東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  オダ サトコ   Oda Satoko
  小田 哲子
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
    (最終更新日:2019-06-05 09:38:02)
■ 学位
1. 博士(医学)
■ 刊行論文
1. 原著  Immunolocalization of muscarinic M1 receptor in the rat medial prefrontal cortex 2018/06
2. 原著  Neurotransmitters and neuropeptides in gonadal steroid receptor-expressing cells in medial preoptic area subregions of the male mouse 2017/08
3. 原著  Moxd1 is a marker for sexual dimorphism in the medial preoptic area, bed nucleus of the stria terminalis and medial amygdala. 2017/03
4. 原著  Quantitative analysis of axon collaterals of single pyramidal cells of the anterior piriform cortex of the guinea pig. 2017/02
5. 原著  High-fat diet feeding alters olfactory-, social- and reward-related behaviors of mice independent of obesity 2016/02
6. 原著  A subset of thalamocortical projections to the retrosplenial cortex possesses two vesicular glutamate transporter isoforms, VGluT1 and VGluT2, in axon terminals and Somata. 2014/04
7. 原著  Disruption of Stard10 gene alters the PPARα-mediated bile acid homeostasis 2013/02
8. 総説  視床-単なる中継核ではない:解剖学的基礎 2013/01
9. 原著  Spinal Mechanism Underlying the Antiallodynic Effect of Gabapentin Studied in the Mouse Spinal Nerve Ligation Model 2012/04
10. 原著  Dopamine D5 receptor immunoreactivity is differentially distributed in GABAergic interneurons and pyramidal cells in the rat medial prefrontal cortex. 2010/05
全件表示(35件)
■ 著書
1. 部分執筆  人体の発生「運動器系解剖学テキスト(シンプル理学療法学作業療法学シリーズ)」 2015/03
2. 編集・監修  「コ・メディカル版ステッドマン医学辞典」 2010/04
3. 編集・監修  「ステッドマン ポケット医学略語辞典」 2009/03
4. 部分執筆  末梢神経「解剖学」 2008/03
5. 翻訳  recycling endosome など40項目「ステッドマン医学大辞典」 2008/02
6. 部分執筆  神経系の構造「体表解剖と代償運動」 2001/08
7. 部分執筆  末梢神経「解剖学」 1995/03
■ 学会発表
1. 視床皮質路による内側前頭前皮質活性化システムの解析 (ポスター,一般) 2019/03/29
2. Glutamatergic neurons in the mouse medial preoptic area regulate parental motivation (ポスター,一般) 2018/07/26
3. マウスを用いた母子相互作用中に起こる仔の痛覚閾値上昇に関わる神経機構の解析 (ポスター,一般) 2018/03/30
4. マウス内側視索前野における神経ペプチドmRNA発現と性的二型 (ポスター,一般) 2018/03/30
5. ラット前頭前皮質におけるムスカリン受容体M1の局在分布 (ポスター,一般) 2018/03/30
6. Mechanism of regulation of the lipid droplet formation through the transfer and synthesis of phospholipids (ポスター,一般) 2018/03/28
7. NASH発症過程における脂質転移タンパク質による脂肪滴形成促進機構 (口頭発表,一般) 2018/02/15
8. 母子分離後の仔マウス輸送反応発現における帯状回コルチコトロピン放出ホルモン受容体シグナルの関与 (ポスター,一般) 2017/12/06
9. Steroidogenic acute regulatory protein-related lipid transfer domain containing 10 promotes lipid accumulation and lipid droplet formation in the liver of nonalcoholic steatohepatitis (NASH) model mouse (口頭発表) 2017/11/16
10. 親に運ばれる時に示す子の協調的反応:乳児と仔マウスを用いた比較生物学的解析 (口頭発表) 2017/03/30
全件表示(124件)
■ 学歴
1. 1980/04~1984/03 山口大学 理学部 生物学科 卒業 理学士
2. 1988/04~1990/03 筑波大学 医科学研究科 医科学 修士課程修了 医科学修士
3. 1997/11/25
(学位取得)
東邦大学 博士(医学)
■ 職歴
1. 1990/04~1992/06 福島県立医科大学 第1解剖学講座 助手
2. 1992/07~2004/03 東邦大学医学部医学科 解剖学第1講座 助手
3. 2004/04~2005/03 東邦大学医学部医学科 解剖学第2講座 助手
4. 2005/03~ 東邦大学 医学部 医学科 講師
■ 現在の専門分野
神経解剖学・神経病理学, 解剖学一般(含組織学・発生学) 
■ 科研費研究者番号
90224237
■ 所属学会
1. 1989~ 日本解剖学会
2. 1994~ 日本神経科学学会
3. 1997~ 北米神経科学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  遺伝薬理学を用いた前頭前皮質へのコリン作動性神経入力の解明 基盤研究(C)