東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大森)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  本間 栄
准教授:
  坂本 晋
  高井 雄二郎
講師:
  磯部 和順
  杉野 圭史
■ 概要
1.特発性間質性肺炎に関する研究
1)特発性肺線維症に対するN-アセチルシステイン療法と酸化ストレスに関する研究
2)特発性間質性肺炎に合併する肺癌の発生機序に関する研究
3)特発性間質性肺炎の周術期管理に関する研究
4)マウスブレオマイシン肺臓炎モデルにおけるNアセルシステインおよびピルフェニドンの併用効果とレドックス制御
5)IPFにおけるピルフェニドン(PFD)およびPFD+N-アセチルシステイン(NAC)併用療法の効果とレドックス制御
6)気腫合併特発性肺線維症における肺癌発生メカニズムの病理学的検討
2.閉塞性細気管支炎に関する研究
1)閉塞性細気管支炎の病理学的再構築に関する研究
2)閉塞性細気管支炎の発症機序に関する研究
3.呼吸器感染症の病態と治療に関する研究
1)院内肺炎の疫学と原因菌に関する研究
2)慢性気道感染症に対するマクロライド療法に関する研究
3)肺炎球菌性肺炎における尿中抗原の診断的意義に関する研究
4.呼吸不全の病態と治療に関する研究
1)睡眠時呼吸異常に関する研究
2)COPDのリハビリテーションに関する研究
3)慢性呼吸不全患者に対するNIPPVに関する研究
4)インフルエンザ(H5N1)の死因となる急性肺障害の病態解析
5.難治性血管炎に関する研究
1)難治性血管炎に合併する肺病変の画像的特徴
■ Keywords
院内感染, 耐性菌, 迅速診断, 無呼吸, 呼吸筋訓練, 人工呼吸, 急性増悪, 閉塞性細気管支炎, びまん性肺疾患, 間質性肺炎, 難治性血管炎, 肺癌
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  呼吸器内科感染症班
 研究課題:患者呼気を用いたガスクロマトグラフ質量分析計による感染症起因菌鑑別法の開発-緑膿菌鑑別法の検討-  (研究代表者:本間 栄)
 研究補助金:1200000円  (代表)
2.  公益財団法人喫煙科学研究財団
 研究課題:特発性肺線維症における筋線維芽細胞の抗アポトーシス作用とミトコンドリア品質管理について喫煙が及ぼす影響  (研究代表者:本間 栄)
 研究補助金:2000000円  (代表)
3.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
 研究課題:難治性血管炎に関する調査研究  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:80000円  (分担)
4.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
 研究課題:びまん性肺疾患に関する調査研究  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:300000円  (分担)
5.  日本医療研究開発委託事業 難治性疾患実用化研究事業
 研究課題:難治性血管炎診療のエビデンス構築のための戦略的研究  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:300001円  (分担)
6.  日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
 研究課題:高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する国際連携研究  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:500000円  (分担)
7.  日本医療研究開発機構(難治性疾患実用化研究事業)
 研究課題:特発性間質性肺炎の診断精度向上とエビデンス創出のためのクラウド型統合データベースとインタラクティブ診断システムの開発に関する研究  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:250000円  (分担)
8.  日本医療研究開発機構(難治性疾患実用化研究事業)
 研究課題:肺胞蛋白症診療に直結するエビデンス創出研究:重症難治例の診断治療管理  (研究協力者:本間 栄)
 研究補助金:79120円  (協力)
9.  文部科学省 私立大学研究ブランディング事業
 研究課題:上皮バリア機構の不全により生じる疾患の克服を目指したブランディング事業  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:1000000円  (分担)
10.  文部科学省科学研究費助成助成事業 基盤研究(C)
 研究課題:間質性肺炎患者に対する包括的リハビリテーションにおける教育プログラムの開発  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:100000円  (分担)
11.  文部科学省科学研究費助成助成事業 挑戦的萌芽研究
 研究課題:直線偏光近赤外線レーザー照射による新規呼吸リハビリテーションの開発  (研究分担者:本間 栄)
 研究補助金:50000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















本間 栄   教授
 11 12  14   7       1
 45
(37)
 2
(2)
 12
(9)
 16
(16)
 17
(14)
坂本 晋   准教授
 2 3  5   2       1
(1)
 22
(20)
 
 8
(7)
 
 5
(3)
高井 雄二郎   准教授
  2     1       3
(2)
 20
(16)
 
 2
(2)
 
 4
(3)
磯部 和順   講師
 1 2  4          1
(1)
 22
(17)
 
 8
(4)
 1
(1)
 5
(2)
杉野 圭史   講師
 1 4 1 1          3
(3)
 23
(19)
 1
(1)
 6
(6)
 
 3
(2)
一色 琢磨   助教
   1 3          
 8
(7)
 
 2
(2)
 2
(2)
 2
(2)
伊藤 貴文   助教
              1
(1)
 1
(1)
 
 
 
 1
(1)
卜部 尚久   助教
   1           2
(2)
 5
(5)
 
 1
(1)
 
 2
(1)
太田 宏樹   助教
              2
(2)
 9
(8)
 
 
 
 1
鏑木 教平   助教
  2            2
(2)
 13
(12)
 
 2
(2)
 
