東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 放射線医学講座(大橋)
 Department of Radiology (Ohashi)

教授:
  五味 達哉
臨床教授:
  関口 隆三
講師:
  長基 雅司
■ 概要
CT
CT で使用される造影剤の副作用に関して継続して研究を行っている.造影剤の副作用はおもに非腎性のアレルギー性副作用および腎性である造影剤腎症に分けられる.特に造影剤腎症に関してはクレアチニンをその指標として用いつつ,新たにバイオマーカーを用いて早期発見が可能であるか検討を行っている.また脱水の有無における造影剤腎症の発現に関して検討を行っている.
MRI
MRI は CT に比べ時間のかかる検査であり,特に腹部領域では比較的長い時間の息止めが必要になる.しかし高齢者では息止めが困難であることが多く,不十分な検査になることが多い.このため T1 強調画像でも T2 強調画像でも息止めなしに検査ができるシーケンスの検討を行い,実際の撮像に応用している.
■ Keywords
放射線診断学,造影剤,MRI
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  五味達哉 :日本磁気共鳴医学会代議員,日本画像医学会評議員,日本腹部放射線学会世話人,日本救急放射線研究会世話人,日本医学放射線学会関東地方会世話人,こまばイメージング代表世話人,TCEL MR meeting世話人, 泌尿器画像診断研究会世話人,東京泌尿器放射線勉強会世話人,Radiology Update世話人
2.  関口隆三 :日本超音波医学会 超音波検査士認定試験委員会 委員, 日本超音波医学会 乳房造影超音波診断基準検討小委員会 委員, 日本消化器がん検診学会関東甲信越支部 超音波研修委員会 世話人, 全国労働衛生団体連合会 腹部超音波検査専門委員会 委員, 日本乳腺甲状腺超音波医学会 幹事, 超音波ドプラ研究会 幹事, 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 世話人, Radiology Ultrasound研究会 世話人, 超音波スクリーニングネットワーク 副理事長, 国立がん研究センター がん対策情報センター がん医療支援研究部 画像診断コンサルテーション推進室 コンサルタント
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















五味 達哉   教授
 2 1       1     
 3
 
 3
 2
(2)
 2
関口 隆三   臨床教授
 3 1            1
 6
 1
 1
 
 
飯塚 有応   准教授
 1 1     1       1
 3
 
 1
 2
 2
長基 雅司   講師
  1            
 4
 
 2
 
 
江戸 博美   助教
  1            1
 
 
 1
 
 
杉山 三紀   助教
  1            
 1
 
 
 
 
角尾 美果   助教
  1            
 3
 
 1
 
 
長谷川 誠   助教
 1 1      1      1
 3
 
 2
 
 
村田 望   助教
              
 
 1
 
 
 
