東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 薬化学教室
 Department of Organic Chemistry

教授:
  加藤 恵介
准教授:
  高橋 圭介
講師:
  日下部 太一
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)
 研究課題:一酸化窒素生合成制御活性アルカロイドの全合成研究  (研究代表者:高橋圭介)
 研究補助金:1560000円  (代表)
2.  若手研究(B)
 研究課題:無保護のグリカールから直接発生させた二価パラジウム種によるC-グリコシドの合成  (研究代表者:日下部太一)
 研究補助金:1170000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  加藤恵介 :薬事・食品衛生審議会専門委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  加藤恵介 :日本薬学会関東支部・幹事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















加藤 恵介   教授
    2          
 
 
 
 
 
高橋 圭介   准教授
    2          
 
 
 
 
 
日下部 太一   講師
    1          
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Cheng Peng, Taichi Kusakabe, Shoko Kikkawa, Tomoyuki Mochida, Isao Azumaya, Yogesh Daulat Dhage, Keisuke Takahashi, Hiroaki Sasai, Keisuke Kato:  Asymmetric Cyclizative Dimerization of (ortho-Alkynyl Phenyl)
(Methoxymethyl) Sulfides with Palladium(II) Bisoxazoline Catalyst.  Chemistry A European Journal  25 :733 -737 , 2019
2. Yoshinori Ikenaka, Kazutoshi Fujioka, Tomonori Kawakami, Takahiro Ichise,Nesta Bortey-Sam, Shouta M.M. Nakayama, Hazuki Mizukawa, Kumiko Taira, Keisuke Takahashi, Keisuke Kato, Koji Arizono, Mayumi Ishizuka:  Contamination by neonicotinoid insecticides and their metabolites in SriLankan black tea leaves and Japanese green tea leaves.  Toxicology Reports  5 :744 -749 , 2018
  :Corresponding Author
  :本学研究者