 2
(1)
菊池 直   助教
    1          
 
 
 
 
 
草野 英美子   助教
              1
(1)
 
 
 
 
 
後町 杏子   助教
 2 2            2
(2)
 17
(16)
 
 4
(4)
 
 2
(1)
佐藤 敬太   助教
              
 
 
 
 
 
佐藤 大輔   助教
              
 2
(2)
 
 
 
 1
(1)
佐野 剛   助教
  2  1          1
 17
(16)
 
 2
(2)
 
 2
(1)
澤田 哲郎   助教
              
 1
(1)
 
 1
(1)
 1
(1)
 
 17 3  0 0  0  20
(17)
 3
(3)
 20
(20)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 後町杏子、杉野圭史、三上哲夫、本間 栄:  PR3-ANCA陽性重症潰瘍性大腸炎に合併した肺多発結節・小粒状病変に対して大腸全摘術を含む集学的治療が奏功した1例.  Terapeutic Research  38 (7) :689 -690 , 2017
2. 後町杏子、鷲澤尚宏、本間 栄:  胃全摘術後患者の肺炎治療において経皮経食道胃管挿入術の手技を用いた小腸経管栄養が有効であった1例.  日本静脈経腸栄養学会雑誌  32 (4) :1366 -1368 , 2017
3. Kaburaki K, Sugino K, Kobayashi H, Sekiya T, Takai Y, Shibuya K, Homma S:  Miliary tuberculosis that developed after intravesical bacillus calmet-guerin therapy.  Inter Med 56  56 :1563 -1567 , 2017
4. Kazuya Koyama, Susumu Sakamoto, Takuma Isshiki, Hiroshige Shimizu, Atsuko Kurosaki, Sakae Homma:  The activities of daily living after an acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis. (DOI: 10.2169/internalmedicine.7875-16) 2017.  Intern Med Advance Publication  :7875 -16 , 2017
5. Koyama K, Isshiki T, Shimizu H, Kurosaki A, Homma S.:  The Activities of Daily Living after an Acute Exacerbation of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  56 (21) :2837 -2843 , 2017
6. Urabe N, Sakamoto S, Sano G, Suzuki J, Hebisawa A, Nakamura Y, Koyama K, Ishii Y, Tateda K, Homma S.:  Usefulness of Two Aspergillus PCR Assays and Aspergillus Galactomannan and β-d-Glucan Testing of Bronchoalveolar Lavage Fluid for Diagnosis of Chronic Pulmonary Aspergillosis.  Journal of clinical microbiology  55 (6) :1738 -1746 , 2017
7. Furuya K, Sakamoto S, Shimizu H, Sekiya M, Kinoshita A, Isshiki T, Sugino K, Matsumoto K, Homma S.:  Pirfenidone for acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis: A retrospective study.  Respiratory medicine  126 :169 -173 , 2017
8. Sugino K, Nakamura Y, Sekiya M,Kobayashi H, Shibuya K, Homma S:  Fatal diffuse alveolara haemorrhage mimicking acute exacerbation in ifdiopathic pulmonary fibrosis treated with nitedanib.  Respirol Case Rep  - (-) :- -- , 2017
9. Miyamoto A, Kurosaki A, Fujii T, Kishi K, Homma S:  HRCT features of surgically resected invasive mucinous adenocarcinoma associated with interstitial pnemonia.  Respirology  22 :735 -743 , 2017
10. Yasuhiro Kondoh, Hiroyuki Taniguchi, Kensuke Kataoka, Taiki Furukawa, Masahiko Ando, Kenta Murotani, Michiaki Mishima, Yoshikazu Inoue, Takashi Ogura, Masashi Bando, Koichi Hagiwara, Takafumi Suda, Hirofumi Chiba, Hiroki Takahashi, Yukihiko Sugiyama, Sakae Homma:  Disease severity staging system for idiopathic pulmonary fibrosis in Japan.  Respirology  :13138 , 2017
11. Kodama Y, Kishimoto Y, Muramatsu Y, Tatebe J, Yamamoto Y, Hirota N, Itoigawa Y, Atsuta R, Koike K, Sato T, Aizawa K, Takahashi K, Morita T, Homma S, Seyama K, Ishigami A.:  Antioxidant nutrients in plasma of Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease, asthma-COPD overlap syndrome and bronchial asthma.  The Clinical Respiratory Journal  11 (6) :915 -924 , 2017
