東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 生命圏環境科学科 地球環境科学部門 尾関研究室(大気科学・星間化学)
 Laboratory of Atmospheric Chemistry and Astrochemistry

教授:
  尾関 博之
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















尾関 博之   教授
    2          1
 
 1
(1)
 
 1
(1)
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 1
(1)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kotomi Taniguchi, Masao Saito, Liton Majumdar, Tomomi Shimoikura, Kazuhito Dobashi, Hiroyuki Ozeki, Fumitaka Nakamura, Tomoya Hirota, Tetsuhiro Minamidani, Yusuke Miyamoto and Hiroyuki Kaneko:  Chemical Diversity in Three Massive Young Stellar Objects associated with the 6.7 GHz CH3OH Masers.  Astrophysical Journal  866 :150(19pp) , 2018
2. Kotomi Taniguchi Yusuke Miyamoto, Masao Saito, Patricio Sanhueza, Tomomi Shimoikura, Kazuhito Dobashi, Fumitaka Nakamura, and Hiroyuki Ozeki,:  Chemical Diversity in Three Massive Young Stellar Objects associated with the 6.7 GHz CH3OH Masers.  Astrophysical Journal  866 :32(8pp) , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 尾関博之、谷岡美咲、小林かおり: NHDラジカルのテラヘルツスペクトル.  第12回分子科学討論会,  福岡 日本,  2018/09
国際学会
1. Hiroyuki Ozeki: Microwave spectroscopy of prebiotic molecules.  Workshop on Interstellar Matter 2018,  Sapporo Japan,  2018/11
その他
1. Hiroyuki Ozeki: Far-Infrared Spectroscopy of Short-lived species.  73rd International Symposium on Molecular Spectroscopy,  Champaign-Urbama, Illinois USA,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者