東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大森)
 Department of Ophthalmology (Omori)

教授:
  堀 裕一
准教授:
  柴 友明
講師:
  松本 直
助教:
  岡島行伸
  鈴木佑佳
  有村 哲
  熊代 俊
  長村洋徳
シニアレジデント:
内匠秀尚
レジデント:
  土橋七絵
  渡邊 綾
  森山沙帆
  渡辺研人
  田島彬子
  鄭 有人
  永田有司
大学院生
  岩下紘子
  小林達彦
  小松哲也
  糸川貴之
■ 概要
新しい角膜移植術の開発および臨床研究
各種角膜移植術(全層移植、表層移植、深層移植、内皮移植、培養上皮移植)における新しい術式およびその手術器具の開発を行い、臨床研究を行う
眼循環と全身疾患との関連についての研究
眼循環、特に網膜および視神経の血流と全身疾患(循環器疾患、呼吸器疾患、腎疾患)との関連についてレーザースペックルフローグラフィを用いての臨床研究を行う
新生児における眼底血流の研究
新生児用レーザースペックルを用いて、新生児の眼血流の研究を行う。さらに未熟児網膜症の病態や発症メカニズムについての研究を行う
正常人における眼血流の日本人データベースの構築
眼表面ムチンの発現および機能に関する研究
眼感染症における重症化メカニズムの遺伝子解析
コンタクトレンズ装用が角膜に与える影響についての研究
眼球および付属器における血流動態についての研究
増殖糖尿病網膜症に関連した研究
流涙症を来す疾患の病態および原因についての研究
■ Keywords
角膜移植、黄斑疾患、網膜硝子体手術、網膜剥離、未熟児網膜症、緑内障、眼瞼および涙道疾患、ぶどう膜炎
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  堀 裕一 :日本眼科学会評議員, 日本角膜学会理事・評議員, 日本眼感染症学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















堀 裕一   教授
 1 3 1 2   2       3
(2)
 17
 2
(1)
 1
 
 
柴 友明   准教授
  1  2          1
 12
 
 
 
 
松本 直   講師
  1  1          6
(1)
 11
 
 
 
 
有村 哲   助教
              1
 3
 
 
 
 
岡島 行伸   助教
  2    1        
 2
 
 2
 
 
岡部 智子   助教
      1        
 
 
 
 
 
長村 洋徳   助教
              
 3
 
 
 
 
片山 雄治   助教
 1             
 
 
 
 
 
熊代 俊   助教
              1
 2
 
 
 
 
権田 恭広   助教
  1            
 1
 
 
 
 
鈴木 佑佳   助教
              
 
 
 
 