12. Isshiki T, Akiba H, Nakayama M, Harada N, Okumura K, Homma S, Miyake S:  Cutting Edge : Anti- TIm3 Treatment Exacerbates Pulmonary Inflammation and Fibrosis in Mice.  The Journal of Immunology  199 (11) :3733 -3737 , 2017
総説及び解説
1. 本間 栄:  間質性肺炎の診断 呼吸器専門医の立場から.  IPF Fluegel  1 :1 -4 , 2017
2. 本間 栄:  間質性肺炎の診断 IPFガイドラインにおける診断基準.  IPF Fluegel  1 :13 -14 , 2017
3. 本間 栄:  間質性肺炎の診断 NSIP.  IPF Fluegel  2 :1 -4 , 2017
4. 本間 栄:  間質性肺炎:肺線維症の概念の変遷.  Medical Practice  34 :542 -549 , 2017
5. 本間 栄:  特発性肺線維症(IPF).  クレデンシャル  107 :12 -13 , 2017
6. 本間 栄:  特発性肺線維症 IPFをご存知ですか?.  サライ  (29) :10 , 2017
7. 磯部和順、本間 栄:  血管内リンパ腫.  呼吸器内科  31 :425 -429 , 2017
8. 坂本 晋、鈴木亜衣香、本間 栄:  ANCA関連血管炎における間質性肺炎—顕微鏡的多発血管炎(MPA)を中心にー.  呼吸器内科  32 :367 -374 , 2017
9. 本間 栄:  特発性肺線維症 IPFをご存知ですか?.  週刊文春  (59) :34 , 2017
10. 本間 栄:  巻頭言-間質性肺炎センター開設と疾患概念の変遷-.  東邦医会誌  64 :217 -218 , 2017
11. 本間 栄:  間質性肺炎. 有名病院 この診療科のイチ押し治療 2017.5.2.  日刊ゲンダイ  :- -- , 2017
12. 本間 栄:  特発性肺線維症 IPFをご存知ですか?.  文藝春秋  (95) :10 , 2017
13. 鈴木亜衣香、坂本 晋、本間 栄:  ANCA関連肺疾患の臨床像.  臨床画像33  33 (10) :1215 -1220 , 2017
14. 坂本 晋、本間 栄:  喘息患者に対する吸入療法に関して.  臨床麻酔  41 (9) :1261 -1268 , 2017
症例報告
1. Makino T, Hata Y, Otsuka H, Koezuka S, Kikuchi N, Isobe K, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Diffuse FDG uptake in bone marrow in patient with granulocyte colony-stimulating factor-producing pleomorphic carcinoma of the lung: a case report.  Molecular and Clinical Oncology  7 :103 -106 , 2017
その他
1. 一色 琢磨、秋葉 久弥:  基礎免疫からの考察.  KeynoteR.A  5 (3) :9 -13 , 2017
2. 本間 栄:  特発性間質性肺炎概念の変遷.  第91回間質性肺疾患研究会討議録  :119 -139 , 2017
3. 本間 栄:  特発性間質性肺炎概念の変遷.  第91回間質性肺疾患研究会討議録  :119 -139 , 2017
4. 清水宏繁、杉野圭史、仲村泰彦、後町杏子、鏑木教平、佐野 剛、磯部和順、坂本 晋、髙井雄二郎、渋谷和俊、植草利公、本間 栄:  慢性線維化型間質性肺炎(possible UIPパターン)の経過中に蜂巣肺様病変が顕在化し、肺高血圧と急性増悪を合併したatypical IPF/UIPの1剖検例. , p21-27, 2017.  第91回間質性肺疾患研究会討議録  :21 -27 , 2017
5. 清水宏繁、杉野圭史、仲村泰彦、後町杏子、鏑木教平、佐野 剛、磯部和順、坂本 晋、髙井雄二郎、渋谷和俊、植草利公、本間 栄:  慢性線維化型間質性肺炎(possible UIPパターン)の経過中に蜂巣肺様病変が顕在化し、肺高血圧と急性増悪を合併したatypical IPF/UIPの1剖検例.  第91回間質性肺疾患研究会討議録  :21 -27 , 2017
6. A.Iyoda、Y.Azuma、T.Makino、H.Otsuka、S.Koezuka、N.Tochigi、K.Shibuya
T.Mikami、K.Isobe、S.Homma:  Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC.  Jornal of Thoracic Oncology  doi.org/10.1016/ (j.jtho.2017.) :09. -224 , 2017
7. Y.Azuma、H.Otsuka、T.Makino、S.Koezuka、K.Isobe、S.Sakamoto、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、A.Iyoda:  Surgery for Patients with Lung Cancer Associated with Interstitial Pneumonia.  Journal of Thoracic Oncology  doi.org/10.1016/ (j.jtho.2017) :09 -1810 , 2017
■ 著書
1. 本間 栄:    特発性肺線維症. 2018今日の治療指針(福井次矢,
高木 誠、小室一成 編)  306-308.  医学書院,  東京, 2018
2. 坂本 晋、本間 栄:    特発性肺線維症.気管支肺胞洗浄法の手引き改訂3版(日本呼吸器学会びまん性肺疾患学術部会、厚生労働科学研究補助金難治性疾患政策研究事業びまん性肺疾患に関する調査研究班 編)  ---.  克誠堂,  東京, 2017
3. 本間 栄:  特発性肺線維症.  内科学第11版  784-787.  朝倉書店,  東京, 2017
4. 本間 栄:    難治性びまん性肺疾患診療の手引き(厚生労働科学研究補助金難治性疾患政策研究事業 びまん性肺疾患に関する調査研究班 特発性肺線維症の治療ガイドライン作成委員会 編)  ---.  南江堂,  東京, 2017
5. 本間 栄:    間質性肺炎合併肺癌に関するステートメント(日本呼吸器学会腫瘍学術部会・びまん性肺疾患学術部会 編)  ---.  南江堂,  東京, 2017
6. 本間 栄:    特発性肺線維症の治療ガイドライン2017厚生労働科学研究補助金難治性疾患政策研究事業 びまん性肺疾患に関する調査研究班 特発性肺線維症の治療ガイドライン作成委員会 編  ---.  南江堂,  東京, 2017
7. 坂本 晋、本間 栄:    びまん性汎細気管支炎/副鼻空気管支症候群. 呼吸器疾患:Clinical-Radiological-Pathologicalアプローチ(藤田次郎、大朏裕治 編)  110-114.  南江堂,  東京, 2017
