東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

講師:
  清水 一寛
助教:
  高橋 真生
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   講師
   2 3  5        2
 14
(2)
 3
(1)
 6
(2)
 
 3
高橋 真生   講師
    6  2 1       1
(1)
 11
(2)
 
 3
(1)
 
 3
飯塚 卓夫   助教
    1          
 4
(2)
 
 2
 
 4
(2)
清川 甫   助教
    1          
 8
 
 
 
 1
佐藤 修司   助教
    1          2
(1)
 3
(2)
 
 
 
 4
(2)
鈴木 理代   助教
    1          
 4
(2)
 
 
 
 4
(2)
高橋 真生   助教
    6  2 1       1
(1)
 11
(2)
 
 3
(1)
 
 3
中神 隆洋   助教
    1          
 7
 
 
 
 1
美甘 周史   助教
 1  1 1          2
(2)
 3
 
 
 4
(3)
 1
 1 3  9 0  0  8
(5)
 3
(1)
 4
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hashimoto1 R, Jiang M, Shiba T, Hiruta N, Takahashi M, Higashi M, Hori Y, Bujo H, Maeno T:  Soluble form of LR11 is highly increased in the vitreous fluids of patients with idiopathic epiretinal membrane.  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.  255 (5) :885 -891 , 2017
2. Tomoyuki Yamamoto, Kazuhiro Shimizu, Mao Takahashi, Ichiro Tatsuno, Kohji Shirai:  The Effect of Nitroglycerin on Arterial Stiffness of the Aorta and the Femoral-Tibial Arteries -Monitoring with a Stiffness Parameter β- Derived Vascular Index-.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  24 (10) :1048 -1057 , 2017
3. HIROSHI MIKAMO, MEIZI JIANG, MAHITO NORO, YASUO SUZUKI, NOBUYUKI HIRUTA, HIROYUKI UNOKI-KUBOTA, WOLFGANG J. SCHNEIDER, HIDEAKI BUJO:  Susceptibilities of epicardial and subcutaneous fat tissue for browning-gene expression and diet-induced volume reduction are different.  MOLECULAR MEDICINE REPORTS  17 (5) :6542 -6550 , 2018
4. Akihiro Ogawa, Kazuhiro Shimizu, Kohji Shirai:  Acute effect of Resistance Training on Carido Ankle Vascular Index.  NONINVASIVE METHODS IN CARDIOLOGY  1 :63 -68 , 2017
5. Kazuhiro Shimizu, Takuo Iiduka, Shuji Sato, Hajime Kiyokawa, Takahiro Nakagami, Hiroshi Mikamo, Masayo Kawazoe, Mao Takahashi, Mahito Noro:  The clinical course of symptomatic deep vein thrombosis after 3 months of anticoagulant therapy using fondaparinux/edoxaban or fondaparinux/vitamin K antagonist.  Therapeutics and Clinical Risk Management  14 :377 -383 , 2018
総説及び解説
1. 美甘周史, 武城英明:  身体所見のポイントと問診のコツ.  診断と治療  105 (9) :1111 -1116 , 2017
2. Kazuhiro Shimizu, Akihiro Ogawa, Kohji Shirai:  The Meaning of Acute Changes of Cardio Ankle Vascular Index.  NONINVASIVE METHODS IN CARDIOLOGY  1 :55 -61 , 2017
その他
1. Kohji Shirai, Kazuhiro Shimizu, Masanobu Takata, Kenji Suzuki:  Independency of the cardio-ankle vascular index from blood pressure at the time of measurement.  Journal of Hypertension  35 :1521 -1523 , 2017
