東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 放射線医学講座(大森)
 Department of Radiology (Omori)

教授:
  寺原 敦朗
准教授:
  白神 伸之
  新部 譲
  水村 直
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















寺原 敦朗   教授
  3  2  1        2
(2)
 9
(9)
 
 4
(4)
 
 
白神 伸之   准教授
 1   2          
 2
(1)
 
 1
(1)
 1
 
新部 譲   准教授
 2  2 2          4
(4)
 4
(3)
 3
(3)
 1
(1)
 
 
水村 直   准教授
 2 1  1  2        3
(3)
 8
(3)
 
 2
(2)
 5
(5)
 1
(1)
小林 正周   助教
  1            
 1
(1)
 
 1
(1)
 1
 
鈴木 賢一   助教
  1            
 1
(1)
 
 1
(1)
 
 
鈴木 秀明   助教
 1 1            1
(1)
 
 1
(1)
 
 
 
田村 謙太郎   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
松本 敬子   助教
  1            
 1
(1)
 
 1
(1)
 
 
 6 2  3 0  0  10
(10)
 4
(4)
 7
(5)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Jingu K, Matsuo Y, Onishi H, Yamamoto T, Aoki M, Murakami Y, Yamashita H, Kakuhara H, Nemoto K, Sakayauchi T, Okamoto M, Niibe Y, Nagata Y, Ogawa K:  Dose escalation imporves outcome in stereotactic body radiotherapy for pulmonary oligometastases from colorectal cancer.  Anticancer Research  37 (5) :2709 -2713 , 2017
2. Niibe Y, Onda T, Matsuo K, Inoue Y, Hayakawa K:  PhaseII study of concurrent chemoradiotherapy using nedaplatin for locally advanced uterine cervical carcinoma (KGROG0501): Final Results.  Anticancer Research  37 :6983 -6988 , 2017
3. Shigiyama F, Kumashiro N, Furukawa Y, Funayama T, Takeno K, Wakui N, Ikehara T, Nagai H, Taka H, Fujimura T, Uchino H, Tamura Y, Watada H, Nemoto T, Shiraga N, Sumino Y, Hirose T:  Characteristics of hepatic insulin-sensitive nonalcoholic fatty liver disease.  HEPATOLOGY COMMUNICATIONS  1 (7) :634 -647 , 2017
4. Tsukada Y, Higashi T, Shimada H, Kikuchi Y, Terahara A:  The use of neoadjuvant therapy for resectable locally advanced thoracic esophageal squamous cell carcinoma in an analysis of 5016 patients from 305 designated cancer care hospitals in Japan.  International Journal of Clinical Oncology  23 (1) :81-91 , 2018
5. Hashimoto H, Nakanishi R, Mizumura S, Hashimoto Y, Okamura Y, Kiuchi S, Yamazaki J, Ikeda T:  Prognostic value of 123I-betamethyl-p-iodophenyl-pentadecanoic acid single-photon emission computed tomography in patients with non-ischemic heart failure with preserved ejection fraction.  Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine  59 (2) :259 -265 , 2017
