東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 教養科 教育学教室
 Education Section(Course of Teacher Education)

教授:
  今井 泉
  新保 幸洋
准教授:
  畑中 敏伸
講師:
  金谷 美保子
■ 概要
8. 科学教育に関する研究
理科教育、化学教育、化学教育カリキュラムの研究を行っている。
■ Keywords
理科教育学研究,化学教育研究, 国際教育協力研究
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
 研究課題:中等教育化学における文脈を基盤とした学習プログラムの構築  (研究分担者:今井 泉)
 研究補助金:250000円  (分担)
2.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
 研究課題:文理融合させた色に関する化学教育プログラムの開発と評価  (研究代表者:今井 泉)
 研究補助金:400000円  (代表)
3.  科学研究費補助金 基盤研究(B)
 研究課題:日本およびアメリカにおける次世代型STEM教育の構築に関する理論的実践的研究  (研究分担者:畑中敏伸)
 研究補助金:100000円  (分担)
4.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:国際教育協力のための教師の理科指導力向上を目指すレッスンスタディの実施方法の検討  (研究代表者:畑中敏伸)
 研究補助金:800000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  今井 泉 :NHK高校講座「化学基礎」監修・講師
2.  今井 泉 :公益社団法人 新化学技術推進協会「GSC普及・啓発グループ」委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  今井 泉 :日本化学会 教育・普及部門委員会委員(化学だいすきクラブ小委員会副委員長)
2.  今井 泉 :日本化学会 教育・普及部門委員会委員(国際関係小委員会)
3.  今井 泉 :日本科学教育学会 編集委員会委員
4.  今井 泉 :日本基礎化学教育学会 副会長
5.  畑中敏伸 :East-Asian Association for Science Education,理事
6.  畑中敏伸 :日本エネルギー環境教育学会理事,国際交流委員
7.  畑中敏伸 :日本理科教育学会国際交流委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















今井 泉   教授
 1 1     1       2
 
 1
 
 
 
新保 幸洋   教授
              
 
 
 
 
 
畑中 敏伸   准教授
              
 
 
 
 
 
金谷 美保子   講師
              
 
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  2
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 今井 泉:  化学リテラシーの構築 -中等教育における化学の基本概念と内容-.  化学と教育  66 (7) :322 -325 , 2018
2. 杉山和也,松島智也,渡邊総一郎,横田浩充,今井泉:  尿検査試験紙を用いたペンタ-O-アセチル-β-D-グルコピラノースの加水分解経過の追跡.  化学と教育  66 (8) :404 -407 , 2018
■ 著書
1. 富永健一,荻野和子,上野圭司,今井泉,冨田斉,佐藤成美,田口享史:    JACIテキスト「GSC入門No.4〜GSC賞を受賞した社会的実践事例から学ぶ〜」  1-8.  JACI,  東京,日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎今井泉,寺田光宏: 中等教育化学における文脈を基盤とした学習プログラムの構築 − 中等教育における化学の基本概念 −.  日本科学教育学会第42回年会,  長野県長野市,,  2018/08
2. ◎今井泉,渡部智博: 高等学校学習指導要領の変遷とNHK高校講座「化学」の内容構成との関係.  日本理科教育学会第68回全国大会,  岩手県盛岡市,  2018/08
国際学会
1. ◎Imai, I., Mitsuhashi, R., Nishitani, S.: Development of a Green and Sustainable Chemistry–compliant teaching aid based on Life Cycle Assessment for secondary school chemistry lessons.  25th IUPAC International Conference on Chemistry Education,  Sydney, Australia,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者