東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 心理学研究室
 Department of Psychology
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田崎 美弥子   教授
 1 1    4        
 
 1
 2
 2
(1)
 
岸 太一   講師
              
 
 
 
 
 
山口 哲生   助教
   1    2       
 1
(1)
 1
 
 
 
 1 1  4 0  0  0
(0)
 2
(0)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 藪塚陽一、田崎美弥子:  チャクラコーディネートのヒーリング効果.  サトルエネルギー学会誌  20 :99 -104 , 2015
2. Yamaguchi T, Saeki D, Ito M:  Sensitivity to pre- and post-reinforcer delays in self-control choice.  Behavioural Processes  121 :8 -12 , 2015
総説及び解説
1. 田崎美弥子:  生活の質(Quality of Life)尺度評価.  臨床精神医学  44 :66 -71 , 2016
■ 著書
1. 高瀬堅吉,柳井修一,山口哲生:    ラットの行動解析ハンドブック  1-435.  西村書店,  東京,日本, 2015
2. 田崎美弥子:    精神・心理機能評価ハンドブック WHODAS2.0  225-226.  中山書店,  東京, 2015
3. 田崎美弥子、山口哲生、中根允文:    健康および障害の評価 WHO障害評価面接基準マニュアル WHODAS2.0  1-133.  日本レジリエンス医学研究所,  東京, 2015
4. 田崎美弥子:    EEG 表現型  1-17.  臨床ニューロフィードバック協会,  東京, 2015
5. 田崎美弥子:    QEEG  1-41.  臨床ニューロフィードバック協会,  東京, 2015
6. 田崎美弥子:    BCIA認定ニューロフィードバック講座基礎編  1-248.  臨床ニューロフィードバック協会,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. 柳井修一,高瀬堅吉,山口哲生: 機能性食品によるアンチエイジング戦略.  日本心理学会第79回大会,  名古屋,  2015/09
国際学会
1. Yuko Hamazaki, Miyako Tazaki, Tetuso Yamaguchi: The Quality of Life on Parents of Pediatic Kidney Transplantations Patients.  ISPOR 18th Annual European Congress,  ミラノ、イタリア,  2015/11
2. Yuko Kamazaki, Miyako Tazaki: The Quality of Life of Parents of Pediatric Kidney Transplantation.  The American Society of Nephrology,  サンディエゴ、アメリカ,  2015/11
3. M.Tazaki: Expression of Spirituality among the Japanese based on Qualitative and Quantitative Research in Japan,.  XIXth World Congress of the International Association for the History of Religions,  東京,  2015/09
その他
1. 田崎美弥子: 依存症に対するニューロフィードバックトレーニングの有効性の検討.  日本催眠医療学会第三回大会,  東京、日本,  2015/09
2. 田崎美弥子: WHODAS2.0の使い方.  東京大学精神医学講座,  東京、日本,  2015/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者