東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  イトウ マサノリ   Ito Masanori
  伊藤 雅方
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
    (最終更新日:2019-06-05 09:38:02)
■ 学位
1. 博士(農学)
■ 刊行論文
1. 原著  Immunolocalization of muscarinic M1 receptor in the rat medial prefrontal cortex 2018/06
2. 原著  A subset of thalamocortical projections to the retrosplenial cortex possesses two vesicular glutamate transporter isoforms, VGluT1 and VGluT2, in axon terminals and Somata. 2014/04
3. 原著  Impact of Manipulation of Energy Substrates on Sinus Nodal Rhythm 2014/01
4. 総説  Inter-organ communication in the regulation of lipid metabolism: focusing on the network between the liver, intestine, and heart. 2013/12
5. 原著  Disruption of Stard10 gene alters the PPARα-mediated bile acid homeostasis 2013/02
6. 原著  Spinal Mechanism Underlying the Antiallodynic Effect of Gabapentin Studied in the Mouse Spinal Nerve Ligation Model 2012/04
7. 原著  Interleukin-2 Functions in Anaplastic Large Cell Lymphoma Cells through Augmentation of Extracellular Signal-Regulated Kinases 1/2 Activation 2011/09
8. 原著  Ubiquitous expression of Sry induces embryonic lethality related to suppression of Tie2/Tek expression 2010/12
9. 原著  Synergistic growth inhibition of anaplastic large cell lymphoma cells by combining cellular ALK gene silencing and a low dose of the kinase inhibitor U0126 2010/09
10. 総説  哺乳類性決定の分子機構 2010/03
全件表示(18件)
■ 著書
1. 部分執筆  RNAiとトランスジェニック技術の融合:哺乳動物個体での遺伝子発現抑制「細胞工学」 2005/03
■ 学会発表
1. STARD10 promotes lipid droplet formation cooperatively with LPCAT1 (ポスター,一般) 2019/03/30
2. Insulin signaling deficiency is responsible for diastolic dysfunction of diabetic cardiomyopathy (ポスター,一般) 2019/03/29
3. Single-cell imaging analysis of inflammatory JNK signaling (ポスター,一般) 2019/03/29
4. 糖尿病に起因した心室拡張障害の分子機序 (口頭発表,一般) 2019/03/16
5. 骨格筋形成の細胞融合のシグナル伝達 (口頭発表) 2019/03/14
6. 脂質転移タンパク質とリゾリン脂質アシル基転移酵素による脂肪滴形成促進機構 (口頭発表,一般) 2019/03/14
7. 肝細胞脂肪滴形成における脂質転移タンパク質STARD10 (Steroidogenic acute regulatory protein-related lipid transfer domain containing 10) の役割について (口頭発表,一般) 2018/12/15
8. 糖尿病性心筋症の病態進展に寄与するCa2+シグナル制御破綻の分子機序 (口頭発表,一般) 2018/12/07
9. Molecular mechanism of diastolic dysfunction in the early stage of diabetic cardiomyopathy (ポスター,一般) 2018/11/30
10. Temporal coding of MAPK activation dynamics revealed by FRET imaging (口頭発表) 2018/11/28
全件表示(153件)
■ 職歴
1. 2007/05~2014/09 東邦大学 医学部 医学科 助教
■ 受賞学術賞
1. 2001/09 日本繁殖生物学会 優秀発表賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2010/03  脂質結合蛋白を介したカルシウムシグナロソームの制御機構 特定領域研究 
2. 2008/07~2009/06  カルシウムシグナル伝達におけるリン脂質結合タンパク質PCTP-L複合体の研究 医学部医学科プロジェクト研究 
3. 2009/07~2010/06  タンパク質複合体を介したリン脂質結合タンパク質PCTP-Lの生理機能の研究 医学部医学科プロジェクト研究 
4. 2010/07~2011/06  脂質結合タンパク質複合体を介した脂質代謝調節機構についての解析 医学部医学科プロジェクト研究 
5. 2011/04~2013/03  脂質トランスポートソームを介した脂質代謝制御と破綻の分子機構 挑戦的萌芽研究 
6. 2011/07~2012/06  脂質転移タンパク質STARD10の分子複合体による脂質代謝調節機構の解明 医学部医学科プロジェクト研究 
7. 2012/04~2015/03  脂質転移タンパク質STARD10のタンパク質複合体を介した脂質代謝への関与の検討 若手研究(B) 
8. 2013/07~2014/06  脂質転移タンパク質STARD10の抗炎症効果についての検討 医学部医学科プロジェクト研究 
9. 2014/07~2015/06  脂質転移タンパク質の臓器間ネットワークを介した抗炎症効果についての検討  
10. 2015/04~2018/03  脂質転移タンパク質の臓器間ネットワークを介した抗炎症効果についての検討 若手研究(B) (キーワード:NASH、脂肪蓄積、肝臓、炎症、リン脂質、ホスファチジルコリン)
全件表示(12件)