 7 0  0 1  0  4
(0)
 2
(0)
 4
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 林盛人, 佐藤健一郎, 齋藤紀彦, 横内哲也, 青木和哉, 櫻井貴敏, 伊藤圭介, 木村仁, 中山晴雄, 原科純一, 岩間淳哉, 石井匡, 平元侑, 平井希, 服部尚史, 飯塚有応, 五味達哉, 岩渕聡:  頚動脈プラーク成分別カラーイメージを用いたプラーク性状と頚動脈ステント留置術周術期における遠位塞栓の検討.  日本血管内治療学会誌  16 (1) :48 -53 , 2015
2. 五味達哉,長谷川誠,梶山亜希子,益田春香,江戸博美,杉山三紀,角尾美果,長基雅司,飯塚有応,関口隆三,関戸哲利:  副腎腫瘍の画像診断.  臨床画像  31 (6) :684 -694 , 2015
総説及び解説
1. 関口隆三:  エコーとの対比で学ぶCT・MRI画像の読み方 2 各領域におけるエコー・CT・MRI画像の有用性 1)消化器領域 (2)胆道.  Medical Technology  43 (12) :1258 -1263 , 2015
2. 五味達哉:  全身 MRI がもたらす効果を臨床面から説く.  新医療  42 (4) :36 -39 , 2015
3. 関口隆三:  自己免疫性膵炎と膵癌の超音波鑑別診断の実際.  胆と膵  36 (7) :679 -683 , 2015
4. 関口隆三:  臨床が求める超音波検査(胆道・膵臓・泌尿器領域).  超音波検査技術  40 (2) :235 -236 , 2015
5. 飯塚有応・堤義之・小西善史:  脊髄・脊椎疾患のIVR:アップデート 2.脊髄動静脈奇形・動静脈瘻の塞栓術.  日本インターヴェンショナルラジオロジー学会雑誌  30 (3) :15 -20 , 2015
その他
1. 長谷川誠:  「臨床画像」2015年6月号特集 副腎と腎臓の腫瘍性病変 -画像・臨床・病理の triangle-
特集アドバンストコース.  臨床画像  31 (10) :1262 -1266 , 2015
■ 著書
1. 堤 義之・飯塚有応:  小児脳血管奇形.  脳のMRI  845-851.  メジカル・サイエンス・インターナショナル,  東京, 2015
2. Hasegawa M , Gomi T:  Radiological Contrast Agents and Radiopharmaceuticals.  Side Effects of Drugs annual 37  583-593.  ELSEVIER,  The Netherlands, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎飯塚有応, 林盛人, 岩渕聡, 小西善史: 脊髄動静脈奇形に対する血管内治療:治療適応, 限界, 成績.  第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  岡山,  2015/11
2. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 横内哲也, 石井匡, 青木和哉, 木村仁, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 藤田聡, 飯塚有応, 八木文彦, 岩渕聡: 頚部内頚動脈高度狭窄におけるCAS前後の眼動脈血流方向と網膜血流量の変化.  第31回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  岡山,  2015/11
3. ◎関口隆三: イメージリーディングセッション2015 ~この症例をどう撮るか、どう読むか~.  日本超音波医学会第27回関東甲信越地方会学術集会,  東京,  2015/11
4. ◎栗原浩子、坂本裕衣、松本恵里子、岡野宏美、行澤斉悟、安藤二郎、関口隆三: Shear Wave Elastographyの表在領域における pit fall.  日本超音波医学会第27回関東甲信越地方会学術集会,  東京,  2015/11
5. ◎江戸博美, 梶山亜希子, 岩崎美樹子, 長谷川誠, 角尾美果, 長基雅司, 飯塚有応, 関口隆三, 五味達哉, 竹内康晴, 高橋啓: 若年者に生じた精巣原発悪性リンパ腫の1例.  第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会,  盛岡市,  2015/10
6. ◎栗原浩子, 坂本裕衣, 松本恵里子, 岡野宏美, 安藤二郎, 関口隆三: Shear Waveによる乳腺組織の検討.  第35回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  盛岡, 日本,  2015/09
7. ◎服部尚史, 五味達哉, 長谷川誠, 長基雅司, 中野晃枝, 林盛人, 岩渕聡: 頚動脈プラーク撮像のリファレンス部位の検討.  第43回磁気共鳴医学会大会,  東京,  2015/09
8. ◎関口隆三: 胆嚢の超音波検査手技.  日本超音波医学会第88回学術集会,  東京、日本,  2015/05
9. ◎平田容子, 根本清貴, 岩渕聡, 石井匡, 谷真理子, 濱崎千裕, 沼田悠梨子, 佐野保, 尾中航介, 安田朝子: 脳血流SPECTを用いたアルツハイマー病患者に対するガラタミン治療の反応予測(ポスター).  第56回日本神経学会学術大会,  新潟,  2015/05
10. 飯塚有応、長谷川誠、角尾美果、長基雅司、五味達哉、関口隆三: ガレン大静脈瘤に対する血管内治療(遺伝子、発生、治療適応、結果).  第74回日本医学放射線学会学術集会,  横浜,  2015/04
11. ◎Makoto Hasegawa, Tatsuya Gomi, Miki Sugiyama
Saori Morishita, Mika Tsuno, Masashi Nagamoto, Yuo Iizuka, Ryuzo Sekiguchi: The comparison of two different injection needles for dynamic contrast enhanced CT: The impact of sideholes.  第74回日本医学放射線学会総会,  Yokohama, Japan,  2015/04
国際学会
1. ◎Ryuzo Sekiguchi, Kentaro Yano, Michiko Harao, Jiro Ando, Seiji Igarashi, Kiyoka Omoto, Makoto Hasegawa, Masashi Nagamoto, Tatsuya Gomi: Preoperative detection and localization of sentinel lymph nodes using contrast-enhanced lymphatic ultrasonography in early stage breast cancer.  ECR2016,  Vienna, Austria,  2016/03
2. ◎Kajiyama A, Gomi T, Edo H, Iwasaki M, Hasegawa M, Tsunoo M, Nagamoto M, Iizuka Y, Sekiguchi R: -NGAL- a possible new biomarker to predeict renal dysfunction after CE-CE.  European Congress of Radiology 2016,  Vienna, Austria,  2016/03
3. ◎Murata N, Murata K: Do Macrocyclic Gadolinium Based Contrast Agents(GBCAs) Deposit Gd in Normal Brain Tissue in Patients Receiving Contrast Enhanced MRI?.  Radiology Society of North America (RSNA),  Chicago, USA,  2015/12
4. ◎Hayashi M, Iwabuchi S, Yagi F, Aoki K, Sato K, Saito N, Kimura H, Yokouchi T, Ishii M, Iizuka Y: Change in retinal blood flow after carotid artery stenting.  13th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (WFITN2015),  Gold Coast, Australia,  2015/11
5. ◎Hayashi M, Iwabuchi S, Sato K, Ishii M, Aoki K, Sakurai T, Kimura H, Ito K, Saito N, Nakayama H, Harashina J, Hiramoto Y, Hirai N, Hattori N, Iizuka Y, Gomi T: Use of Color-coded T1-weighted magnetic resonance plaque imaging for predicting distal embolism during carotid artery stenting.  53rd Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium 2015,  Chicago, USA,  2015/04
その他
1. ◎飯塚有応, 五味達哉, 伊藤圭介, 平元侑, 林盛人, 岩渕聡: 腰痛にて発症したParachordal Osseous Arteriovenous Malformationの1症例.  第32回東京脳血管内治療研究会,  東京,  2015/10
2. 飯塚有応、五味達哉、伊藤圭介, 平元 侑, 林 盛人, 岩渕 聡,: Parachordal Osseous Arteriovenous Malformation.  第32回東京脳血管内治療研究会,  東京,  2015/10
3. 林 基高、山下圭一、原田洋一、畑山 徹、河野拓司、佐藤栄志、塩川芳昭、小西善史、土屋一洋、飯塚有応: Neuroform支援下動脈瘤塞栓術後可逆性の脳実質画像変化を呈しアレルギーを疑った2症例.  第12回NPO法人日本脳神経血管内治療学会関東地方会,  東京,  2015/06
4. ◎五味達哉: 子宮の MRI 筋腫と肉腫を中心に.  第 18 回西新宿産婦人科研究会,  東京,  2015/05
5. 堤 義之、飯塚有応、小西 善史: Infantile Dural Arteriovenous Fistulaの1乳児例.  第2回 SAINT,  東京,  2015/05
6. ◎五味達哉: 腹部における CT, MRI 画像について.  第 4 回 Echelon ユーザーズミーティング,  大阪,  2015/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者