東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 薬学部 薬剤学教室
 Department of Pharmaceutics

教授:
  野口 修治
講師:
  鈴木 浩典
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















野口 修治   教授
    1  1        
 4
 
 
 
 
鈴木 浩典   講師
    1   1       1
 3
 
 
 
 
伊藤 雅隆   助教
 1  1    1       1
 3
 
 
 
 
 1 1  1 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Masataka Ito, Reiko Tokuda, Hironori Suzuki, Tomoaki Sakamoto, Katsuhide Terada, Shuji Noguchi:  Desolvation behavior of indinavir sulfate ethanol and follow-up by terahertz spectroscopy.  International Journal of Pharmaceutics  :in press , 2019
総説及び解説
1. 伊藤 雅隆:  新しい医薬品有効成分としてのイオン液体とその経口固形製剤化.  ファルマシア  55 (5) :445 -445 , 2019
■ 著書
1. 野口 修治、鈴木 浩典、伊藤 雅隆:    製剤学・物理薬剤学通論  1-371.  京都廣川書店,  日本, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 〇伊藤 雅隆、坂本 知昭、鈴木 浩典、野口 修治: テラヘルツ分光法を用いたインジナビル硫酸塩溶媒和物の脱溶媒挙動解析.  日本薬剤学会 第34年会,  富山, 日本,  2019/05
2. 〇鈴木 浩典、岩田 萌美、伊藤 雅隆、野口 修治: X線吸収端近傍構造スペクトル測定によるClまたはS含有医薬品原薬結晶多形の評価.  日本薬剤学会 第34年会,  富山, 日本,  2019/05
3. 〇井出 良汰、伊藤 雅隆、鈴木 浩典、野口 修治: スプレードライヤーを用いた医薬品原薬の苦味マスキング.  日本薬剤学会 第34年会,  富山, 日本,  2019/05
4. 〇渡辺 竜矢、小柳 佑士郎、伊藤 雅隆、鈴木 浩典、寺田 勝英、
野口 修治: 共結晶化によるイソソルビドの吸湿性改善と吸湿機構の解析.  日本薬剤学会 第34年会,  富山, 日本,  2019/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者