6. Jingu K,Niibe Y, Yamashita H, Katsui K, Matsumoto T, Nishina T, Terahara A:  Re-irradiation for oligo-recurrence from esophageal cancer with radiotherapy history: a multi-institutional study.  Radiation Oncology  12 :146 -146 , 2017
総説及び解説
1. 水村 直:  認知症SPECT画像のつくり方.  映像情報メディカル  49 (6) :14 -20 , 2017
2. 水村 直:  理想的な臨床脳SPECT画像作成を求めて
三検出器型ガンマカメラGCA-9300Rの有効性.  新医療  45 (3) :41 -45 , 2018
3. 鈴木秀明:  腎移植の画像診断:一般的事項に関して.  東邦医学会雑誌  64 (3) :166 -168 , 2017
4. 新部 譲, 寺原敦朗:  前立腺癌の骨oligometastasesに対する放射線治療: 個別化治療としてのoligo-recurrenceとsync-oligometastasesの分類の方向性.  泌尿器外科  30 (10) :1517 -1520 , 2017
5. 白神伸之, 松本敬子, 鈴木賢一, 小林正周, 鈴木秀明, 冨田 快, 水村 直, 寺原敦朗, 根本哲生, 渋谷和俊:  最新分類に基づく 画像による悪性腫瘍の病期診断2017:胃.  臨床画像  33 (4) :81 -103 , 2017
その他
1. 新部 譲, 神宮啓一, 寺原敦朗:  非小細胞肺癌のoligometastases: 副腎oligometastasesを中心に.  臨床放射線  62 (4) :601 -604 , 2017
2. Niibe Y, Jingu K, Onishi H:  Long-term outcome of surgery or stereotactic radiotherapy for lung oligo-recurrence.  Journal of Thoracic Oncology  12 (11) :e191 -e191 , 2017
■ 著書
1. 水村 直:  [認知症画像診断の最前線]脳機能・形態画像における画像統計解析.  老年脳神経外科診療マニュアル  44-55.  メジカルビュー社,  東京、日本, 2018
2. 寺原敦朗:  定位手術的照射.  がん・放射線療法2017  481-493.  学研メディカル秀潤社,  東京, 2017
3. 水村 直:  6脳核医学における臨床
1FDG-PET/CT.  核医学融合画像 基礎と臨床  200-206.  金原出版,  東京、日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. 水村 直: 脳血流定量の概要とピットフォール.  第27回北海道神経画像研究会,  札幌、日本,  2018/03
2. ◎岩渕聡, 林盛人, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 松木直也, 安藤猛晴, 濱崎千裕, 水村直: SPECT定性画像による新たな血行力学的脳虚血の重症度評価法.  第43回日本脳卒中学会学術集会,  福岡,  2018/03
3. 水村 直: パーキンソン症候群を呈する病態について 読影すべき画像所見とその限界.  第37回日本画像医学会,  東京、日本,  2018/02
4. ◎ 新部 譲, 山本貴也, 大西 洋, 山下英臣, 勝井邦彰, 寺原敦朗, 神宮啓一: 【JASTRO研究課題報告】 Oligometastases状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療の全国調査研究.  日本放射線腫瘍学会 第30回学術大会,  ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター, 大阪市, 大阪府,  2017/11
5. ◎ 神宮 啓一, 新部 譲, 山下英臣, 勝井邦彰, 松本俊彦, 仁科智裕, 寺原敦朗: 食道癌oligo-recurrenceに対する再照射治療成績:多施設後向き研究.  日本放射線腫瘍学会 第30回学術大会,  ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター, 大阪市, 大阪府,  2017/11
6. ◎寺原敦朗: EUDを用いた線量分布の合算について.  日本放射線腫瘍学会第30回学術大会,  大阪,  2017/11
7. ◎塚田庸一郎, 寺原敦朗, 東尚弘: 全国がん診療連携拠点病院における早期乳癌への乳房温存術後放射線療法の実態解析.  日本放射線腫瘍学会第30回学術大会,  大阪,  2017/11
8. ◎豊田達也, 寺原敦朗, 中川恵一: JRODのフォローの項目の値が安定してくる時期についての検討.  日本放射線腫瘍学会第30回学術大会,  大阪,  2017/11
9. ◎橋本英伸、中西理子、水村 直、橋本有希子、岡村 百合子、山中希有子、池田隆徳: HFpEF症例におけるMIBG imagingとホルター心電図解析による予後予測の可能性.  第57回日本核医学学会学術総会/第37回日本核医学学術総会学術大会,  横浜,  2017/10