8. 高井雄二郎:  睡眠呼吸障害の病態生理.  内科  1109-1111.  南江堂,  東京, 日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎臼井優介、卜部尚久、磯部和順、肥塚 智、大塚 創、定本聡太、栃木直文、渋谷和俊、伊豫田明、本間 栄: 気管支鏡検査で診断し得た気管支定型カルチノイドの一例.  第163回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2017/12
2. ◎小林 紘、磯部和順、鏑木教平、卜部尚久、一色琢磨、伊藤貴文、澤田哲郎、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、本間 栄: オシメルチニブ耐性時に小細胞癌転化を認めたEGFR陽性肺腺癌の1例.  第180回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2017/12
3. ◎牧野 崇、大塚 創、肥塚 智、東 陽子、秦 美暢、磯部 和順、栃木 直文、大国 生幸、渋谷 和俊、本間 栄、海老原 覚、伊豫田 明、: COPD合併肺癌における周術期LAMA/LABA吸入療法の有用性.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京,  2017/11
4. 後町 杏子, 杉野 圭史, 仲村 泰彦, 岩波 裕治, 海老原 賢人, 海老原 覚, 本間 栄: 慢性線維化型間質性肺炎におけるサルコペニアの臨床的特徴.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
5. ◎岩波 裕治, 海老原 賢人, 宮城 翠, 後町 杏子, 仲村 泰彦, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 特発性間質性肺炎患者の重症度別にみた外来呼吸リハビリテーションの効果.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
6. ◎毛利 奨吾, 杉野 圭史, 内 昌之, 伊豆蔵 英明, 大国 生幸, 宮城 翠, 海老原 覚: 集学的治療が奏功したび漫性汎細気管支炎(DPB)の一症例.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
7. 杉野 圭史, 海老原 覚, 坪井 永保, 本間 栄: 間質性肺炎の合併症対策.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
8. ◎臼井優介、鈴木亜衣香、松山尚世、岡 崇、冠木敬之、池田隆徳、本間 栄: 抗ARS抗体陽性間質性肺炎と慢性血栓性肺高血圧症を合併した1例.  第227回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2017/11
9. ◎髙井雄二郎、佐藤大輔、松本洋祐、小林美奈穂、本間 栄、福永俊二、杉山邦男: 山城義広当センターにおけるネムリンクを用いた睡眠時無呼吸症候群診療改善の取り組み.  第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会,  仙台,  2017/11
10. ◎伊藤貴文、坂本 晋、高井雄二郎、磯部和順、杉野圭史、佐野 剛、後町杏子、鈴木亜衣香、松本洋祐、臼井優介、古河まりえ、山本竜大、増岡正太郎、南木敏広、大塚 創、東 陽子、伊豫田 明、密田亜希、渋谷和俊、本間 栄: , , 2017.11.  第37回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会,  名古屋,  2017/11
11. ◎建部順子, 杉野圭史, 本間 栄, 盛田俊介: 血中MMP-7とCCL-18値は特発性肺線維症におけるNAC単独吸入療法治療効果判定に有用である.  第64回日本臨床検査医学会学術集会,  京都,  2017/11
12. ◎磯部和順、鏑木教平、小林 紘、吉澤孝浩、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、伊豫田明、本間 栄: 非扁平上皮癌におけるニボルマブ投与例の検討.  第58回日本肺癌学会学術集会,  横浜,  2017/10
13. ◎小林 紘、磯部和順、吉澤孝浩、鏑木教平、後町杏子、太田宏樹、佐野 剛、杉野圭史、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、本間 栄: Osimertinibで加療した6症例の臨床的検討.  第58回日本肺癌学会学術集会,  横浜,  2017/10
14. ◎鏑木教平、磯部和順、小林 紘、臼井優介、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、本間 栄: 根治不能進行型肺扁平上皮癌における発生部位(中枢型/末梢型)による臨床的特徴の差異の検討.  第58回日本肺癌学会学術集会,  横浜,  2017/10
15. ◎本間 栄: 特発性間質性肺炎-概念の変遷と集学的治療戦略—.招請講演).  第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽種性疾患学会,  別府,  2017/09
16. ◎西木慎太郎、佐野 剛、古谷賢太、関谷宗之、一色琢磨、坂本 晋、高井雄二郎、牧野 崇、伊豫田明、植草利公、本間 栄: 胸腔鏡下手術により診断しえた肺炎症性偽腫瘍の1例.  第162回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2017/09
17. ◎鏑木教平、磯部和順、松山尚世、臼井優介、小林 紘、佐野 剛、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、金子開知、南木敏宏、川邊清一、本間 栄: Nivolmab投与中に抗ARS抗体症候群を発症した1例. 第179回日本肺癌学会関東支部学術集会, 東京,2017.9.  第179回日本肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2017/09
18. ◎三好 嗣臣、黒澤 武介、仁科 隆史、山崎 創、本間 栄、中野 裕康: Ⅱ型肺胞上皮細胞障害の障害と再生に関する解析.  第26回日本Cell Death学会学術集会,  東京都大田区,  2017/07
19. 新井元子, 高井雄二郎, 湯浅幸夫, 中澤惠子: ハイリスク胎児に対する出生前カルテID発行運用について.  第19回日本医療マネジメント学会,  仙台, 日本,  2017/07
20. ◎関谷宗之, 一色琢磨, 佐野剛, 杉野圭司, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 定本聡太, 若山恵, 栃木直文, 澁谷和俊, 本間栄.: 肺癌腫瘍内壊死部に感染したM.abscessus肺感染の1剖検例.  第225回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2017/07
21. ◎関谷宗之、坂本 晋、砂川泉子、木下ありさ、鏑木教平、後町杏子、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 当院における薬剤性肺障害の臨床的検討.  第66回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2017/06
