東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 物理学研究室
 Department of Physics
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















能川 知昭   講師
    1          4
 
 2
 
 
 
 0 0  0 0  0  4
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Toru Ohira, Tadaaki Hosaka & Tomoaki Nogawa:  Chases and escapes, and optimization problems.  Artificial Life and Robotics  20 (3) :257 -261 , 2015
2. Tanaka H, Urita Y, Kawagoe N, Sasaki Y, Watanabe T, Kawaguchi T:  A mathematical model of the pathophysiology of reflux esophagitis.  Toho J Med  2 (1) :8 -15 , 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎能川知昭: 剛体粒子グランドカノニカルMCにおける高密度領域での困難と対策.  統計物理の新展開2016,  大阪府大阪市,  2016/03
2. ◎能川知昭: 連続空間剛体球系のWang-Landau法の収束.  日本物理学会2016年次大会,  宮城県仙台市,  2016/03
3. ◎能川知昭: 過渡状態に等重率分布を仮定した 粗視化緩和ダイナミクス.  統計物理の新展開2015,  神奈川県伊東市,  2015/06
国際学会
1. ◎Tomoaki Nogawa: Renormalization group analysis of bond percolation on hierarchical small-world networks.  The CASSIA 3rd workshop on complex phenomena from molecule to society,  東京都文京区,  2015/11
2. ◎Tomoaki Nogawa and Takehisa Hasegawa: Phase behavior of bond percolation on hierarchical small-world networks.  8th International Congress on Industrial and Applied Mathemati,  中華人民共和国北京市,  2015/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者