東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 麻酔科学講座(佐倉)
 Department of Anesthesiology (Sakura)

教授:
  北村 享之
講師:
  甲田 賢一郎
助教:
  菅野 敬之
  小出 可奈子
  鵜澤 將
  木村 悠香
レジデント:
  木村 利恵
  岡本 安納
  長谷川 翔子
■ 概要
周術期代謝管理の適正化
心臓血管外科と共同研究を行い、周術期糖代謝管理の適正化による手術予後の改善をテーマとする臨床研究を実践する。心臓手術の周術期に人工膵臓を用いた厳密な血糖値管理を行う。
麻酔深度モニタリング
全身麻酔下手術中に、脳波を用いた麻酔深度モニタリング(BIS)と薬力学/薬物動態学的手法による麻酔深度モニタリング(NSRI)を併用し、マルチモーダルモニタリングの有用性を検討する。
脊髄くも膜下麻酔下手術中の末梢循環動態に関する研究
脊髄くも膜下麻酔下での末梢循環を評価したうえで、それに対するデクスメデトミジンを用いた鎮静が及ぼす影響を検討する。
■ Keywords
手術予後, 代謝管理, 麻酔深度, 末梢循環
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  北村享之 :印旛地域救急業務メディカルコントロール協議会委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  北村享之 :日本麻酔科学会 関東・甲信越支部運営委員 広報担当委員
2.  北村享之 :日本臨床麻酔学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















北村 享之   教授
  2 1           1
(1)
 2
 
 
 2
 
甲田 賢一郎   講師
  2            
 2
 
 
 
 
佐藤 泰雄   講師
              
 
 
 
 
 
鵜澤 將   助教
 1 1            
 2
 
 
 
 
木村 悠香   助教
  1            
 2
 
 
 
 
小出 可奈子   助教
              
 
 
 
 
 
菅野 敬之   助教
  2            
 2
 
 
 
 
 1 1  0 0  0  1
(1)
 0
(0)
 2
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. Takayuki Kitamura:  Efficacy and future prospects for intraoperative glycemic management using a new artificial pancreas with a closed-loop blood glucose monitoring system.  Toho Journal of Medicine  4 (4) :107 -115 , 2018
症例報告
1. 木村利恵, 菅野敬之, 木村悠香, 鵜澤將, 甲田賢一郎, 北村享之:  緊急帝王切開の直後に心原性肺水腫をきたした1例.  日本臨床麻酔学会誌  38 (7) :748 -752 , 2018
2. 鵜澤將, 甲田賢一郎, 菅野敬之, 北村享之:  心機能低下を合併したクリッペル・フェール症候群患者の全身麻酔症例.  麻酔  68 (2) :126 -129 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎木村利恵, 甲田賢一郎, 長谷川翔子, 岡本安納, 木村悠香, 鵜澤將, 菅野敬之, 北村享之: 抗NMDA受容体抗体脳炎患者に対する腹腔鏡下卵巣奇形腫摘出術を全身麻酔管理した1例.  日本臨床麻酔学会第38回大会,  北九州,  2018/11
2. ◎岡本安納, 鵜澤將, 長谷川翔子, 木村利恵, 木村悠香, 甲田賢一郎, 菅野敬之, 北村 享之: 気管支ブロッカーによる選択的左下葉ブロックが奏効した右肺中下葉切除後患者に対する左肺下葉部分切除術.  日本臨床麻酔学会第38回大会,  北九州市、日本,  2018/11
3. 北村享之: 術中血糖管理における人工膵臓の有用性.  第152回東邦医学会例会,  東京,  2018/06
その他
1. 北村享之: プレセデックスを用いた手術麻酔管理中の鎮静処置.  ファイザー株式会社千葉営業所プレセデックス社内勉強会,  千葉市,  2018/09
2. 北村享之: HESの使用に関して.  大塚製薬工場千葉支店社内研修会,  佐倉市,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者