22. ◎砂川泉子、坂本 晋、関谷宗之、伊藤 愛、木下ありさ、鏑木教平、太田宏樹、後町杏子、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 当院におけるABPMの診断基準と臨床像の検討.  第66回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2017/06
23. 有村義宏、針谷正祥、本間 栄、丸山彰一: 抗好中球細胞質抗体関連血管炎診療ガイドライン2017. シンポジウム.  第66回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2017/06
24. ◎牧野 崇、大塚 創、肥塚 智、安積 隆、秦 美暢、杉野 圭史、磯部 和順、栃木 直文、本間 栄、澁谷 和俊、伊豫田 明、: 悪性気道狭窄に対しAERO ステント留置を行った一例.  第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  長崎,  2017/06
25. ◎卜部尚久、臼井優介、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、栃木直文、渋谷和俊、本間 栄: EBUS-TBNAにて診断したALK陽性肺扁平上皮癌の1例.  第161回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2017/06
26. ◎古谷健太、杉野圭史、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、三上哲夫、渋谷和俊、本間 栄: 胸部CTで多発囊胞性病変を呈したサルコイドーシスの一例.  第185回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患研究会,  東京,  2017/06
27. ◎太田宏樹、杉野圭史、後町杏子、岡 崇、冠木敬之、久武真二、熊代尚記、大熊新之介、根本哲生、岡 輝明、本間 栄: 肺高血圧症を合併したErdheim-Chester病の1例.  第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会,  札幌,  2017/06
28. ◎太田宏樹、後町杏子、磯部和順、鏑木教平、佐野 剛、杉野圭史、坂本 晋、高井雄二郎、菊池由宣、栃木直文,若山 恵、渋谷和俊、船橋公彦、本間 栄: 間質性肺炎との鑑別を要した大腸癌癌性リンパ菅症の3例.  第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  長崎,  2017/06
29. 寺島 光一, 塚越 秀行, 高井 雄二郎: チューブ1本で進行波を生成する自走式カテーテル.  ロボティクス・メカトロニクス 講演会2017,  福島, 日本,  2017/05
30. ◎古河まりえ、太田宏樹、仲村泰彦、後町杏子、鏑木教平、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、鈴木秀明、二本柳康博、栃木直文, 渋谷和俊、本間 栄: 髄膜瘤合併Von Recklinghausen病に伴う神経線維腫症悪性転化の1 例.  第224回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2017/05
31. ◎牧野崇, 三上哲夫, 栃木直文, 秦美暢, 肥塚智, 安積隆, 大塚創, 杉野圭史, 磯部和順, 本間栄, 渋谷和俊, 伊豫田明: 個別化医療を目指した肺大細胞神経内分泌癌切除例におけるバイオマーカー発現の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜, 日本,  2017/04
32. ◎石井良和, 舘田一博: 耐性菌同定の進歩.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京都千代田区,  2017/04
33. ◎佐野 剛、卜部尚久、鏑木教平、後町杏子、太田宏樹、杉野圭史、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、本間 栄: 市中肺炎におけるプレセプシンの有用性の検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
34. ◎磯部和順、鏑木教平、小林 紘、吉澤孝浩、太田宏樹、後町杏子、佐野 剛、杉野圭史、坂本 晋、高井雄二郎、本間 栄: 間質性肺炎合併肺癌における化学療法後急性肺障害発症リスクスコアの検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
35. ◎後町杏子、杉野圭史、仲村泰彦、松本敬子、渋谷和俊、植草利公、本間 栄: 慢性線維化型間質性肺炎におけるサルコペニアの臨床的特徴.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
36. ◎高井雄二郎、佐藤大輔、松本洋祐、小林美奈穂、本間 栄、福永俊二、大橋直樹、池田 健、大宮 航、杉山邦男: 睡眠時無呼吸症候群における嚥下時の動画解析.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
37. ◎坂本 晋、清水宏繁、古谷賢太、一色琢磨、卜部尚久、鈴木亜衣香、太田宏樹、後町杏子、鏑木教平、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 線維化型間質性肺炎急性増悪に対する治療法と予後に与える影響.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
38. ◎山内浩義、坂東政司、小倉高志、井上義一、吾妻安良太、本間 栄: 特発性肺線維症治療ガイドライン作成に向けた患者アンケート調査.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
39. ◎松本洋祐、杉野圭史、仲村泰彦、一色琢磨、後町杏子、坂本 晋、本間 栄: 当院における特発性肺線維症に対するニンテダニブ導入例の検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
40. ◎杉野圭史、後町杏子、仲村泰彦、伊豫田明、渋谷和俊、植草利公、本間 栄: 特発性間質性肺炎のMDD診断における胸腔鏡下肺生検の有用性.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
41. ◎杉野圭史、清水宏繁、一色琢磨、後町杏子、松本敬子、本間 栄: 非典型IPF症例の臨床的特徴と抗線維化薬の有効性—典型例との比較—.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
42. ◎清水宏繁、坂本 晋、一色琢磨、卜部尚久、後町杏子、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、高井雄二郎、岡元昌樹、星野友昭、出原賢治、本間 栄: 線維化型間質性肺炎急性増悪における血清periostin値と予後の検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
