東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 薬剤学教室
 Department of Pharmaceutics

教授:
  野口 修治
講師:
  鈴木 浩典
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















野口 修治   教授
    2          
 3
 
 
 
 
伊藤 雅隆   助教
   1 1          1
 2
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Masataka Ito,Rika Shiba,Miteki Watanabe,Yasunori Iwao,Shigeru Itai,Shuji Noguchi:  Phase transitions of antibiotic clarithromycin forms I, IV and new form VII crystals.  International Journal of Pharmaceutics  547 :258 -264 , 2018
2. Hazuki Yonashiro, Kenjirou Higashi, Chikako Morikawa, Keisuke Ueda, Tsutomu Itoh, Masataka Ito, Hyuma Masu, Shuji Noguchi, Kunikazu Moribe:  Morphological and physicochemical evaluation of two distinct glibenclamide/hypromellose amorphous nanoparticles prepared by the antisolvent method.  Molecular Pharmaceutics  15 (4) :1587 -1597 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 〇司馬 理佳、伊藤 雅隆、野口 修治: 医薬品原薬塩酸塩結晶のX線吸収端近傍構造スペクトル測定.  日本薬剤学会 第33年会,  静岡, 日本,  2018/06
2. 〇伊藤 雅隆、朱 芳黎、野口 修治: 塩溶媒和物結晶のX線吸収端近傍構造スペクトル測定を用いた評価と転移挙動.  日本薬剤学会 第33年会,  静岡, 日本,  2018/05
3. 〇東 由起、伊藤 雅隆、野口 修治: マラリア治療薬ルメファントリンの多成分結晶化による溶解度改善.  日本薬剤学会 第33年会,  静岡, 日本,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者