 
 2 1  2 0  0  12
(3)
 2
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hashimoto1 R, Jiang M, Shiba T, Hiruta N, Takahashi M, Higashi M, Hori Y, Bujo H, Maeno T:  Soluble form of LR11 is highly increased in the vitreous fluids of patients with idiopathic epiretinal membrane.  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.  255 (5) :885 -891 , 2017
2. Hori Y, Kageyama T, Sakamoto A, Shiba T, Nakamura M, Maeno T:  Comparison of Short-Term Effects of Diquafosol and Rebamipide on Mucin 5AC Level on the Rabbit Ocular Surface.  Journal of ocular pharmacology and therapeutics  33 (6) :493 -497 , 2017
3. ◎Shiba T, Takahashi M, Matsumoto T, Hori Y:  Differences in optic nerve head microcirculation between evening and morning in patients with coronary artery disease.  Microcirculation  :Epub -Epub , 2017
総説及び解説
1. 堀 裕一:  日本のドライアイの定義と診断基準の変遷.  眼科  59 (11) :1359 -1363 , 2017
症例報告
1. 片山雄治, 曽根崎雅也, 松本 直, 柴 友明, 堀 裕一:  PMMA眼内レンズ偏位に対し小切開吊上げ法を行った3例.  眼科手術  30 (2) :369 -373 , 2017
2. 曽根崎雅也, 岡島行伸, 柿栖康二, 糸川貴之, 鈴木 崇, 堀 裕一:  特発性周辺部角膜潰瘍の治療中にサイトメガロウイルス角膜内皮炎を発症した1例.  眼科臨床紀要  10 (11) :901 -904 , 2017
3. 山口由佳, 権田恭広, 一ノ瀬ルル, 柿栖康二, 岡島行伸, 堀裕一, 深澤由里, 本間尚子, 渋谷和俊.:  角膜移植により重度の羞明が改善した金柑型膠様滴状角膜ジストロフィの1例.  臨床眼科  71 (4) :583 -586 , 2017
■ 著書
1. 松本 直:    第111回医師国家試験試験問題解説  1-433.  MEDIC MEDIA,  東京, 2017
2. 岡島行伸, 堀 裕一:  角膜炎の診断・治療に関する検査.  臨床眼科増刊号「眼科基本検査パーフェクト 理論と実技のすべてがわかる」  250-256.  医学書院,  東京都文京区, 2017
3. 岡部智子, 堀 裕一:  強膜炎、上強膜炎.  私の治療 2017-18年度版  1276-1276.  日本医事新報社,  東京都千代田区, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎冨田匡彦, 松本 直, 渡辺研人, 柴 友明, 堀 裕一, 石川 均: 外傷性視神経症経過観察中の心因性視力障害に立体視機能検査が有用であった一例.  第55回日本神経眼科学会総会,  パシフィコ横浜、神奈川県横浜市,  2017/11
2. ◎松本 直, 冨田匡彦, 渡辺研人, 柴 友明, 堀 裕一, 石川 均: 眼筋型重症筋無力症とdouble elevator palsy で診断を迷う1例.  第55回日本神経眼科学会総会,  パシフィコ横浜、神奈川県横浜市,  2017/11
3. ◎渡辺研人, 松本 直, 柴 友明, 冨田匡彦, 森山紗帆, 堀 裕一, 石川 均: 原田病に合併したAdie瞳孔の1例.  第55回日本神経眼科学会総会,  パシフェイコ横浜、神奈川県横浜市,  2017/11
4. ◎山口由佳, 有村哲, 柴友明, 小林達彦, 権田恭広, 松本直, 堀裕一: 経時的に眼血流測定を行ったサイトメガロウイルス網膜炎の1例.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
5. ◎有村 哲, 柴 友明, 熊代 俊, 長村洋徳, 松本 直, 堀 裕一: 末期腎不全における血清クレアチニン値と視神経乳頭血流の関連.  第71回日本臨床眼科学会,  東京国際フォーラム、東京都千代田区,  2017/10
6. ◎山内悠也, 松本 直, 糸川貴之, 柴 友明, 堀 裕一: LSFGとOCTを診断、治療効果判定に用いた乳頭浮腫型原田病の一例.  第71回日本臨床眼科学会,  東京国際フォーラム、東京都千代田区,  2017/10
7. ◎松本 直: 治療方針に悩む前眼部形成不全.  第11回小児眼科診療セミナー,  東京,  2017/09
8. ◎堀 裕一: 我が国の羊膜移植について 先進医療から保険収載へ.  第16回日本組織移植学会総会・学術集会,  ウェスティン都ホテル京都、京都市,  2017/08
9. ◎糸川貴之, 岩下紘子, 岡島行伸, 堀 裕一: 3%ジクアホソルナトリウム点眼の眼表面温度変化に与える影響.  フォーサム2017,  大阪国際会議場、大阪市,  2017/07
