東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 理学部 生物学科 進化・生態学部門 分子・細胞遺伝学研究室
 Laboratory of Molecular Genetics and Cytogenetics

教授:
  久保田 宗一郎
准教授:
  後藤 友二
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















久保田 宗一郎   教授
    1          
 2
 
 
 
 
後藤 友二   准教授
    2          
 3
 
 1
 
 1
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sato S, Inoda T, Niitsu S, Kubota S, Goto Y, Kobayashi Y:  Asymmetric larval head and mandibles of Hydrophilus acuminatus (Insecta: Coleoptera, Hydrophilidae): Fine structure and embryonic development.  Arthropod Structure & Development  :https://doi.org/10.1016/j.asd.2017.08.003 , 2017
2. Kato T, Hara S, Goto Y, Ogawa Y, Okayasu H, Kubota S, Tamano M, Terao M, Takada S.:  Creation of mutant mice with megabase-sized deletions containing custom-designed breakpoints by means of the CRISPR/Cas9 system.  Scientific Reports  :10.1038/s41598-017-00140-9 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎渡辺雄大、久保田宗一郎、後藤友二: 不活性化を免れる遺伝子とその周辺で不活性化をうける遺伝子の核内配置解析.  日本染色体学会 第68回大会,  広島、日本,  2017/11
2. ◎石坂優介、桑田祐輔、田中良樹、梶谷嶺、豊田敦、伊藤武彦、久保田宗一郎、後藤友二: ヌタウナギにおける性関連遺伝子の探索.  日本染色体学会 第68回大会,  広島、日本,  2017/11
3. ◎手塚千重子、桑田祐輔、田中良樹、梶谷嶺、豊田敦、伊藤武彦、久保田宗一郎、後藤友二: ヌタウナギの生殖細胞と体細胞のRNA-seqによる比較発現解析.  日本染色体学会 第68回大会,  広島、日本,  2017/11
国際学会
1. ◎後藤友二、桑田祐輔、田中良樹、梶谷嶺、豊田敦、伊藤武彦、久保田宗一郎: 全ゲノム解読から読み解く円口類ヌタウナギの放出DNA の全容について.  日本染色体学会 第68回大会,  広島、日本,  2017/11
その他
1. ◎渡辺雄大、後藤友二: 不活性化を免れる遺伝子とその周辺で不活性化される遺伝子の核内配置解析.  第五回 X染色体研究会,  神奈川、日本,  2017/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者