東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 生物学科 進化・生態学部門 行動生態学研究室
 Laboratory of Behavioral Ecology

講師:
  井上 英治
■ 概要
哺乳類の行動生態学研究
動物の行動や社会を、フィールドワークだけなくDNA分析も用いて、解明する研究を進めています。おもに哺乳類を対象とし、中でも霊長類の研究に力を注いでいます。今年度は、ニホンザル、アカゲザル、ニホンカモシカ、ニホンジカ、オランウータン、グラスカッターの研究を進めました。また、哺乳類以外の共同研究として、ニホンイシガメ、イースト菌の遺伝解析の研究も行いました
■ Keywords
行動生態, 哺乳類, 霊長類, 分子生態学, 血縁, 人類進化
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(B)
 研究課題:血縁を超えた協力の進化  (研究分担者:井上英治)
 研究補助金:100000円  (分担)
2.  基盤研究(C)
 研究課題:ゴリラのオスの「移出」における意思決定プロセス:社会的および生理的要因  (研究分担者:井上英治)
 研究補助金:200000円  (分担)
3.  新学術領域研究(研究領域提案型)
 研究課題:共感性を支える遺伝子の進化系統解析  (研究分担者:井上英治)
 研究補助金:800000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















井上 英治   講師
    4          1
 5
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nagano H, Inoue E, Inoue-Murayama M, Suzuki T:  Microsatellite analysis of Saccharomyces cerevisiae in cooked bread.  Food Analytical Methods  11 (6) :1757 -1762 , 2018
2. Hayakawa T, Sawada A, Tanabe AS, Fukuda S, Kishida T, Kurihara Y, Matsushima K, Kiu J, Akomo-Okoue EF, Gravena W, Kashima M, Suzuki M, Kadowaki K, Suzumura T, Inoue E, Sugiura H, Agata K.:  Improving the standards for gut microbiome analysis of fecal samples: insights from the field biology of Japanese macaques on Yakushima Island.  Primates  59 (5) :423 -436 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎高島佑子, Etienne Akomo-Okoue, 井上英治: アフリカ熱帯林における糞 DNA 分析を用いた偶蹄類 4 種の生息地利用の解析.  日本哺乳類学会2018年度大会,  上伊那,  2018/09
2. ◎藤田志歩,シメーヌ・ンゼ・ンコグ,井上英治,竹ノ下祐二,坪川桂子: 野生ニシローランドゴリラのオスにおけるストレスレベルの評価-ストレスは出自群からの移出を誘発するか-.  第34回日本霊長類学会大会,  東京,  2018/07
3. ◎井上英治, 小島梨紗, 山田一憲, 大西賢治, 中川尚史, 村山美穂: マカカ属の寛容性とCOMT遺伝子の変異の関連.  第34回日本霊長類学会大会,  東京,  2018/07
国際学会
1. Fujita S, Nze Nkogue C, Inoue E, Takenoshita Y: Life-history strategies in wild male western lowland gorillas (Gorilla gorilla gorilla): Does stress trigger emigtration from natal group?.  International Primatological Society XXVII Congress,  Nairobi,  2018/08
2. Hayakawa T, Toda Y, Inoue E, Matsuo H, Morimura N, Inoue-Murayama M, Hashimoto C, Misaka T, Ohigashi H, Matsuzawa T, Imai H.: Natural selection on the genetic and functional variations of bitter taste receptors (TAS2Rs) in wild chimpanzees.  Annual Meeting of the Society for molecular biology and evolution 2018,  Yokohama,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者