43. ◎草野英美子、原 規子、戸田幹人、池田隆徳、鏑木教平、太田宏樹、磯部和順、坂本 晋、本間 栄: 長距離飛行後に発生した肺血栓塞栓症の臨床的検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
44. ◎太田宏樹、杉野圭史、坂本 晋、若山 恵、本間 栄: 特発性慢性線維化型間質性肺炎における肺動脈径ならびに右室負荷との関連.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
45. ◎仲村泰彦、清水宏繁、佐藤亮太、田村厚人、木谷匡志、蛇澤 晶、本間 栄: 慢性結核性膿胸に合併した胸部悪性腫瘍の臨床病理学的検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
46. ◎卜部尚久、坂本 晋、佐野 剛、鈴木純子、蛇澤 晶、仲村泰彦、小山壱也、石井良和、舘田一博、本間 栄: 気管支肺胞洗浄液を使用した慢性肺アスペルギルス症診断方法の検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
47. ◎松山尚世、坂本 晋、卜部尚久、鈴木亜衣香、一色琢磨、太田宏樹、後町杏子、鏑木教平、佐野 剛、杉野圭史、磯部和順、高井雄二郎、本間 栄: 特発性肺線維症におけるピルフェニドン長期投与に寄与する因子の検討.  第57回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2017/04
国際学会
1. ◎Sakae Homma, Masashi Bando, Susumu Sakamoto, Arata Azuma, the Diffuse Lung Diseases Research Group from the Ministry of Health, Labour and Welfare, Japan: Japanese guideline for the treatment of idiopathic pulmonary fibrosis 2017.  APSR Congress 2017,  Sydney Australia,  2017/11
2. ◎Sakae Homma, Yusuke Usui, Aika Suzuki, Susumu Sakamoto: Clinicopathological characteristics of pulmonary-limited vasculitis.  APSR Congress 2017,  Sydney Australia,  2017/11
3. ◎Takashi Makino、T.Mikami、Y.Hata、H.Otsuka、S.Koezuka、Yoko Azuma、 Kazutoshi Isobe、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、Akira Iyoda、: Prediction of Potential Biomarkers for Personalized Treatment in Pulmonary Large-Cell Neuroendocrine Carcinoma.  18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
4. ◎Yoko Azuma、H.Otsuka、Takashi Makino、S.Koezuka、Kazutoshi Isobe、S.Sakamoto、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、Akira Iyoda、: Perioperative management of patients with lung cancer and interstitial pneumonia.  18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
5. ◎Akira Iyoda、Yoko Azuma、T.Makino、H.Otsuka、S.Koezuka、N.Tochigi、K.Shibuya、T.Mikami、Kazutoshi Isobe、S.Homma: Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC.  the 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
6. ◎Hiroshi Kobayashi,Kazutoshi Isobe,Takahiro Yoshizawa,Kyohei Kaburaki,Kyouko Gocho,Keishi Sugino,Susumu Sakamoto,Yujiro Takai, Naobumi Tochigi ,Sakae Homma: Pretreatment neutrophil/lymphocyte ratio and the efficacy of nivolumab treatment for non–small-cell lung cancer. ,.  IASLC 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
7. ◎Yoko Azuma, Hajime Otsuka, Takashi Makino, Satoshi Koezuka, Kazutoshi Isobe, Susumu Sakamoto2, Naobumi Tochigi3, Kazutoshi Shibuya3, Sakae Homma, Akira Iyoda: Surgery for patients with lung cancer associated with interstitial pneumonia.  IASLC 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
8. ◎Kazutoshi Isobe, Kyohei Kaburaki, Hiroshi Kobayashi, Go Sano, Keishi Sugino, Susumu Sakamoto, Yujiro Takai, Takashi Makino, Naobumi Tochigi, Akira Iyoda and Sakae Homma: Risk score for predicting acute exacerbation of interstitial pneumonia after chemotherapy in lung cancer associated with interstitial pneumonia.  IASLC 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
9. ◎Kawabe K, Ebina J, Yanagihashi M, Hirayama T, Kyuzen M, Sawada M, Nagasawa J, Miura K, Takazawa T, Kano O, Shikano K, Isobe K, Suzuki M, Kurosaki Y, Nishino I, Ikeda K, Iwasaki Y: Muscle disturbance following nivolmab treatment in lung cancer patients.  17th World Congress of Neurology,  Kyoto, Japan,  2017/09