10. ◎鈴木 崇, 岡島行伸, 糸川貴之, 堀 裕一: ソフトコンタクトレンズ装用中のドライアイ自覚症状と涙液パラメーターの相関の検討.  フォーサム2017,  大阪国際会議場、大阪市,  2017/07
11. ◎鈴木 崇, 堀 裕一: 角膜炎由来MRSA ST764株の全ゲノム解析.  フォーサム2017,  大阪国際会議場、大阪市、,  2017/07
12. ◎堀 裕一: オキュラーサーフェスの加齢変化と白内障術後視力について.  第32回JSCRS学術総会,  福岡国際会議場、福岡県福岡市,  2017/06
13. ◎松本 直: Ocular blood flow values measured by laser speckle flowgraphy correlated with the postmenstrual age of normal neonates.  第42回日本小児眼科学会,  金沢,  2017/06
14. ◎松本 直,糸川貴之,柴 友明,富田匡彦,玉置一智,平林将明,堀 裕一: LSFGを用い眼血流経過が観察できた、IVB、光凝固併用療法を行った未熟児網膜症の1例.  第42回日本小児眼科学会,  金沢,  2017/06
15. ◎草間涼菜,佐島 毅,松本 直,堀 裕一: 眼科医療における知的障害時への対応に関する実態調査ー検査実態及び来院実態ー.  第42回日本小児眼科学会,  金沢,  2017/06
16. ◎糸川貴之,松本 直,長村洋徳,功刀葉子,平山真奈美,堀 裕一: 小児不同視弱視眼におけるレーザースペックルフローグラフィーによる眼血流胴体の評価.  第73回日本弱視斜視学会,  金沢,  2017/06
17. ◎松本 直: 当科斜視外来で遭遇した様々な疾患について.  東邦大学学術研究会,  東京,  2017/06
18. ◎熊代 俊,柴 友明,有村 哲,松本 直,堀 裕一: 中心性漿液性脈絡網膜症の軽快、再燃における眼血流の変化の経過を追えた一例.  第87回九州眼科学会,  宮崎、日本,  2017/05
19. ◎有村 哲, 柴 友明, 熊代 俊, 長村 洋徳, 松本 直, 堀 裕一: 末期腎不全における血清クレアチニン値と 視神経乳頭血流の関連.  第87回九州眼科学会,  宮崎、日本,  2017/05
20. ◎堀 裕一: シンポジウム18眼科先進医療の将来「羊膜移植術」.  第121回日本眼科学会総会,  東京国際フォーラム、東京都千代田区,  2017/04
21. ◎長村洋徳、柴友明、糸川孝之、松本直、堀裕一: laser speckle flowgraphy による眼血流と網膜細動脈硬化及び網脈絡膜循環時間の関係.  第121 回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
22. ◎橋本りゅう也, 武城英明, 柴友明, 蛭田啓之, 高橋真生, 堀裕一, 前野貴俊: 特発性黄斑前膜において増加する硝子体可溶型LR11の病的意義の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
23. ◎松本直、斉藤雄太、糸川貴之、富田匡彦、柴友明、高橋春男、堀裕一: LSFG-Micro を用いた、未熟児網膜症モデルラットの眼血流と網膜VEGF 濃度は相関する.  第121 回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
24. ◎太刀川貴子、武井正人、清田眞理子、斉藤雄太、東範行、丸子一朗、根岸貴志、野田英一郎、大熊康弘、吉田圭1、藤巻拓郎、松本直、渡邊恵美子: 超低出生体重児における未熟児網膜症 東京都 多施設研究 第2 報 合併症.  第121 回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
25. 柴友明, 高橋真生, 松本直, 堀裕一: 冠動脈疾患既往症例は朝に視神経乳頭組織血流が低下する.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
国際学会
1. ◎Yuichi Hori: Ocular Surface Temperature and Tear Film Stability.  The 58th Annual Meeting of the Ophthalmological Society of Taiwan, The 14th Japan-Taiwan Joint Meeting of Ophthalmology,  NTUH International Convention Center, Taipei, Taiwan,  2017/11
2. ◎Hori Y, Itokawa T, Okajima Y: Correlation between Ocular Surface Temperature and Tear Film Stability in Soft Contact Lens Wearers.  The 10th Joint Meeting of Korea-China-Japan Ophthalmologists,  Grand Walkerhill hotel, Seoul, Korea,  2017/11
3. ◎Takashi Itokawa, Yukinobu Okajima, Hiroko Iwashita, Yuichi Hori: Correlation between Ocular Surface Temperature and Tear Film Stability in Soft Contact Lens Wear.  ARVO2017,  Baltimore Convention Center, Baltimore, USA,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者