10. ◎新部 譲, 山本貴也, 大西 洋, 山下英臣, 勝井邦彰, 松本康男, 呉 隆進, 青木昌彦, 神宮啓一, 寺原敦朗: 肺oligometastasesに対する体幹部定位放射線治療 (SBRT): 1,378症例での大規模多施設共同遡及的研究.  第58回 日本肺癌学会学術集会,  パシフィコ横浜、横浜市、神奈川県,  2017/10
11. 小久保 忠、立木一博、石井亘友、大久保卓史、島田 豊、水村 直: 骨等価溶液を用いた高分解能SPECT/CT画像の部分容積効果の評価.  第37回日本核医学技術学会学術総会,  横浜、日本,  2017/10
12. 石井亘友、小久保 忠、立木一博、大久保卓史、島田 豊、水村 直: ドパミントランスポータSPECTにおける線条体集積のプロフィールカーブ解析.  第37回日本核医学技術学会学術総会,  横浜、日本,  2017/10
13. ◎乾山光子, 菊池由宣, 西川雄治, 小林智子, 岡野直樹, 清水友理, 新部 譲, 寺原敦朗, 五十嵐良典: 放射線治療が有効であった未分化多型肉腫の1例.  第55回日本癌治療学会学術集会,  パシフィコ横浜、横浜市、神奈川県,  2017/10
14. ◎勝井邦彰, 新部 譲, 山下英臣, 松本俊彦, 仁科智裕, 神宮啓一, 寺原敦朗, 金澤 右: 食道癌リンパ節oligo-recurrenceに対する放射線療法の多施設での検討.  第55回日本癌治療学会学術集会,  パシフィコ横浜、横浜市、神奈川県,  2017/10
15. ◎ 新部 譲: 研修医セミナー 1:癌治療における放射線治療の役割 『Oligometastases:oligo-recurrenceとsync-oligometastasesに分けて考えよう』.  第53回 日本医学放射線学会秋季臨床大会,  ひめぎんホール, 松山市, 愛媛県,  2017/09
16. ◎寺原敦朗: RIS及び放射線治療計画支援ソフトを用いた放射線治療関連情報の管理.  日本医学放射線学会秋季臨床大会第30回電子情報研究会,  松山市,  2017/09
17. ◎鈴木秀明1)、梶山亜希子1) 、小林正周1) 、田村謙太郎1) 、鈴木賢一1) 、松本敬子1) 、水村直1) 、白神伸之1) 、後町杏子2) 、本間栄2)
1)東邦大学医療センター大森病院 放射線科 2)東邦大学医療センター大森病院 呼吸器内科: 肺外病変を伴う肺吸虫症の一例.  第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会,  松山, 愛媛,  2017/09
18. 諸岡 都、窪田和雄、水村 直、寺原敦朗、岡 慎一、諸井雅男: 核医学で炎症を捉える.  第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会,  松山、日本,  2017/09
19. 水村 直: アミ口イドイメージングの意義.  PETサマーセミナー2017in奈良,  奈良、日本,  2017/08
20. ◎ 新部 譲, 寺原敦朗: Oligometastases: oligo-recurrenceとsync-oligometastasesへの放射線治療の意義.  第15回 日本臨床腫瘍学会学術集会,  神戸国際会議場, 神戸市, 兵庫県,  2017/07
21. ◎橋本英伸、中西理子、橋本有希子、岡村由利子、池田隆徳、水村 直: HFpEF症例におけるMIBG imagingとホルター心電図解析による予後予測の可能性.  第87回日本核医学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/07
22. ◎神宮 啓一, 新部 譲, 山下英臣, 勝井邦彰, 松本俊彦, 仁科智裕, 寺原敦朗: 食道癌リンパ節oligo-recurrenceに対する放射線療法: 多施設共同研究.  第71回 日本食道癌学会学術集会,  軽井沢プリンスホテル, 軽井沢, 長野県,  2017/06
23. ◎田井怜敏, 大橋靖, 川島潤之, 中野秀治, 板橋淑裕, 村松真樹, 白神伸之, 相川厚, 酒井謙: 生体腎移植患者における 内臓脂肪面積と移植腎予後の関係.  第60回日本腎臓学会学術総会,  仙台, 日本,  2017/05
24. 今井太一, 石井亘友, 小久保忠, 関口幸二, 立木一博, 大久保卓志, 水村直: 画像再構成条件と統計ノイズがSPECTデータから作成した放射能濃度画像へ及ぼす影響.  第73回日本放射線技術学会総会,  横浜、日本,  2017/04
国際学会
1. ◎ Niibe Y, Yamamoto T, Onishi H, Yamshita H, Katsui K, Matsumoto Y, Ryoong-Jin Oh, Aoki Masahiko, Shitani T, Myojin M, Yamada K, Kobasyashi M, Ozaki M, Manabe Y, Yahara K, Nishikawa A, Kakuhara H, Matsuoka Y, Yamamoto K, Fukuda T, Ushijima Y, Ohashi S, Kan T, Kubota S, Inoue T, Yamaguchi N, Takada Y, Nagata K, Suzuki O, Shirai K, Terahara A, Jingu K: Pulmonary oligometastases treated by stereotactic body radiation therapy(SBRT): a nationwide survey of 1,378 patients.  IASLC 18th World Conference on Lung Cancer,  Pacifico Yokohama, Yokohama, Kanagawa, Japan,  2017/10