10. ◎H. Taniguchi, Y. Kondoh, S. Homma, S. Sakamoto, K. Tsushima, A. Azuma, T. Ogura, Y. Inoue, T. Johkoh, J. Tagawa.: A clinical study of recombinant human soluble thrombomodulin (ART-123) for the treatment of acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis.  ERS International Congress 2017,  Milan Italy,  2017/09
11. ◎Sakae Homma, Masashi Bando, Keishi Sugino, Susumu Sakamoto, Arata Azuma, the Diffuse Lung Diseases Research Group from the Ministry of Health, Labour and Welfare, Japan.: Japanese guideline for the treatment of idiopathic pulmonary fibrosis 2017.  ERS International Congress 2017,  Milan Italy,  2017/09
12. ◎H. Shimizu, S. Sakamoto, T. Isshiki, N. Urabe, A. Suzuki, K. Gocho,
G. Sano, K. Sugino, K. Isobe, Y. Takai, M. Okamoto, T. Hoshino, K. Izuhara, S. Homma: Correlation Between Serum Monomeric Periostin and the Prognosis in Patients with Acute Exacerbation of Fibrosing Interstitial Pneumonia.  American Thoracic Society (ATS) 2017 International Conference,  Washington, USA,  2017/05
13. ◎K. Sugino, K. Gocho, Y. Nakamura, T. Isshiki, K. Matsumoto, K. Shibuya, T. Uekusa, S. Homma: Clinico-Radiological-Pathological Features and Efficacy of Anti-Fibrotic Agents in Atypical IPF: A Comparison Between Typical IPF and Atypical IPF.  American Thoracic Society (ATS) 2017 International Conference,  Washington, USA,  2017/05
14. ◎T. Fujisawa, T. Suda, M. Mikamo, K. Mori, Y. Enomoto, N. Enomoto, Y. Nakamura, T. Ohno, J. Fukuoka, T. Johkoh, Y. Kondoh, H. Taniguchi, N. Inase, S. Homma: Nationwide Cloud-Based Integrated Database with Clinical, Radiological and Pathological Data of Idiopatihc Interstitial Pneumonias for Multidisciplinary Discussions.  American Thoracic Society (ATS) 2017 International Conference,  Washington, USA,  2017/05
15. ◎Y. Matsumoto, K. Sugino, K. Gocho, Y. Nakamura, K. Matsumoto, A. Iyoda, K. Shibuya, T. Uekusa, S. Homma: Usefulness of Surgical Lung Biopsy in the Diagnosis of Idiopathic Interstitial Pneumonias Under Multidisciplinary Discussion.  American Thoracic Society (ATS) 2017 International Conference,  Washington, USA,  2017/05
16. ◎Y. Usui, K. Sugino, A. Suzuki, K. Matsumoto, K. Shibuya, T. Uekusa, S. Homma: Clinico-radiological Characteristics and Prognosis of Interstitial Pneumonia Associated with Microscopic Polyangiitis.  American Thoracic Society (ATS) 2017 International Conference,  Washington, USA,  2017/05
その他
1. ◎本間 栄: Openig & Closing Remark.  IPF Educational Seminar,  東京,  2017/12
2. ◎一色琢磨、本間 栄: 抗TIM-3抗体は死細胞貪食を阻害してブレオマイシン肺臓炎を悪化させる. 2017.12.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
3. ◎澤田哲郎、鈴木亜衣香、臼井優介、伊藤貴文、坂本 晋、坂東政司、針谷正祥、本間 栄: 特発性間質性肺炎分科会 ANCA陽性間質性肺炎部会.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
4. ◎坂東政司、本間 栄: 特発性間質性肺炎分科会 診療ガイドライン部会.  厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
5. ◎本間 栄、吾妻安良太: 特発性間質性肺炎分科会 多施設治療研究支援部会.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
6. ◎藤元昭一、本間 栄 他: 国際協力分科会報告.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究」班平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
