東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 医療薬学教育センター/実践医療薬学研究室
 

教授:
  石井 敏浩
准教授:
  藤枝 正輝
講師:
  有山 智博
  木下 雅子
  田中 博之
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 敏浩   教授
  1  1          
 9
 
 
 
 
藤枝 正輝   准教授
  1            
 3
 
 
 
 
有山 智博   講師
 1             
 5
 
 
 
 
木下 雅子   講師
              
 2
 
 
 
 
田中 博之   講師
  2 1           3
 2
 
 
 
 
 1 1  0 0  0  3
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 有山智博, 田中博之, 石井敏浩:  医薬品副作用データベースを用いた全身投与薬による眼障害の調査解析.  あたらしい眼科  35 (9) :1299 -1306 , 2018
2. 佐藤光利, 鎌田敦音, 三橋範子, 笠原幸子, 飯田克巳, 宮沢伸介, 田中博之, 小杉隆祥, 西澤健司.:  医薬品安全性の品質保証に関する研究 -酸化マグネシウム製剤中の重金属不純物含有量の検討-.  応用薬理  95 (1/2) :1 -7 , 2018
3. Tanaka H, Ishii T.:  Analysis of Patients with Drug-Induced Pemphigoid Using the Japanese Adverse Drug Event Report Database.  The Journal of Dermatology  -- (--) :-- --- , 2018
■ 著書
1. 渡辺朋子、吉尾隆、鍋島俊隆他:  薬物治療学.  薬物治療学  308-331.  南山堂,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 田中博之, 石井敏浩: NDBオープンデータを用いた抗HIV薬の処方状況の解析.  第32回日本エイズ学会学術集会・総会,  大阪,  2018/12
2. 鈴木伸悟, 藤田勝久, 藤田勝成, 藤枝正輝: かかりつけ患者を受診勧奨し、医療機関と連携した一例における報告.  第12回日本薬局学会学術総会,  名古屋,  2018/11
3. 田中博之, 加藤裕芳, 渡辺朋子, 岡村麻子, 高橋友子, 上芝元, 石井敏浩, 小池一男: 薬学教育が薬学生の意識に与える影響について―解熱鎮痛薬を対象とした調査―.  第56回全国大学保健管理研究集会,  品川,  2018/10
4. ◎草壁智史、永沼正寛、有山智博、石井敏浩: 「骨粗しょう症」早期発見に向けた保険薬局における簡易スクリーニング検査の有用性.  第51回日本薬剤師会学術大会,  金沢,  2018/09
5. ◎田中千穂, 藤枝正輝, 田中博之, 有山智博, 木下雅子, 鈴木伸悟, 藤田勝久, 石井敏浩: 保険薬局におけるOTC医薬品販売動向および薬局薬剤師の介入による潜在的医療費節減効果に関する調査解析.  第51回日本薬剤師会学術大会,  金沢,  2018/09
6. ◎北見友紀江, 藤枝正輝, 田中博之, 有山智博, 木下雅子, 小川智弘, 小川敦, 石井敏浩: 在宅療養支援における薬局薬剤師の介入に関する調査研究.  第51回日本薬剤師会学術大会,  金沢,  2018/09
7. ◎木村 謙吾, 得居 岬, 永澤 悦伸, 有山 智博, 小林 加寿子, 曹 新, 相本 恵美, 石井 敏浩, 高原 章: 抗ヒスタミン薬メキタジンがイソフルラン麻酔モルモットの心室再分極相に与える影響.  第4回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム,  東京,  2018/09
8. 田中博之, 石井敏浩: 日本の副作用自発報告データベースを用いた薬剤性類天疱瘡発症症例の解析.  第4回日本医薬品安全性学会学術大会,  倉敷,  2018/08
9. ◎木村 謙吾, 得居 岬, 永澤 悦伸, 有山 智博, 小林 加寿子, 曹 新, 相本 恵美, 石井 敏浩, 高原 章: イソフルラン麻酔モルモットにおけるクロルフェニラミン、プロメタジン及びメキタジンのQT間隔への影響.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
10. ◎Takigawa Masaki, Ishii Toshihiro, Mori Yoshiko, Ishigami Akihito: Vancomycin-induced nephrotoxicity mice during aging.  第41回日本基礎老化学会大会,  東京, 日本,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者