東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ネモト テツオ   Nemoto Tetsuo
  根本 哲生
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   准教授
    (最終更新日:2018-07-12 10:06:38)
■ 刊行論文
1. 原著  Differences in innervated neurons of the internal anal sphincter based on age and sex: A histological study. 2018/03
2. 総説  食道表在癌の病理診断と問題点 2018/02
3. 症例報告  拡大腹直筋皮弁と大腿筋膜を用いて腹壁再建した腹壁浸潤上行結腸癌の1例. 2018/01
4. 原著  Clinicopathological significance of serum NY-ESO-1 antibodies in patients with gastric cancer. 2017/12
5. 原著  Diagnostic and Prognostic Impact of Serum p53 Antibody Titration in Colorectal Cancer. 2017/12
6. 原著  Serum p53 antibody as a potential tumor marker in extrahepatic cholangiocarcinoma. 2017/12
7. 症例報告  シングルバルーン内視鏡で診断しえた若年性小腸癌の1例. 2017/12
8. 症例報告  Detection of the early phase of esophageal cancer progression into lamina propria mucosae by the serum p53 antibody. 2017/10
9. 原著  Characteristics of hepatic insulin-sensitive nonalcoholic fatty liver disease. 2017/09
10. 症例報告  Negative conversion of high serum p53 antibody titers in a patient with gastric cancer at 31 months after surgery. 2017/08
全件表示(120件)
■ 著書
1. 部分執筆  第3部 鑑別ポイント Ⅲ.治療後の生検標本の鑑別点「腫瘍病理鑑別診断アトラス 食道癌」 2012/04
2. 部分執筆  §2 がんの診断・治療の原則 1.病理学 B) 細胞診の考え方「がん診療パーフェクト」 2010/03
3. 部分執筆  第3部 鑑別ポイントI.内視切除鏡検体の組織診断「腫瘍病理鑑別診断アトラス 1.胃癌」 2009/11
■ 学会発表
1. 診断に至るまでに長期間を要した好酸球性食道炎の一例 (口頭発表,一般) 2017/12
2. 術前病理診断から見た膵消化管神経内分泌腫瘍切除例の検討. (口頭発表,一般) 2017/11/23
3. 食道癌発癌早期における自己抗体反応. (口頭発表,一般) 2017/11/17
4. 若年者に発症した小腸癌の1例. (ポスター,一般) 2017/11/10
5. IgA dominantのfull-house pattern沈着物を伴ったMPGN様の病理像を呈したネフローゼ症候群の
1例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
6. 血清thymidine phosphorylase は胃癌のthymidine phosphorylase 発現の代用マーカーか? (ポスター,一般) 2017/10/22
7. ヒト侵襲性糸状菌症における病変内菌形態ならびに菌糸相互の複数例を用いた定位解析. (口頭発表,一般) 2017/10/01
8. 病理検査領域におけるホルマリン固定パラフィン包埋試料を用いた真菌症診断について. (口頭発表) 2017/10/01
9. 電顕で足細胞陥入糸球体症が疑われた膜性腎症の1例 (ポスター,一般) 2017/10
10. アスペルギルスとムーコルの病理組織学的鑑別におけるチェックシートの有用性について. (口頭発表,一般) 2017/09/30
全件表示(333件)
■ 職歴
1. 2010/07~ 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 准教授