東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 生物分子科学科 分子医学・生理学部門 永田研究室(免疫生化学)
 Laboratory of Immunological Biochemistry

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















永田 喜三郎   教授
    3          
 6
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Chen, Y., Takikawa, M., Tsutsumi, S., Yamaguchi, Y., Okabe, A., Shimada, M., Kawase, T., Sada, A., Ezawa, I., Takano, Y., Nagata, K. Suzuki, Y., Semba, K., Aburatani, H., and Ohki, R.:  PHLDA1, another PHLDA family protein that inhibits Akt.  Cancer Science  109 :3532 -5342 , 2018
2. Otaki, M., Hirano, T., Yamaguchi, Y., Kaida, K., Koshika, S., Nagata, K., Nishimura, M., Kakinuma, S., Shimada, Y., and Kobayashi, Y.:  Changes in the function and phenotype of resident peritoneal macrophagesafter housing in an enriched environment.  International Immunopharmacology  65 :44 -49 , 2018
3. Kawashima, S., Funakoshi, T., Sato, Y., Saito, N., Ohsawa, H., Kurita K., Nagata, K., Yoshida, M., and Ishigami. A.:  Protective effect of pre- and post-vitamin C treatments on UVB-irradiation-induced skin damage.  Science Report  8 :16199 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 冨永航平、永田喜三郎、大木美恵子: 下垂体神経内分泌腫瘍で同定されたがん抑制遺伝子PHLDA3変異の機能解析.  第41回日本分子生物学会,  横浜,  2018/11
2. 山口陽子、皆田皓平、石神昭人、永田喜三郎: p53はマクロファージのサイレントクリアランス機能を抑制する.  第41回日本分子生物学会,  横浜,  2018/11
3. 小鹿成二、皆田皓平、山口陽子、石神昭人、永田喜三郎: 老化に伴うマクロファージ貪食能低下と細胞老化の関わり.  第41回日本分子生物学会,  横浜,  2018/11
4. 船越智子、滝沢晶子、谷津智史、永田喜三郎、相垣敏郎、町田修一、石神昭人: アスコルビン酸欠乏がマウス骨格筋に及ぼす影響.  第41回日本分子生物学会,  横浜,  2018/11
5. 橘拓孝、臺野和広、森岡孝満、石川敦子、尚奕、金小海、小川真里、藤田美鈴、永田喜三郎、小林芳郎、野川宏幸、松浦彰、島田義也、柿沼志津子: 放射線被ばくによるマウスB細胞リンパ腫の発症リスクおよび遺伝子変異.  第61回日本放射線影響学会,  長崎,  2018/11
6. 武井 怜奈、臺野 和広、砂押 正章、甘崎 佳子、森岡 孝満、永田喜三郎、野川 宏幸、松浦 彰、島田 義也、柿沼 志津子: 放射線誘発マウスTリンパ腫におけるIkarosのゲノム変異と関連するエピゲノム異常.  第61回日本放射線影響学会,  長崎,  2018/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者