東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 英語教室
 Department of English

教授:
  畠田 豊文
講師:
  岩﨑 宏之
■ 概要
【畠田豊文】
 1) 主にシェイクスピアの「史劇」「悲劇」[ロマンス劇]を中心に,台詞による個性的人物描写と劇構   造,つまり劇詩と劇構造のパラダイムを研究中。また台詞に見る,いわゆるTheatrical Convention   「劇 慣習」の研究も行っている。現在,「ハムレット」の歴史的評価に対して台詞と劇構造の点から   新たな切り 口を模索している。
 2) 高校,大学の英語教育における効果的な言語材料の提示と言語習得の関連性について研究中。
   現在,文部科学省検定教科書(高校英語)執筆中。
 3) 英語和英大辞典執筆中 。
 4) 『ハムレット』の「独白」に関する論文執筆中。

【岩﨑宏之】
 1)英語の省略現象(特にswiping構文)の通時的・共時的研究
 2)極小モデルに基づいた、核(core)に属する言語現象の研究
 3)動的文法理論に基づいた、周辺部(periphery)に属する言語現象・第一言語習得の研究
■ Keywords
畠田豊文】シェイクスピア, 劇慣習, 独白, 狂気,フール,超自然的存在,言語材料 【岩﨑宏之】理論言語学, 統辞論, 省略現象, 核と周辺部, 第一言語習得
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究  (研究課題番号:18K12410)
 研究課題:英語のswiping構文に対する総合的理解へ向けての通時的及び共時的研究  (研究代表者:岩﨑宏之)
 研究補助金:1200000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















畠田 豊文   教授
              
 
 
 
 
 
岩﨑 宏之   講師
              
 
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国際学会
1. Iwasaki H: When Did the Complementizer-trace Effect Appear in the History of English?.  Data Science in Collaboration on Language, TSUKUBA GLOBAL SCIENCE WEEK 2018,  Tsukuba, Japan,  2018/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者