7. ◎要 伸也、本間 栄、佐田憲映、和田隆志、伊藤 聡、土橋浩章、堀田哲也、駒形嘉紀、中山健夫、勝又康弘、天野宏一: 中・小型血管炎臨床分科会報告.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究」班平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
8. ◎一色琢磨、吉澤孝浩、関谷宗之、磯部和順、坂本 晋、高井雄二郎、本間尚子, 三上哲夫、渋谷和俊、本間 栄: エタネルセプト皮下注を契機として発症したと考えられるサルコイドーシスの一例.  第186回東京サルコイドーシス/肉芽腫性疾患研究会,  東京,  2017/12
9. ◎本間 栄: 特発性肺線維症の診断と治療について.  第9回新潟炎症性肺疾患講演会,  新潟,  2017/12
10. ◎佐田憲映、本間 栄、和田隆志、針谷正祥、原 章規: AAVコホート研究における有効性.  日本医療研究開発機構研究費難治性疾患実用化研究事業『難治性血管炎診療のエビデンス構築のための戦略的研究』班平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
11. ◎長坂憲治、本間 栄、堤野みち: 全身性血管炎のシステマテイックレビュー(SR)からみた我が国におけるリサーチアジェンダの検討.  日本医療研究開発機構研究費難治性疾患実用化研究事業『難治性血管炎診療のエビデンス構築のための戦略的研究』班平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
12. ◎本間 栄、針谷正祥、佐田憲映、黒崎敦子、栗原泰之: 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎・急速進行性糸球体腎炎の寛解導入治療の現状とその有効性と安全性に関する観察研究―胸部画像解析―.  日本医療研究開発機構研究費難治性疾患実用化研究事業『難治性血管炎診療のエビデンス構築のための戦略的研究』班平成29年度第2回班会議,  東京,  2017/12
13. ◎本間 栄: 国内初の特発性肺線維症の治療ガイドラインーそのポイントと今後の展望.  第4回大分びまん性肺疾患研究会,  大分,  2017/11
14. ◎本間 栄: Closing Remarks.  オフェブIPF academy,  東京,  2017/10
15. ◎東 陽子、大塚 創、肥塚 智、牧野 崇、秦 美暢、磯部 和順
坂本 晋、本間 栄、伊豫田 明: CPFE合併肺癌術後にブラ穿孔を認めた1例.  第21回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会,  福岡,  2017/09
16. ◎肥塚 智、大塚 創、牧野 崇、東 陽子、秦 美暢、磯部 和順、本間 栄、中島 裕康
佐藤 之俊、伊豫田 明: 左胸膜肺全摘術後4年半を経過した後に特異な経過を示した悪性胸膜中皮腫の1例.  第8回 JMIG 研究会,  横浜,  2017/09
17. ◎本間 栄: 併存疾患からの喘息戦略,.  Respiratory Forum 2017,  東京,  2017/09
18. ◎本間 栄: 厚労省の難病対策・大森病院間質性肺炎センターのとりくみ.  第1回間質性肺炎/肺線維症勉強会,  東京,  2017/09
19. ◎本間 栄: SSc-ILD.  Advisory Boared Meeting,  東京,  2017/08
20. ◎磯部和順、杉野圭史、一色琢磨、本間 栄: 特発性肺線維症における筋線維芽細胞の抗アポトーシス作用とミトコンドリア品質管理について喫煙が及ぼす影響.  公益財団法人喫煙科学研究財団平成28年度助成研究発表会,  東京,  2017/07
21. ◎松山尚世, 後町杏子, 三好嗣臣, 太田宏樹, 卜部尚久, 鈴木亜依香, 鏑木教平, 杉野圭史, 佐野剛, 磯部和順, 坂本晋, 高井雄二郎, 二本柳康博, 澁谷和俊, 本間栄.: 間質性肺炎治療中に合併した侵襲性肺アスペルギルス症の一例.  第38回関東医真菌懇話会,  東京,  2017/06
22. ◎海老原 賢人, 内 昌之, 岩波 裕治, 大国 生幸, 伊豆蔵 英明, 宮城 翠, 後町 杏子, 杉野 圭史, 本間 栄, 海老原 覚: 3ヶ月の外来呼吸リハビリテーションにより、ADLおよび心理面に改善がみられた関節リウマチに膠原病関連間質性肺炎を合併した一症例.  第4回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 関東支部学術集会,  東京,  2017/06
23. ◎高井 雄二郎, 鏑木 教平, 吉澤 孝浩, 臼井 優介, 佐藤 大輔, 本間 栄, 海老原 賢人, 宮城 翠, 大国 生幸, 海老原 覚: 大腿骨骨幹部骨折を合併したMcCune Albright症候群に対して全身麻酔下手術および在宅復帰が可能となった1例.  第4回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 関東支部学術集会,  東京,  2017/06
24. ◎本間 栄: 間質性肺炎の診断〜IPF急性増悪〜.  IP Fluegel,  東京,  2017/06
25. ◎本間 栄: IPFの治療ガイドライン2017.  IPF Academy in TAMAGAWA,  東京,  2017/06
26. ◎本間 栄: 国内初の特発性肺線維症の治療ガイドラインーそのポイントと今後の展望.  IPF Conference,  仙台,  2017/06
27. ◎清水宏繁、坂本 晋、一色琢磨、卜部尚久、佐野 剛、磯部和順、高井雄二郎、岡元昌樹、星野友昭、本間 栄: 線維化型間質性肺炎急性増悪における血清periostin値と予後の検討.  医療研究開発推進事業費補助金 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する研究」班平成29年度第一回班会議,  東京,  2017/06
28. ◎本間 栄、吾妻安良太: 特発性間質性肺炎分科会 多施設治療研究支援部会.  厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業『びまん性肺疾患に関する調査研究班』平成29年度第1回班会議,  東京,  2017/06
29. ◎岡 崇、冠木敬之、鈴木亜衣香、松山尚世、本間 栄、池田隆徳: 診断から18年後にBPAを施行した間質性肺炎合併中枢性CTEPHの1例.  第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会,  札幌,  2017/06
30. ◎本間 栄: ANCA関連血管炎の肺病変update—特に間質性肺炎についてー.  宮崎血管炎セミナー,  宮崎,  2017/05
31. ◎本間 栄: 日常臨床に潜む特発性肺線維症.  目黒区医師会内科部会講演会,  東京,  2017/05
32. ◎本間 栄: IPFの治療ガイドライン作成の背景/経緯.  IPF Web Academy,  東京,  2017/04
33. ◎本間 栄: Closing Remarks.  オフェブIPF academy,  東京,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者