東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大森)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  本間 栄
准教授:
  坂本 晋
  高井 雄二郎
講師:
  磯部 和順
  杉野 圭史
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















本間 栄   教授
  2  5          
 9
(4)
 
 3
 
 5
(2)
坂本 晋   准教授
    3          
 1
 
 1
 
 2
高井 雄二郎   准教授
              
 1
 
 
 
 2
(1)
磯部 和順   講師
    1          
 5
(1)
 
 3
 
 3
杉野 圭史   講師
 1             1
(1)
 6
(4)
 
 
 
 2
(1)
一色 琢磨   助教
   1 2          
 1
 
 
 
 
卜部 尚久   助教
   1           
 
 
 
 
 1
太田 宏樹   助教
              
 
 
 
 
 1
鏑木 教平   助教
              
 
 
 
 
 2
(1)
菊池 直   助教
    1          
 
 
 
 
 
草野 英美子   助教
              
 
 
 
 
 
後町 杏子   助教
              1
(1)
 1
(1)
 
 
 
 2
(1)
佐藤 敬太   助教
              
 
 
 
 
 
佐藤 大輔   助教
              
 
 
 
 
 1
(1)
佐野 剛   助教
    1          
 1
 
 
 
 1
 1 2  0 0  0  2
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Koyama K, Isshiki T, Shimizu H, Kurosaki A, Homma S.:  The Activities of Daily Living after an Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  56 (21) :2837 -2843 , 2017
2. Urabe N, Sakamoto S, Sano G, Suzuki J, Hebisawa A, Nakamura Y, Koyama K, Ishii Y, Tateda K, Homma S.:  Usefulness of Two Aspergillus PCR Assays and Aspergillus Galactomannan and β-d-Glucan Testing of Bronchoalveolar Lavage Fluid for Diagnosis of Chronic Pulmonary Aspergillosis.  Journal of clinical microbiology  55 (6) :1738 -1746 , 2017
3. Furuya K, Sakamoto S, Shimizu H, Sekiya M, Kinoshita A, Isshiki T, Sugino K, Matsumoto K, Homma S.:  Pirfenidone for acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis: A retrospective study.  Respiratory medicine  126 :169 -173 , 2017
4. Isshiki T, Akiba H, Nakayama M, Harada N, Okumura K, Homma S, Miyake S:  Cutting Edge : Anti- TIm3 Treatment Exacerbates Pulmonary Inflammation and Fibrosis in Mice.  The Journal of Immunology  199 (11) :3733 -3737 , 2017
症例報告
1. Makino T, Hata Y, Otsuka H, Koezuka S, Kikuchi N, Isobe K, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Diffuse FDG uptake in bone marrow in patient with granulocyte colony-stimulating factor-producing pleomorphic carcinoma of the lung: a case report.  Molecular and Clinical Oncology  7 :103 -106 , 2017
その他
1. 一色 琢磨、秋葉 久弥:  基礎免疫からの考察.  KeynoteR.A  5 (3) :9 -13 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎牧野 崇、大塚 創、肥塚 智、東 陽子、秦 美暢、磯部 和順、栃木 直文、大国 生幸、渋谷 和俊、本間 栄、海老原 覚、伊豫田 明、: COPD合併肺癌における周術期LAMA/LABA吸入療法の有用性.  第79回臨床外科学会総会,  東京,  2017/11
2. 後町 杏子, 杉野 圭史, 仲村 泰彦, 岩波 裕治, 海老原 賢人, 海老原 覚, 本間 栄: 慢性線維化型間質性肺炎におけるサルコペニアの臨床的特徴.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
3. ◎岩波 裕治, 海老原 賢人, 宮城 翠, 後町 杏子, 仲村 泰彦, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 突発性間質性肺炎患者の重症度にみた外来呼吸リハビリテーションの効果.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