2. ◎ Niibe Y, Yamamoto T, Onishi H, Yamashita H, Katsui K, Matsumoto Y, Oh R, Aoki M, Shintani T, Myojin M, Yamada K, Kobayashi M, Ozaki M, Manabe K, Yahara K, Nishikawa H, Kakuhara H, Matsuoka Y, Terahara A, Jingu K: Pulmonary oligometastases treated by stereotacitc body radiotherapy: A nationwide multi-institutional study of 1,378 subjects.  59th Annual Meeting of American Society for Radiaton Oncology (ASTRO 2017),  San Diego Covention Center, San Diego, USA,  2017/09
3. ◎Jingu K, Niibe Y, Yamashita H, Katsui K, Matsumoto T, Nishina T, Terahara A: Re-irradiation for oligo-recurrence from esophageal cancer with radiotherapy history.  36th Annual Meeting of European Society for Radiotherapy & Oncology (ESTRO 36),  Vienna, Austria,  2017/05
4. ◎Niibe Y, Chang JY, Jingu K, Yamashita H, Yamamoto T, Katsui K, Onishi H, Hayakawa K, Terahara A, Shirato H: Classification of Oligometastases: Oligo-recurrence and Sync-oligometastases.  The 76th Annual Meeting of the Japan Radiological Society,  Pacifico Yokohama, Yokohama, Kanagawa, Japan,  2017/04
5. ◎Hideaki Suzuki1, Kozo Sato2, Shinji Hisatake3, Kai Tonda1,
Masahiro Kobayashi1, Kenichi Suzuki1, Keiko Matsumoto1,
Sunao Mizumura1, Nobuyuki Shiraga1
Department of Diagnostic Radiology, Toho University Omori Medical Center1
Department of Diagnostic Radiology, Saiseikai Yokohamashi Tobu Hospital 2
Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine, the Faculty of Medicine, Toho University3: Utility of Coronary CT Angiography in the Detection of the Irregularity of Plaque Surfaces, which may Predict Coronary Artery Re-stenosis.  第 76 回 日本医学放射線学会総会日,  yokohama, japan,  2017/04
その他
1. 水村 直: ダットスキャン読影のポイント.  山口DAT読影講習会,  山口、日本,  2018/03
2. 水村 直: VSRAD臨床使用の実際と機能画像との相補的利用.  磁気共鳴塾2018,  東京、日本,  2018/02
3. 水村 直: 脳血流SPECT読影のポイント.  第5回東京脳核医学読影セミナー,  東京、日本,  2018/02
4. 水村 直: 脳アミロイドPETイメージング読影法.  アミロイドイメージング講演会,  東京、日本,  2017/09
5. 水村 直: 脳血流SPECT定量による測定値の利用と限界.  第33回ブレイン・ファンクショナル・イメージング・カンファレンス,  神戸、日本,  2017/09
6. 水村 直: 脳血流SPECT 読影ポイント.  第4回東京脳核医学読影実践セミナー,  東京、日本,  2017/08
7. 白神伸之: 当院におけるDual energy CTの臨床運用.  第4回城南地区画像診断とIVRセミナー,  東京,  2017/07
8. ◎小林正周: 胸部CTの読影について.  第4回 関東フレッシュマンズフォーラム,  東京,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者