東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 解剖学講座/生体構造学
 Division of Neuroanatomy, Department of Anatomy

教授:
  佐藤 二美
准教授:
  川島 友和
■ 概要
1. 神経系に関する研究
a.大脳基底核を中心とした運動系の神経回路網の研究
 大脳皮質—基底核—視床—大脳皮質のループにおいて,大脳基底核を構成するさまざまな核の相互間の連絡様式および視床を介するフィードバック経路について,光顕および電顕レベルで解析を行っており,大脳基底核が運動制御に果たす役割について形態学的な面からアプローチしている。
b.前脳基底部の神経回路網の研究
 前脳基底部(BF)コリン作動性皮質投射線維と帯状皮質細胞とのシナプス結合を解析している。
c.嗅覚系の研究
 嗅上皮の匂い物質に対する反応機構の一部を量子化学的にコンピュータ演算を行って解析している。
d.聴覚系の研究
 聴覚伝導路における皮質視床間の神経線維連絡を解明するために,免疫組織化学的手法および軸索トレーサーによる標識法を用いて皮質視床投射神経の形態について研究している。
e.末梢神経系の研究
 ラット陰茎に分布する神経について,免疫組織化学的手法で研究している。
f.視覚に関する研究
 私達ヒトを含めた生物が、「生きるための戦略としてどのように視覚情報処理を行っているのか」を知ることに興味を持っている。そこで視覚情報処理系の初期段階である網膜に注目し、その神経回路がどのように構成されているのか(回路図)、そしてその回路が実際の行動ではどのように使われているのかをシナプスレベルで解析している。研究は共焦点顕微鏡を用いた形態学的アプローチとホールセルクランプを用いた電気生理学的アプローチを併用して行っている。
g.記憶に関する研究
 ラット海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起における入力統合について電気生理学的手法によって研究を行っている。
2. 局所解剖学的研究
a.心臓制御構造の形態学的研究
 心臓の内在性制御構造である刺激伝導系と外来性制御構造である自律神経系の形態に関して、局所解剖学的、比較解剖学的、ならびに画像解剖学的観点から解析を行っている。それらの立体配置やその解剖学的多様性を個体発生・系統発生学的な観点から理解を試みるとともに、心機能温存の観点から現在の様々な術式を臨床解剖学的に評価と提案を行うことを最終的な目標としている。
b.運動器の機能解剖学的研究
 骨格、筋、ならびに末梢神経などの体性運動性構造に関して、画像解析や運動学的解析を併用した比較形態解析を行い、脊椎動物の進化的・環境適応による変化を明らかにすることを目指している。
3. 解剖学教育に関する研究
a.看護学生の解剖学教育効果を高めるために,ブタ内臓の未固定標本を用いて解剖学実習を実施している。この学習効果等に関する質問紙調査を行っている。
b.実習ご遺体の防腐保存処置にはホルマリンを用いるため,解剖学実習時にはホルムアルデヒドに曝露される。実習時のホルムアルデヒド曝露濃度を低減するための研究を行っている。
■ Keywords
大脳基底核, 前脳基底部, 嗅覚, 聴覚, 網膜, 海馬, 記憶, 神経回路, 局所解剖, 比較解剖, 画像解析, ニオイ分子, 解剖学教育
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成28-29年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究  (研究課題番号:16K15175)
 研究課題:発光性イリジウム錯体を用いた生体内アミノ酸DL変換のその場追跡  (研究代表者:佐藤二美)
 研究補助金:1690000円  (代表)
2.  平成28-31年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K10640)
 研究課題:術後伝導障害回避のための臨床解剖学的基盤構築と3Dシミュレーションモデルの作製  (研究代表者:川島友和)
 研究補助金:910000円  (代表)
その他
1.  公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団 助成研究B
 研究課題:内臓が着脱可能な人体模型ペーパークラフトの開発  (研究代表者:高柳雅朗)
 研究補助金:800000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















佐藤 二美   教授
    2          
 7
 
 
 
 
川島 友和   准教授
              
 
 
 
 
 
高柳 雅朗   助教
              
 
 
 
 
 
星 秀夫   助教
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sato H, Kawamura I, Yamagishi A, Sato F:  Solid State VCD spectra of Isoleucine and its Related Compounds: Effects of Interplay between Two Chiral Centers.  Chemistry Letters  46 :449 -452 , 2017
2. Sato H, Tamura K, Yajima T, Sato F, Yamagishi A:  Chiral Phosphorescent Probes for Amino Acids: Hybrids of Iridium(III) Complexes with Synthetic Saponite.  New Journal of chemistry  41 :2780 -2785 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 佐藤二美: 医学部における自主参加型補習講義の実施.  日本リメディアル教育学会第13回全国大会,  大分,  2017/08
2. ◎藤代健太郎, 松崎淳人, 杉山公仁, 酒井 謙, 黒崎久仁彦, 岸 太一, 廣井直樹, 佐藤二美: PBL Tutorialの症例要約のRubric評価とCBTの症例設問の成績との比較.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
3. ◎藤代健太郎, 松崎淳人, 廣井直樹, 佐藤二美: E-learningによる臨床推論演習に対する学生の感想.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
4. ◎岡田弥生, 岸 太一, 中田亜希子, 廣井直樹, 佐藤二美, 端詰勝敬: ボランティア参加は1年次コミュニケーション教育に良い影響をあたえるか.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
5. ◎岸 太一, 廣井直樹, 佐藤二美, 高松 研: 入学後の成績から見たMMIの有用性に関する検討.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
6. ◎岸 太一, 廣井直樹, 佐藤二美, 高松 研: MMIの妥当性の検討.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
7. ◎廣井直樹, 吉原 彩, 中田亜希子, 岡田弥生, 土井範子, 小林正明, 佐藤二美: 1年次学生が主体的に学修する早期臨床医学教育の取り組み.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者