■ 著書
1. 清水一寛:  ワルファリンによる血栓治療.  ドクターサロン  5-8.  キョーリンメディカルサプライ株式会社,  東京、日本, 2017
2. 清水一寛:  肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2017年改訂版).  JCS2017  6-11.  日本循環器学会,  東京、日本, 2018
3. 清水一寛:  がん患者のVTEに対して抗凝固療法はいつまで続けたらよいのでしょうか?.  がん患者の心臓を守る!腫瘍循環器学 Onco-Cardiology  132-133.  文光堂,  東京、日本, 2018
4. 清水一寛:  ABI CAVI.  循環器診療スマートブック  149-153.  文光堂,  東京、日本, 2018
5. 高橋真生,柴友明(池田隆徳):  循環器検査法.眼底検査.  循環器診療スマートブック  154-157.  文光堂,  東京都, 日本, 2018
6. 高橋真生(池田隆徳):  循環器薬物治療.脂質異常症治療薬.  循環器診療スマートブック  270-274.  文光堂,  東京, 日本, 2018
7. 高橋真生(池田隆徳):  主な疾患の治療・管理、血圧異常.  循環器診療スマートブック  338-345.  文光堂,  東京, 日本, 2018
8. 清水一寛:  静脈疾患.  循環器診療スマートブック  413-416.  文光堂,  東京、日本, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎橋本晃、中村啓二郎, 井出志穂, 清水貴之, 石井莉奈, 豊田康豪, 浅見雅子, 佐原尚彦, 高木高人, 楢林ゆり子, 榎本義成, 久次米真吾, 熊谷賢太, 酒井毅, 坂田隆夫, 野呂眞人, 杉薫: 二弁置換術後の慢性心房細動を合併した低心機能症例に対してHis束ペーシングを追加したtri-ventricular pacing の症例.  第10回植込みデバイス関連冬季大会,  横浜,  2018/02
2. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 土谷あかり, 高橋真生, 中神隆洋, 清川甫, 伊藤拓郎, 丸岡弘, 中川晃一: 心臓リハビリテーション実施患者における退院時身体指標としてのCalf Ankle Index.  第52回日本成人病学会総会,  東京、日本,  2018/01
3. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 土谷あかり, 高橋真生, 中神隆洋, 清川甫, 伊藤拓郎, 丸岡弘, 中川晃一, 白井厚治: Cardio Ankle Vascular Indexを指標とした血管機能における心疾患重症度判定の有用性.  第52回日本成人病学会総会,  東京、日本,  2018/01
4. ◎山口崇, 戸谷俊介, 高橋真生, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊,、大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 肥満心筋症の病態と心機能特性.  第27回臨床内分泌代謝Update,  神戸,  2017/11
5. 宇都宮: 睡眠の血管弾性能CAVIに与える影響とその意義.  第54回日本臨床生理学会総会,  宇都宮,  2017/11
6. ◎田端強志, 杉山恵, 丹治直映, 蘭藤佑哉, 斉藤綾, 本村昇, 徳山宣, 蛭田啓之, 清水一寛、高田伸夫: ヘパリン自己注射管理中にstuck valveをきたした機械弁置換術後の1例.  第29回日本超音波学会関東甲信越地方会,  東京、日本,  2017/11
7. ◎美甘 周史, 宮本 明, 丸山 高, 原 亮二, 小原 千明, 山内 靖隆, 秋田 孝子, 中尾 正行, 福田 正浩, 袴田 尚弘, 佐藤 修司, 川添 理代, 飯塚 卓夫, 野呂 眞人: SFA起始部からのlong CTOに対する近位閉塞部穿刺が有効であった一例.  第51回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会,  東京,  2017/10
8. ◎山口崇, 戸谷俊介, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊, 大平征宏, 高橋真生, 辻沙耶佳, 齋木厚人, 龍野一郎: 肥満心筋症の心機能的特徴~非代償性心不全合併高度肥満患者9名における検討~.  第38回日本肥満学会,  大阪市,  2017/10
9. ◎田端強志, 佐々木健, 金徳男, 蘭藤佑哉, 斉藤綾, 本村昇, 清水一寛, 高田伸夫: 繰り返す肺血栓塞栓症の原因と診断された膝窩静脈瘤の1例.  第58回日本脈管学会,  名古屋, 日本,  2017/10
10. ◎秋葉崇, 小川明宏, 寺山圭一郎, 土谷あかり, 清水一寛, 榊原隆次, 丸岡弘: 起立性低血圧に対する足関節底背屈運動の効果.  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  岐阜、日本,  2017/07
11. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 土谷あかり, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 中川晃一, 丸岡弘, 白井厚治: 高齢心疾患患者のサルコペニアと血管機能の関連性.  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  岐阜、日本,  2017/07
12. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 新野直明, 小川明宏, 秋葉崇, 土谷あかり, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘: 心臓リハビリテーション実施患者におけるサルコペニアの指標としてのCalf Ankle Index.  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  岐阜、日本,  2017/07
13. ◎Shuji Sato, Kazuhiro Shimizu, Mao Thakahashi, Osamu Nagakawa, Kohji Shirai: Changes of Arterial Stiffness Monitored with the Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI) during hemodialysis therapy.  第49回日本動脈硬化学会総会,  広島,  2017/07
14. ◎戸谷俊介, 清水一寛, 相川博音, 伊藤拓郎, 岩川幹弘, 杉崎雄太, 佐藤修司, 清川甫, 美甘周史, 中神隆洋, 川添理代, 飯塚卓夫, 高橋真生, 白井厚治, 野呂眞人: CAVIは睡眠時無呼吸症患者の左室拡張障害と相関する.  日本動脈硬化学会,  広島, 日本,  2017/07
15. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 土谷あかり, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 中川晃一, 丸岡弘, 白井厚治: 等尺性収縮運動療法がCAVIに及ぼす影響.  日本動脈硬化学会,  広島, 日本,  2017/07
16. ◎清水一寛, 鈴木賢二, 高田正信, 白井厚治: Cardio Ankle Vascular Indexの血圧非依存性に対する再検証.  日本動脈硬化学会,  広島, 日本,  2017/07
17. ◎中神隆洋, 清川甫, 清水一寛, 野呂眞人, 白井厚治: 和温療法による血管弾性機能の改善効果をCAVIを用いて検討する.  日本動脈硬化学会,  広島, 日本,  2017/07
18. 佐藤修司, 髙橋真生, 清水一寛, 美甘周史, 川添理代, 飯塚卓夫, 野呂眞人, 白井厚治: ニコランジル投与の血管弾性指標Cardio-Ankle Vascular Index(CAVI)に対する影響.  第32回心電情報処理ワークショップ,  東京,  2017/06
19. 清水一寛: CAVIの臨床への実践的応用.  第2回日本血管不全学会学術集会,  両国、日本,  2017/04
20. ◎橋本りゅう也, 武城英明, 柴友明, 蛭田啓之, 高橋真生, 堀裕一, 前野貴俊: 特発性黄斑前膜において増加する硝子体可溶型LR11の病的意義の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
21. ◎Hiroshi Mikamo, Akira Miyamoto, Ryouji Kuhara, Yastaka Yamauchi, Masahiro Fukuda, Shunsuke Todani, Takurou Ito, Shuji Sato, Masayo Kawazoe, Takuo Iizuka: Arteriovenous fistula of pedal artery for no option CLI contributes to the limb salvage.  Japan Endovascular Treatment Conference 2018,  大阪,  2018/02
22. ◎Takahashi M, Shiba T, Hori Y, Suzuki K, Shirai K: Gender difference by annual change of cardio-ankle vascular index regarding new onset of abnormal findings in the eye.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島,  2017/07
23. ◎Takahashi M, Suzuki K, Shirai K: Gender difference by annual change of cardio-ankle vascular index regarding new onset of ischemic change on ECG.  第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  広島,  2017/07
国際学会
1. ◎Takahashi M, Shiba T, Shimizu K, Hori Y, Shirai K, Noro M: Therapeutic effect of sleep apnea on atherosclerosis depended on ocular microcirculation shown by laser speckle flowgraphy.  11th Asia-Pacific Vitreo-retina Society (APVRS) Congress in Kuala Lumpur.,  Kuala Lumpur, Malaysia.,  2017/12
2. ◎Akihiro Ogawa, Kazuhiro Shimizu, Kohji Shirai: Effect of Resistance training on Cardio-Ankle Vascular Index.  The Internatinoal Meeting Non-invasive Methods in cardioology,  Brno、チェコ共和国,  2017/10
