東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


2018年度
 薬学部 薬品物理化学教室
 Department of Physical Chemistry

教授:
  坂田 健
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  JST CREST  (研究課題番号:JPMJCR1541)
 研究課題:分子触媒を利用した革新的アンモニア合成及び関連反応の開発  (研究分担者:坂田健)
 研究補助金:2500000円  (分担)
2.  科研費 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K05795)
 研究課題:ルイス酸によるSi-H結合活性化メカニズムの包括的理解に向けた理論的検討  (研究代表者:坂田健)
 研究補助金:1600000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















坂田 健   教授
   1 1          1
 
 1
 
 
 
 0 1  0 0  0  1
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sakata K:  Force constant decomposition for penta‐coordinated XH3Cl2 (X = C, Si, Ge) structures.  Journal of Computational Chemistry  39 (20) :1544 -1550 , 2018
2. Matsubara R, Yabuta T, Md Idros U, Hayashi M , Ema F, Kobori Y , Sakata K:  UVA- and Visible-Light-Mediated Generation of Carbon Radicals from Organochlorides Using Nonmetal Photocatalyst.  The Journal of Organic Chemistry  83 (16) :9381 -9390 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎坂田 健,菊池 将馬,結城 雅弘,中島 一成,西林 仁昭: 硫黄架橋二核ルテニウム錯体を用いた触媒的水素分解反応におけるアルキル基の効果に関するDFT計算.  第12回分子科学討論会,  福岡,日本,  2018/09
国際学会
1. ◎Sakata K, Yuki M, Nakajima K, Nishibayashi Y: DFT Study on Oxidation Reaction of Molecular Dihydrogen Catalyzed by Dicationic Thiolate-Bridged Diruthenium Complexes.  The 28th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC-2018),  フィレンツェ,イタリア,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者