩乃 佐藤暢一 坂本典昭 新井美和子 増田香織 落合亮一: 巨大骨盤内腫瘍に対し両側の持続後方腹横筋膜面ブロックが著効した1 症例.  日本区域麻酔学会第4回学術集会,  名古屋,  2017/04
国際学会
1. ◎Ochiai R: Perioperative care medicine - Experiences of Toho University Hospital.  VIETNAM CONFERENCE OF ANESTHESIOLOGY 2017,  ホーチミン,ベトナム,  2017/09
2. ◎Terada T, Kessoku S, Sakuma A, Oiwa A, Yoshida K, Ochiai R, Hanai Y, Hasegawa T,: Comparison of the effects of epidural patient-controlled analgesia and intravenouspatient-controlled analgesia on postoperative pain in patients with prostate cancer undergoing robotic prostatectomy.  4th SG ANZICS intensive Care Forum 2017,  Singapore,  2017/04
3. ◎Terada T, Sato N, Matsukawa H, Hashimoto Y, Nakazawa K, Fujita S, Watanabe M: The Incidence of Postoperative Delirium in My Facility.  4th SG ANZICS intensive Care Forum 2017,  Singapore,  2017/04
その他
1. ◎落合亮一: 手術室看護の基本⚫︎周術期における患者管理のチェックポイント⚫︎.  第21回手術室看護セミナー,  博多市,日本,  2017/07
2. ◎落合亮一: 『手術室看護の基本●周術期における患者管理のチェックポイント●』.  第21回手術室看護セミナー,  東京,日本,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者