東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 薬物学教室
 Department of Pharmacology

教授:
  田中 光
准教授:
  行方 衣由紀
講師:
  濵口 正悟
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 光   教授
              
 4
 
 2
 
 
行方 衣由紀   准教授
              
 3
 
 2
 
 
濵口 正悟   講師
              
 3
 
 2
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 濵口正悟, 村上慎吾, 冨田太一郎, 大島大輔, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病性心筋症の病態進展に寄与するCa2+シグナル制御破綻の分子機序.  第28回 日本循環薬理学会,  東京都大田区,  2018/12
2. ◎相本 恵美, 灘 みづき, 八木 啓太, 江沢 亜耶, 福本 真利江, 恒岡 弥生, 長谷川 健志, 永澤 悦伸, 田中 光, 高原 章: 慢性的な容量負荷刺激は心房の構造的・電気的リモデリングを介して心房細動の持続化に寄与する ~TRPC3チャネルの役割~.  第28回日本循環薬理学会,  東京,  2018/12
3. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 濵口正悟, 村上慎吾, 冨田太一郎, 大島大輔, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病性心筋症早期ステージにおけるHFpEFの分子機序.  平成30年度 生理学研究所研究会「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」,  岡崎市,  2018/11
4. ◎Mikami Y, Ito M, Hamaguchi S, Murakami S, Tomida T, Namekata I, Tanaka H, Adachi-Akahane S: Molecular mechanism of diastolic dysfunction in the early stage of diabetic cardiomyopathy.  第41回 日本分子生物学会,  神奈川県横浜市,  2018/11
国際学会
1. ◎Mikami Y, Ito M, Hamaguchi S, Murakami S, Tomida T, Namekata I, Tanaka H & Adachi-Akahane S: Mechanisms for Ca2+ signaling defects underlying diastolic dysfunction in diabetic cardiomyopathy.  The 2nd JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research,  Nara, Japan,  2018/09
2. ◎Mikami Y, Ito M, Hamaguchi S, Murakami S, Tomida T, Namekata I, Tanaka H, Adachi-Akahane S: Defective Ca2+ signaling contributes to diastolic dysfunction in diabetic cardiomyopathy.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018),  Kyoto, Japan,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者