3. ◎Kazuhiro Shimizu, Akihiro Ogawa, Kohji Shirai: The Meaning of Acute Changes of CAVI.  The Internatinoal Meeting Non-invasive Methods in cardioology,  Brno、チェコ共和国,  2017/10
4. ◎Takahashi M, Iizuka T, Shiba T, Shimizu K, Shirai K, Noro M.: Systemic vascular resistance of vasospastic angina is higher compared with microvascular angina after sheath insertion.  13th Asian-Pacific Congress of Hypertension.,  Singapore.,  2017/10
5. ◎Takahashi M, Shiba T, Suusuke K, Shimizu K, Iizuka T, Shirai K, Noro M:: Increased epicardial adipose tissue and arterial stiffness, using cardio-ankle vascular index in sleep apnea.  13th Asian-Pacific Congress of Hypertension.,  Singapore,  2017/10
6. ◎清水一寛, 白井厚治: The Clinical Utility of Cardio-Ankle Vascular Index part2.  第14回 中国国際血管医学大会,  北京、中国,  2017/07
7. ◎白井厚治, 清水一寛: The Clinical Utility of Cardio-Ankle Vascular Index part1.  第14回 中国国際血管医学大会,  北京、中国,  2017/07
8. Kazuhiro Shimizu, Tomoyuki Yamamoto, Masahiro Iwakawa and Kohji Shirai: The relationship between sleep apnea syndrome and cardiovascular function in hemodialysispatients.  Euro Prevent 2017,  malaga, spain,  2017/04
9. Tomoyuki Yamamoto, Kazuhiro Shimizu, Kohji Shirai: CAVI relates to left ventricular diastolic dysfunction in sleep apnea syndrome patient.  Euro Prevent 2017,  malaga, spain,  2017/04
その他
1. ◎美甘 周史, 戸谷 俊介, 伊藤 拓朗, 相川 博音, 佐藤 修司, 川添 理代, 飯塚 卓夫: 多枝病変を伴った急性冠症候群の一例.  Optimal PCI & Medical Treatment Conference,  東京,  2018/03
2. ◎井山健二, 吉田友英, 清水一寛, 高田伸夫: 重心動揺検査姿勢の足位と腕位置の違いについて.  第19回東邦大学臨床生理機能検査部3病院合同研究会,  東京、日本,  2018/03
3. ◎高橋修, 榊原隆次, 清水一寛, 高田伸夫: 糖尿病の神経伝導速度と動脈硬化.  第19回東邦大学臨床生理機能検査部3病院合同研究会,  東京、日本,  2018/03
4. ◎高橋真生: 異型狭心症.  四街道市循環器カンファレンス地域連携の会.,  千葉,  2017/12
5. ◎美甘 周史、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、相川 博音、佐藤 修司、川添 理代、飯塚 卓夫: 忘れてはならない合併症.  第三回 Chiba Complex PCI Conference,  千葉,  2017/11
6. ◎高橋真生: 日常生活の中で最も多く発症する循環器疾患「心不全」.  東邦大学医療センター佐倉病院公開講座.,  佐倉,  2017/10
7. ◎岩川幹弘, 清水一寛, 岡崇, 池田長生, 山口貴宣, 戸谷俊介, 相川博音, 伊藤拓郎, 杉崎雄太, 佐藤修司, 清川甫, 美甘周史, 中神隆洋, 川添理代, 飯塚卓夫, 高橋真生, 野呂眞人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧に対し、経皮的肺動脈バルーン拡張術を施行した1例.  第49回循環器合同カンファレンス,  印西市、 日本,  2017/07
8. ◎美甘 周史、佐藤 修司、川添 理代、飯塚 卓夫: 当院におけるJailed balloon kissing inflationの使用経験.  分岐部病変を考える,  東京,  2017/04
9. ◎HIROSHI MIKAMO, MEIZI JIANG, MAHITO NORO, YASUO SUZUKI, NOBUYUKI HIRUTA, HIROYUKI UNOKI-KUBOTA, WOLFGANG J. SCHNEIDER and HIDEAKI BUJO: A new possibility of epicardial adipose tissue. fundamental and clinical study.  東邦大学創立60周年記念学術振興奨励金外国研究者招聘セミナー,  千葉,  2018/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者