4. ◎毛利 奨吾, 杉野 圭史, 内 昌之, 伊豆蔵 英明, 大国 生幸, 宮城 翠, 海老原 覚: 集学的治が奏功したび漫性汎細気管支炎(DPB)の一症例.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
5. 杉野 圭史, 海老原 覚, 坪井 永保, 本間 栄: 間質性肺炎の合併症対策.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
6. ◎三好 嗣臣、黒澤 武介、仁科 隆史、
山崎 創、本間 栄、中野 裕康: Ⅱ型肺胞上皮細胞障害の障害と再生に関する解析.  第26回日本Cell Death学会学術集会,  東京都大田区,  2017/07
7. ◎関谷宗之, 一色琢磨, 佐野剛, 杉野圭司, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 定本聡太, 若山恵, 栃木直文, 澁谷和俊, 本間栄.: 肺癌腫瘍内壊死部に感染したM.abscessus肺感染の1剖検例.  第225回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2017/07
8. ◎牧野 崇、大塚 創、肥塚 智、安積 隆、秦 美暢、杉野 圭史、磯部 和順、栃木 直文、本間 栄、澁谷 和俊、伊豫田 明、: 悪性気道狭窄に対しAERO ステント留置を行った一例.  第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  長崎,  2017/06
9. ◎牧野崇, 三上哲夫, 栃木直文, 秦美暢, 肥塚智, 安積隆, 大塚創, 杉野圭史, 磯部和順, 本間栄, 渋谷和俊, 伊豫田明: 個別化医療を目指した肺大細胞神経内分泌癌切除例におけるバイオマーカー発現の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜, 日本,  2017/04
国際学会
1. ◎Takashi Makino、T.Mikami、Y.Hata、H.Otsuka、S.Koezuka、Yoko Azuma、 Kazutoshi Isobe、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、Akira Iyoda、: Prediction of Potential Biomarkers for Personalized Treatment in Pulmonary Large-Cell Neuroendocrine Carcinoma.  18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
2. ◎Yoko Azuma、H.Otsuka、Takashi Makino、S.Koezuka、Kazutoshi Isobe、S.Sakamoto、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、Akira Iyoda、: Surgery for Patients with Lung Cancer Associated with Interstitial Pneumonia.  18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
3. ◎Akira Iyoda、Yoko Azuma、T.Makino、H.Otsuka、S.Koezuka、N.Tochigi、K.Shibuya、T.Mikami、Kazutoshi Isobe、S.Homma: Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC.  the 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
その他
1. ◎東 陽子、大塚 創、肥塚 智、牧野 崇、秦 美暢、磯部 和順
坂本 晋、本間 栄、伊豫田 明: CPFE合併肺癌術後にブラ穿孔を認めた1例.  第21回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会,  福岡,  2017/09
2. ◎肥塚 智、大塚 創、牧野 崇、東 陽子、秦 美暢、磯部 和順、本間 栄、中島 裕康
佐藤 之俊、伊豫田 明: 左胸膜肺全摘術後4年半を経過した後に特異な経過を示した悪性胸膜中皮腫の1例.  第8回 JMIG 研究会,  横浜,  2017/09
3. ◎松山尚世, 後町杏子, 三好嗣臣, 太田宏樹, 卜部尚久, 鈴木亜依香, 鏑木教平, 杉野圭史, 佐野剛, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 二本柳康博, 澁谷和俊, 本間栄.: 間質性肺炎治療中に合併した侵襲性肺アスペルギルス症の一例.  第38回関東医真菌懇話会,  東京,  2017/06
4. ◎海老原 賢人, 内 昌之, 岩波 裕治, 大国 生幸, 伊豆蔵 英明, 宮城 翠, 後町 杏子, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 3ヶ月の外来呼吸リハビリテーションにより、ADLおよび心理面に改善がみられた関節リウマチに膠原病関連間質性肺炎を合併した一症例.  第4回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 関東支部学術集会,  東京,  2017/06
5. ◎高井 雄二郎, 鏑木 教平, 吉澤 孝浩, 臼井 優介, 佐藤 大輔, 本間 栄, 海老原 賢人, 宮城 翠, 大国 生幸, 海老原 覚: 大腿骨骨幹部骨折を合併したMcCuneAlbright症候群に対して全身麻酔火手術および在宅復帰が可能となった1例.  第4回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 関東支部学術集会,  東京,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者